FC2ブログ

改憲、参院発議ムリ

やれやれ。まあ、まあ、よかったか。

参院選の結果のことです。自公維の改憲派は、改憲可決の必要な3分の2(164議席)(*1)に届かなかった。自民が10議席も減らしたのが響いた。ご同慶の至りです。単純に数さえ見れば、これで向こう3年間は、アベが望む改憲はできなくなった。

3分の2という数字は両院の総議員数に対するものではなく、衆院と参院いずれもクリアしなければならない議員数。改憲論議は衆参対等だからです。

というわけで、余生短いのに、これ以上、不愉快で、取り返しのつかない政治的失態を見る機会が遠のいたのは、ありがたい。とはいえ、自公維は合計157議席を確保したので、あと足りないのは、わずか7議席に過ぎないな。

開票日の当夜、アベは早くも国民民主党の名をあげて、秋波を送っていた。「国民」のなかには、なぜ自民に入らないのかと不思議がられる右派が少なくない。アベ政権は、まず彼らの切り崩しにかかるだろう。「NHKをぶっ壊す」と威勢のいいスローガンで当選した「N国」代表はすでに「アベ支持」を表明しています。

「あと6」、「あと5}といったふうにアベ政権はあらゆる手を使い、ときには巨額のカネで釣り上げることも画策すると思われます。アタマ一つに1億円で懐柔しても、宿願の達成を考えれば安いものです。この程度のカネが動くのは自民党内で派閥政治が行われいた頃の首班争いでは、ぜんぜん珍しくなかった。

アベは、「任期中に改憲を果たす」と公言しています。アベの改憲論議のポイントは憲法9条を現行のまま「自衛隊の存在を明記する」というものですが、法律の世界では「後法が前法の優先する」のが原則ですから、前項の交戦権の否定、それに陸海空三軍の不保持なんか吹っ飛んでしまいます。

いまアメリカ提案のホルムズ海峡防衛のための「有志連合」と言う名の軍隊派遣要請も、おそらくアベはトランプの顔を立てて自衛隊を派遣するにちがいありません。集団的自衛権の行使容認という閣議決定、安保法制などは、こうした事態に米軍の一員になるためでしたから。アベは火の手が舞い上がるのを待っています。

さらにアベが隠している改憲の真の狙いは、「緊急非常事態宣言」です。折あらば立法、司法機能をストップし、総理大臣が国政の全権を掌握し、独裁政治のもと、戦前のような天皇中心による軍事全体国家をめざす目論見です。荒唐無稽のような話ですが、アベがべったりのコアな支持基盤、日本会議の主張が、これです。

アベは、首相として改憲を初めて達成したというレジェンドを残したい。そのため3分の2確保への暗躍する一方、一見してハードルの低い改憲案をひねりだす可能性のあります。

歴史に名を残すためなら、内実を問わないという手もあるわけで、そうした場合、環境とか教育とか司法制度とか、手のつけやすい分野を抱き合わせてくるかもしれません。

11月になると、アべは憲政史上最長任期の首相になるそうだ。戦後ニッポンを代表する奇妙奇天烈、奇怪なメルクマールだな。
なんで、こんな軽くてパーな人物が、そんなことになったか。後世の歴史家が、首をかしげるに違いない。

ほんと、ヤナな時代だなあ。



*1 日本国憲法 第96条 第9章にある唯一の条文で、日本国における憲法の改正手続について規定。改憲とは法の条文を修正、追加または削除に関わること。国会議員(衆議院100人以上、参議院50人以上)の賛成により憲法改正案の原案が発議され、衆参各議院においてそれぞれ憲法審査会で審査されたのちに、本会議に付されます。

  両院それぞれの本会議にて 3分の2以上の賛成で可決した場合、国会が憲法改正の発議を行い、国民に提案したものとされます。なお、憲法の改正箇所が複数ある場合は、内容において関連する事項ごとに区分して発議されます。(Wikipedia参照)


一石を投じよう

期日前投票に行ってきました。たくさんの人でした。
毎回の選挙に行きますが、そのつど増えているようです。組織的に奨励されているグループもあるようなので、投票意識の向上とは、いちがいにいえない感じですが。

参院選は終盤にかかってきました。昨日の毎日と日経の世論調査では、改憲勢確保に「厳しい」と毎日が伝える一方、日経は「迫る」とありました。序盤の報道では、毎日も「迫る」でしたから、多少、動向に変化があるようです。もっともっと大きなうねりを期待したいです。

さて、ネット上の落書拾いの紹介は、今回で止めますが、投票日も近いことですから、ぜひとも、こうしたまっとうな事実を伝える”落穂”が散見されることを参考にしていただければと思います。

67315675_2366427793415020_4263595540610023424_n.jpg

アベの日常感覚は、まったく社会常識から大きく離れ、ピンボケしていることが、よくわかります。役人が原稿を用意していないと、これがアベのアタマの正体です。どこに月収25万円のパートがあるんや!?(*1)

アソウは、年2000万円を飲み食いに使っていることが政治活動資金報告で知られていますが、かつては、「カップラーメンいくらか知っていますか」と問われ「さあ、400円くらいか」と答えたものです。(*2) 庶民感覚ゼロ。いったい、どこの国の総理、副総裁やねん。

66482421_689191328186724_659168392061648896_n.jpg

国会論戦で野党が政権与党の大企業優遇、富裕層と貧困層の格差を追及しますが、上下の表なデータを持って、なぜ追及しないのか、いつも疑念を感じています。

この国の製造業や金融機関はほんと信じられないくらい少ない税金しか払っていないのです。頭から引かれるサラリーマンにとって切歯扼腕の悔しさです。

トヨタのような、この国を代表する自動車メーカーが2013年までの5年間、壱円も法人税を払っていなかったことは耳新しいが、いまも消費税は事実上、壱円も払っていないのです。輸出車から消費税をとれないとして、還付しているからです。(*3)

国際競争力に負けるからと言うのが優遇理由ですが、国際競争力に負けない人材を生み出す政策こそ望まれています。

181105.gif

取り立てるべきところから取らず、容易に抵抗なく取れるところからということで、サラリ―マンから取り立て、健康で文化的な生活を保障しない政策で生み出した金の使途が、このありさまです。

専守防衛。攻撃型の装備は持たない原則はとうに無視され、今や世界第四位の軍事大国です。トランプとアベは、この軍事力発動の機を虎視眈々と狙っています。

66647796_1218047371703294_8213556991419744256_n.jpg

益川さんの指摘、小百合さんの決意を噛みしめて、ぜひとも有権者は、パーの為政者たちに、見くびるな、騙されないぞ、と一票の重みを存分に発揮してほしいものです。

66637403_2467030640027027_6963910585629016064_n.jpg

19429784_1519872294754138_5902741146325053167_n.jpg

(写真とイラストはGOOGLE画像検索と Facebookから引用しました)


*1 安倍首相、妻がパートで働き始めたら「月収25万円」 例え話が波紋
    https://www.huffingtonpost.jp/2016/01/08/abe-part_n_8942104.html

*2 「カップめんは1個400円くらい?」、麻生首相が答弁
    https://www.afpbb.com/articles/-/2533352


*3 純益2兆円なのに。トヨタが5年も法人税を免れた税法のカラクリ
    https://www.mag2.com/p/news/21051

    トヨタなど輸出13社に消費税1兆円を還付
   https://www.zenshoren.or.jp/zeikin/shouhi/181105-02/181105.html

パーたちの夏に冷や水を

参院選のさなか、インターネット上には、政党、候補者などに毀誉褒貶、中傷讒謗、罵詈雑言、賛否両論があふれかえっています。現代の”落書”です。

出来のいい落とし文を拾って歩き、ご紹介しましょう。ネット上でのアップですから、まあ、作り手は拡散を希望していると信じて、勝手に引用させてもらいました。多謝。

65779042_2455131051376670_2291128386833088512_n.jpg

ナガサキでかつて、「あなたは、どこの総理ですか」と被爆団体関係者に面詰されたことがありましたが、アベはアメリカの忠犬と見るのが、常識になっていますが、ご当人にそれをまともに気づかせる、いいパンチでした。(*1)

66710477_720681395035026_306910095160115200_n.jpg

アベの野望は、歴史に残る改憲を果たしたい、いずれ国連事務総長になりたい。出所不明ですが、官邸の雑犬が洩らしたという説もあります。アベが大嫌いな韓国のパン・ギムンさんに先に越されたのが悔しいらしい。

であるからこそ、外遊のたびに国富を世界に気前よくばらまいているんだろうという、トンデモ情報があるらしい。国民の豊かさ、幸せなんかより、”買収運動”に血税が使われているということになるか。

36846129_1872982626081833_8427473897795878912_n.jpg

アベは軍事力と大企業と富裕層さえあれば、この国は安泰と考えているらしく、そのためいちばん注力しているのは、ゴルフと宴会。あとは、役人たちが作文してくれるのを読むだけ。ギゾウ、ネツゾウ、アベシンゾウ。3匹のゾウ。なぜか語呂があっています。大学入試に出題されるかもしれない。

66438990_719853231784509_5081715221983133696_n.jpg

前回、消費税8%にする際、アベは増収分はすべて社会保障へ回すと約束しましたが、大企業の法人税引き下げ分に補填されて、社会保障に回ってきたは、スズメの涙。(*2)。10%のこんどはローン払いしてまで購入するアメリカ製の高額武器費に充てられてオシマイだろう。

66237757_915081595510105_7400755441631756288_n.jpg

真夏の怪談に登場しても、おかしくない、三猿。そのうち日本会議によって国内の神社仏閣に扁額されるかもしれない。誰がお参りに行くのかしらん。

66452584_721255711644261_2792051165594910720_n.jpg



(すべての写真、イラストは、GOOGLE画像画像とFacebookから引用しました)

*1 https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/040/142000c
   長崎原爆の日
   「あなたはどこの国の総理ですか」

*2 https://www.sankei.com/economy/news/140401/ecn1404010068-n1.html
   【消費税8%】
   社会保障充実は1割のみ

   https://globe.asahi.com/article/11641134
   米国から高額兵器を買いまくることを同盟強化と勘違いする愚


軽くてパーでいいか。

今回は絵解きです。



safe_image_20190701120719b0b.jpg




G20で,そろっての記念撮影。議長国のアベに近寄る首脳なし。「世界のアベ」「外交のアベ」を自負し、就任6年半で57回外遊、150地域・国を訪ね、合計60兆円ものカネをばらまいてきたはずが、まったく効き目なし。赤っ恥の図でした。




5d1853d32400005117934238.jpg




トランプの保護主義にはいっさい触れない共同宣言を発して、各国首脳陣の『ホリデイ・イン・大阪」は終わり。なんせ芸者遊びが体験できる部屋までセットして、おもてなしに熱中して、このG20の総費用335億円を超す巨額だそうだ。事務方が根回して,顔あわせるだけの大型国際会議は見直ししなきゃ。




アベが唯一注目されたのは、晩餐会で復元された大阪城について「大きなミスを犯しました」「エレベーターまでつけてしまったのです」とユーモアのつもりでしゃべってこと。アベは全国の障碍者たちから「バリアフリー」について、なんの知見も持たない時代錯誤の首相だと糾弾される羽目になりました。ほんと「パー」丸出し。




trump-kju-at-dmz.jpg

.

北強硬路線をトランプ攻勢の真似っ子で「今度は私は直接、キム委員長と話し合いたい」などと豹変したアベに対して、北は「図々しい」と一蹴、相手にされないというのに、トランプはスマホで板門店会談を呼びかけ、アッというまに実現させた。双方のパフォ-マンスとはいえ、鮮やかなもの。パー同士とはいえ、パーにも器の違いがあるということ。




65472408_2328984573983218_6230384644542431232_n.jpg




かつてナカソネ政権の官房長官を永くつとめ、本物の保守本流の人物と今でも評価が高い、後藤田正晴さんのアベ・パー寸評。





65527295_716102755492890_1954751968459096064_n.jpg





元文科省事務次官、前川喜平さんは、官僚には珍しい反骨の人、リベラルな人。著書「面従腹背」を読むと、この人は自民政権の反動教育施策に文科官僚としてずいぶん抵抗しています。昨今ではハラを決めてアベ政権批判を繰り返しています。その前川さんが、参院選後のアベ政権の出方を警戒しています。




隠そうが、ないことにしようが、口裏あわせてウソつこうが、なにをやっても、すぐに国民は忘れるからとタカをくくって、やりたい放題の自公にストップかけるときです。アベ政権は自らの「軽くてパー」体質を棚に上げて、あろうことか、有権者というのは「軽くてパー」だとなめ切っているのですから、一矢も二矢も報いましょう。





(写真、イラストはGOOGLE画像検索およびFacebookから引用)


軽くてパーがいい

国会終盤は、問責決議案とか、不信任案提出とか。
マスコミは、与野党の終盤の攻防とはやしますが、はじめから「数」が決まっているから波風は立たない。

参院選しだいだが、アベとかアソウとか、中学生レベル以下の学力コンビが、これからも長期政権を続けるのか。

かつて自民党の小沢一郎が権勢を誇っていたころ、「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」と、”名言”を言い放ったことがありました。小沢が若くして党幹事長を降りたあと、最大派閥の実力者であったころのことです。

次の総裁候補3人を自分の事務所に呼びつけて”面接”したもので、その傲慢、剛腕は大きな話題になりました。派閥政治のころは、良くも悪くも、党内での駆け引きが活発な合従連衡で、熱気がありました。

あのとき、小沢の頭にあった「パー」は、カイフ・トシキか、ナカソネ.・ヤスヒロか、どちらかのことらしい。当時の派閥勢力からいえば、二人とも主流を外れた脆弱グル―プのメンバーでした。小沢にとっては、御しやすい総理総裁が都合がよかった。

当時、派閥領袖は、いわゆる「三角大福中」。結局、連中は派閥たらい回しで、みんな総理総裁になったが、この時代までは、まだ表向きは切磋琢磨、総裁選前には裏金が跋扈するなど、ある意味、精気がありました。

おかしくなったのは、そのあと「安竹宮」の時代。ここで出てくる「安」は岸信介の娘婿、いまのアベポンの父親、アベ・シンタロウ。総裁目前にがんで早逝した。

ここらあたりから、戦後の有力政治家の息子や娘らが一人前?になり、世襲が顕著に現われるようになりました。地盤、看板と金を引き継ぎ、なんの苦労もなく当選を重ねた輩たちです。露骨な閨閥政治が常態化しました。

小沢が言った「パーがいい」のが、違ったかたちで現れました。総理総裁は、「媚米従属」を深化さえすればすれば、「パー」で務まることが明らかになりました。つまり、アメリカからみて、「パー」でよくなったのです。

外交も内政の主要施策も、みんなアメリカの要請にこたえておれば、安泰というわけ。岸信介が戦犯釈放の代わりにCIAの在日エージェントとなり、資金提供を受けた発足した結党精神が、より深化してきたわけです。

コイズミ・ジュンイチロウ、アソウ・タロウ、フクダ・ヤスオ、アベ・シンゾウ。(ジュンイチロウの父は総理総裁ではないが)、こうした連中が、自民政権のリーダーたちです。小選挙区制のうえ、閨閥世襲は江戸時代の藩主みたいなもので、あんぽんたんでも世継ぎになれます。

ゴルフ、大相撲、炉端焼き。加えて1兆円を超す武器購入、空母加賀のお披露目で軍事同盟誇示、選挙後には農業関税とっぱらいの密約、イランへの不毛のパシリ(走り使い)、トランプに媚まくるアベに大方の有権者は、ウンザリしています。

こんなジョークがネットにありました。
「総理大臣求む、仕事は役人の原稿読み。高給」
「総理総裁はサルの方がいい。サルなら、壊れた戦闘機を100機も買わない」

フリガナ付の原稿を読めるサルが、総理総裁にとって代わる日が来るかもしれないが、その前にもう一度、政権交代が可能な政界になるには、どうしたらよいか。アリの一穴を何とか、参院選で開けたいものです。

追悼 おせいさん

oseisan.png


おせいさんこと、田辺聖子さんが亡くなられた。91才でした。

最近、天寿を全うして亡くなられる著名な方たちは、想えば、閑人の若いころ、青春時代といってもいい時分の前後から活躍され、耳目を集めた人たちが多い。京マチ子、杉葉子、兼高かおる、梅原猛、堺屋太一、小池一夫、ドナルド・キーン、、ああ、ドリス・デイもなつかしい。

とりわけ田辺聖子さんの死には深い感慨をおぼえます。閑人が社会人になり立てのころ、大阪から若い女性が芥川賞を取ってデビューしたのには驚いたものです。それが田辺聖子さんでした。さっそく受賞作の『感傷旅行 センチメンタル・ジャーニィ―』を読み、その経歴を知って、いっそう驚きました。

田辺聖子さんの生家は、閑人が通った小学校のすぐ近くで、中学校への通学路になると、毎日その前を通っていたからです。福島西通りを起点に港の方へ行く市電が走るあたりは、空襲を受けたところと、そうでないところは混在していました。あのころでも中学校の教室の壁は焼夷弾が貫通して大きな穴が開いたまま、隣の教室とツーカーだった。

その田辺聖子さんが生活のため事務員として働いていた金物問屋のあるところも、だいたい見当がつくあたりでした。いまなら御堂筋の梅田新道交差点そばの駅前第三ビルが建っているあたりです。当時は、まだ闇市の跡が再開発されていなかった。

閑人の当時の気持ちを思い起こせば、売れっ子の石原慎太郎、大江健三郎らとは全然ちがって、田辺聖子さんを地元が生んだヒロインみたいなに憧れたものです。

後年、社会部時代に何かの社会問題だったか、中身を忘れてしまったが、その問題の記事につけるコメントを求めて、自宅に電話したら、女性の秘書が出て、「時事問題なんかのコメントはお断りしているんですよ」をかわされた。そういえば、新聞紙上のコメントにいちいち付き合っていたら、仕事にならなかっただろう。

おせいさんの軽妙洒脱、人情の機微、男女についての達観など、大阪弁独特の語り口を生かした作品をよくよみましたが、なかでも週刊文春に十数年にわたって連載した「女の長風呂」シリーズは、おもしろかった。

おせいさんは、スヌーピーのぬいぐるみが好きで、宝塚の熱心なフアン。ご自身もヒラヒラががたくさんついた乙女チックなドレスを好んで着ていました。そういう興味深い愉快な個性となんでこんな世情のワケ知り、人間観察がすばらしいのと結びつくのか、いつも感嘆しながら愛読したものです。

いまごろ、”カモカのおっちゃん”と一杯やっていることでしょう。


(写真はGoogle画像検索から引用しました)

動物園で想う

久しぶりに動物園に行きました。

その昔の万博のころ、サツ回りのかたわら半年間、動物園を守備範囲に担当しました。たいがい夕刊の締め切り後くらいに園内をぶらぶら散策して、動物たちの様子を観察し、見物人たち、飼育員たちの話を聞いたものです。いろんな守備範囲を持ちましたが、息抜きができる、楽しい場所でした。

動物にまつわる記事は、殺伐な社会面にホッとするような話題を提供しますので、けっこう読まれます。それなりに、いい話題を拾って書いたものですが、それはさておき、今の動物園は園域が広く、緑が豊かになり 、多くの展示にも一工夫がみられました。

鳥好きの閑人には鳥が自由に飛び交う大きなゲージが気に入りましたが、子どもたちの目線に立つと、肝心の目玉がいません。パンダもゾウもいないのです。これでは大阪の子どもたちは寂しいね、可哀そうだね、少しばかり同情しました。

それで想い出したのは、あの維新の創業者、ハシモトが2008年、知事選に初当選したときの公約が、「子供が笑う大阪」づくりだったことです。

あれから十余年、府、市ともに首長は維新系ですが、「子供が笑う大阪」どころか、國際児童図書館を閉鎖したり、つまらぬ教育改革を重ねて、学力テストの結果向上に向けて子どもと教職員をいじめぬいています。

市長在任中のハシモトが動物園に関わった発言では、「市外の子どもの面倒までタダで見れぬ」と市外の小学生の入園料の徴収を求める姑息なものがありました。公立の動物園は、社会教育施設なので、本来は無料が原則であることさえ無視したバカ発言でした。

維新は、創業者の大言壮語を慕う、口先だけの大道芸人とか、山師のような人物たちの受け皿政党になり果てていて、子どもが笑顔をみせるパンダやゾウの導入などは念頭にはないのでしょう。

ただ、見方を変えれば、維新による子どもの環境向上についての「有言不実行」が、結果として野生動物の保護に寄与したかもしれません。

なぜなら、パンダやゾウなどの希少動物はワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約)の運用が厳しく、国際取引がむずかしいので、新たな誘致が困難な状況にあるからです。

なにより動物園の使命として種の保存(繁殖)を支えることが大切になってきましたので、その備えがない大阪はノーチャンス。生きたパンダを見る機会は白浜や上野にまかせ、また生きたゾウを見るには、この二つの施設のほか、京都や神戸王子などに出かけて見ることです。

都市間の豊かさの格差というのは、こういうところにもにじみでるもので、行政制度を変えたところで、心がこもった長期的な視野を欠くと意味はないのです。

「ーーー願っていません」

「背後」を「せご」、「云々」を「でんでん」と読むアベの国語力は「中学生以下」とみるブログがネット上で散見されますが、これでは中学生がかわいそう。いまどきの中学生はもっと読解力があります。

1-5.jpg


大手のマスコミは、あえて知らんぷりをしてますが、先月末の「退位礼正殿の儀」でアベは国民を代表して、常識のなさをまたまた暴露していました。(*0)

本来なら、「天皇皇后両陛下には末永くお健やかであらせられます事を願って已みません」と読み上げるあいさつを「あらせられます事を願って(已)いません」と読んでしまった。

畏れ多くも(!)、やんごとない人の面前で、まったく意味反対の誤読をしたわけ。おそらく、アベは「己」には「終わる」という意味があり、文脈からいって、「願ってやみません」と読むのが、ニッポンの常識だと言うことを知らなかったらしい。

だいたい、「願っていません」というような文言が、こういうあいさつで、出てくるわけがありません。読めなくとも、とっさに流れに沿う知恵がありません。また、こういう大事な場面で読む文面について、事前に目を通していなかったことを露見しています。アベはいかんなくニッポンの非常識を代表しています。

しかも、アベあいさつを動画でアップする首相官邸のホームページでは、このくだりが削除され、またあいさつ全文の文章も「やみません」と平仮名表示して、アベの失態をカバーしています。これは、公文書の隠蔽、改竄を平気で行うアベ政権の腐敗に通じる作為です。

アベは、己や巳という紛らわしい漢字の読み方について中学生以下の教養しかないようです。

【已】はイ。          ①すでに②やむ(おわる)③のみ(だけ)
【己】はコ、キ。       ①おのれ②つちのと。
【巳】はシ。          み(へび)

子どものころに、こんな覚え方をしたことがないのだろうか。 ないのだろうな。

み(巳)は、うえに、おのれ(己)つちのと(己)したにつき、
すでに(已)やむ(已)のみ(已)、半(なか)ばなりけり。

今回のアベの失態には、日本の代表的な民族主義的団体、「一水会」が「官邸HPから映像削除したこと。潔く字を間違えたこと認め不見識を謝罪せよ」というようなコメントを発表、安倍首相に謝罪をするように求めています。(*1)

アベや日本会議が目指す戦前の皇国史観による国家主義の時代であれば、今回のアベの誤読は、不敬罪を問われるし、政治的失脚につながってもおかしくない失態といえましょう。戦後、民主主義のおかげで助かった皮肉をアベはわかっているのかな。

一人前の社会人としても資質を疑われるようなアベを支える「日本会議」の連中は、こんなアベに愛想づかししないのが、不思議でならない。世論調査でいまもなお、3、40%の内閣支持率があるのが、不思議でならない。バカを選ぶのは、有権者自身のバカさ加減を問われていることに気づいてほしいものです。

アベの出た成蹊大学の名誉教授、法学者の加藤節さんは必修科目に一度も出席しないのに卒業した、アベのことを、「裏口入学という言葉は知っていたが、裏口卒業と言うのは知らなかった」と述懐しています。(*2)

マスコミは、アベはいつでも、どこでも役人の原稿を読むのに、フリガナをつけてもらっているという裏の顔を伝える努力をまったくおろそかにしているから、こんなアベの長期政権がのさばっているのです。



(写真はGOOGLE画像画像検索から引用)

*0 https://www.youtube.com/watch?v=Ck4DDSNo5FI
    7分すぎに録画あり

*1 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-267721/
  「退位礼正殿の儀」での安倍首相発言に右翼団体・一水会が激怒


*2 http://endress.hatenablog.com/entry/2018/10/19/054847
    人生 喜怒哀楽
    悲喜交々 伝えよう すべてを

三度目の腸閉塞

永らくの休載、失礼しました。お休みをしていた事情は、以下の通りでございます。


サクラの季節を丸々、入院暮らしをしました。
七十代後半から、ほぼ二年おきに三度目の腸閉塞(*1)が起きて、激痛に泣かされました。

content_8ce52c11-62f8-486d-a2f7-a7cad026be5e.jpg


これまで二度は、内科的処置と経鼻からのイレウス菅(腸閉塞菅)を小腸に留置し、詰まった不消化物などを吸引するかたわら、点滴で栄養補給を行い、約10日間で完治していました。

今回は、イレウス菅の挿入後に、再発リスクを防ぐために手術をしてみるという外科医師の説明にほだされまして、まずは全身麻酔のうえ腹腔鏡下でテレビカメラを見ながらの手術、場合によっては、開腹手術という二段構えでやることになりました。

はじめの説明では、患者の負担が少なくて済む腹腔鏡下でやれそうな話でしたが、実際には腹部の二か所に小さな穴をあけた跡が残りましたが、すぐに開腹手術に切り替えたらしく、ヘソから真下10センチほどに手術痕が残りました。

腸閉塞になぜなるか。諸説ありますが、有力なのは、過去に開腹手術をしたときに、腸内に癒着やねじれを残したのではないか、というものです。データでは5割ー8割方がそうであるらしい。

そこで閑人の経験ですが、約40年まえ、盲腸炎を起こしたが勤務中だったので、相当我慢したあげく、緊急入院したことがあります。我慢しすぎて腹膜炎を併発するところでした。あれから、ウン十年もたってからの、ここ数年になって、そんなときの後遺症的な腸閉塞につながるものかどうか。なんとも不思議な話です。

で、開腹手術の結果、若干の癒着が小腸にあり、その部分をはがしたとのことでしたが、その癒着とかつての盲腸炎手術との関連性については、わからなかったと医師はいいます。つまり、結果的には、今後の再発リスクをゼロにする治療には至らなかったというわけ、、、なんだかなあ、、、。

術後、雑菌が入ったらしく、40度近い高熱が出るわ、お腹の膨満感は縮小しないわ、どこかで炎症をおこしているわ、血圧が最高205まで跳ね上がったり、最高77まで急降下したり、痛み止めや抗生剤の点滴も動員するなど、エライ目に遭いました。過去二度の入院約10日間をとっくに過ぎても、体調は治まらず、ずっとビタミンやブドウ糖が詰まったビーフリードの栄養点滴のお世話になりっぱなし。

お腹の痛みや張りが続き、なかなか、三分粥、五分粥、全粥と続く回復コースにのれず、結局、25日間もの入院暮らし。余生、幾ばくもないのに、如月の春を幽閉生活。つくづく、心身参りました。体重でいえば、4キロもやせました。トイレ通いのほかは、歩く機会もないので、山で鍛えた足の筋肉はすっかり衰えてしまいました。まさかのよちよち歩きです。寝たきりは、ほんと怖いですネー。

まあ、「説明と同意」にサインしていますので、医師を恨むつもりはありませんが、こんなことなら開腹手術なんかやるんじゃあ―なかったな、と言う顛末でした。もうこりごり、というのが正直な気持ちですが、もういっぺん、大阪市を廃止する構想の住民投票をやりたいなどとわめく維新の連中らとは、この点でも、体質が違うみたいやなあ。


(イラストはGOOGLE画像検索から引用)

*1、腸閉塞とは
   https://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/digestive-organs/digestive-organs_03.html

サヨナラ維新コンビ

大阪市長選挙も始まりました。大阪維新のコンビが「壊れた中古品交換選挙」とされる知事選と市長選に出馬して、ウソばっかり言っています。

マツイは知事・市長候補者討論会で「(都構想が実現しても)大阪市はなくならない。この町並みや土地がなくなるわけがない」と話して、元部下だった元副知事のコニシから「詭弁だ、地方公共団体としての大阪市が無くなるのだ」と、一蹴されています。知性の差がくっきり。

同じようにヨシムラもナンバ駅前の演説会で、「このナンバ駅前がなくなるわけがない」と強調しています。これもまた、虚言です。

「大阪市廃止」というのは、有権者にショックが大きいので、はぐらかしているとすれば、悪辣です。あるいは、こういえば、有権者にはわからないだろうとバカ扱いしているのなら、なお一層を汚いやり口です。

維新の連中は、かつて演技性人格障害(*0)と医師から認定されたことがあるハシモトの無責任な目立ちたがり、虚言癖の影響をうけているせいか、平気で公衆の面前でウソをつきます。まあ。アベ、トランプも顔を赤らめるでしょう。

D2RHyUkVYAAW2dE.jpg(*1)

DZn76dfV4AQfgZg.jpg(*1)

維新のスローガンは「身を切る改革」。しかし、身を切られているのは、おもに公務員、教員です。これら税金扶持の人々を不当にやっつけることで、閉塞感のある一般人の歓心を買う手口。とはいえ、自らの身を切る例はない。マツイが知事時代、退職金を返上すると大見得をきりましたが、実際はこうです。

                                               平成27 年9 月1 日
 大阪府知事松井 一郎 様
                                           大阪府特別職報酬等審議会会長 池田 辰夫
             特別職の報酬及び給料の額等について(答申及び意見具申)
(引用者・前略)
知事の給料の額については、上記の考え方に加え、後述のとおり、退職手当を廃止することに伴い、現行の退職手当の一任期(4年)分の額(12,576,000 円)を1ヵ月相当に割戻し、給料の額に復元することとする。
(引用者・後略)

(*2)

どうですか。退職金の名目だけ外し、毎月の給与に積み増ししています。ですから、盆暮れのボナース額は増えて、総額では退職金を上回る勘定です。なにが身を切る改革ですか。

かつて、無能なノックやキヨシを当選させた”懐が深い”大阪の有権者ですが、今回は笑ってないで、本気でこの二人を落として、本来の大阪の姿を取り戻しましょう。

対抗馬のコニシとヤナギモトには、自公のほか国民が推薦し、立憲や共産が自主支援する構図が生まれています。

閑人は国政与党としての自公をぜんぜん評価しませんが、今回の大阪ダブル選挙においては、「反維新」としては、やむをえず支持します。まずは維新勢力を一掃したあとで、この反維新結集グループの総括をすればよいでしょう。

なんといっても、大阪市内で育ち、大阪市内の文化と歴史とともに成長し、職を得た身ですから、どこよりも愛着があります。

その「大阪市」が地図上からも消滅し、財政能力がなくなった、わけのわからん特別区に分割されるのは、我慢がならない構想です。カジノや万博のようなハコものイヴェントではなく、まっとうな街づくりを一歩一歩築ずいてゆく好機です。みんなでコニシ、ヤナギモトを応援しましょう。



*0 最高裁もみとめていますが、以下でも概要がわかります。
   http://hiroponkun.hatenablog.com/entry/2016/06/14/221111
  橋下徹が「演技性人格障害」と指摘した記事に公共性ありとの判決

  https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/71f4f5417a17b150adf0ed036df14da8
  橋下徹前大阪市長が新潮に最高裁でまた敗訴、確定。「自己顕示欲型精神病質者」 「演技性人格障害」記事をめぐって。


  *1 https://twitter.com/ourosaka
   {都構想うんざり}から引用

  *2 http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4840/00190309/62-toushinnoyobiikengushin.pdf
特別職の報酬及び給与の額等について
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる