米大統領選の憂鬱

トシを取ると、取り越し苦労が募る。あれやこれや、ほんとうにうまく行くのかな。そんな杞憂が多くなる。どうでもよいこと、遠く離れた対岸の火事だから、高みの見物という気分もないでいでなないが、気になることがなくはない。

そんな一つがアメリカ大統領予備選の民主党の候補選びの白熱ぶり。候補を一本に絞ることだけで、これほど東奔西走に精力的な活動を繰り広げ、かつ相手候補に中傷罵倒合戦もやっている。おそらくオバマでもクリントンでも、共和党のお年寄りに勝ち、民主党政権を奪還するにちがいないだろうが、心配なのは、その大統領の安否。

オバマであれば、史上初の黒人、クリントンであれば史上初の女性という栄養が花を添えるが、自由な国アメリカの闇には、きわめて原理主義的な排外論者が多くうずくまっている。白人至上主義や男性優位論者たちだ。彼らは人種、性別、出身階層などに偏執な思い込みを持っているので、「黒人大統領」とか「女性大統領」が登場すれば、隠していた牙をむくかもしれない。

湾岸戦争のアメリカの英雄、黒人のコリン・パウエル統合参謀本部長はその後、ブッシュ政権の国務長官に就任、一時は共和党から大統領候補に目されたが、夫人の大反対で話が立ち消えになったとされるエピソードが有名である。夫人は「黒人が大統領になれば、暗殺に危機にさらされる」と言ったそうだ。

この有名な話から十数年、アメリカが大統領暗殺の危険性を完全に排除したとは想われない。ケネディやレーガン(未遂)を持ち出すまでもなく、銃社会アメリカは時に問答無用の暴挙に走る。こんな物騒な社会で公衆の面前の出ることが当然になっていて、オバマやクリントンは、ほんと大丈夫なのかな。ひそかに取り越し苦労をしていたら、お先にこの危惧を公言した女性がいたのを最近知った。

昨年のノーベル賞文学賞受賞したイギリス人女性作家、ドリス・レッシングさんで、スエーデンの新聞のインタビユーに応えて「オバマ氏が大統領になると、人種問題が原因で殺されてしまう可能性がある」と言っている。(2月10日、読売)。史上最高齢、88才で受賞した人の言である。

えらい人が予見していたのだ。こうなると当方の取り越し苦労なんぞは
二番煎じもいいとこで、まさに取り越し苦労であるが、それで終わってくれれば、杞憂というもんだ。

ひげ

ロス疑惑の主人公、三浦某さんが突然、サイパンで逮捕された。妻殺人容疑事件は最高裁で無罪を勝ち取っており、彼は青天白日の身だから驚いただろう。日本は日本、アメリカはアメリカ。法律制度や犯罪捜査のやり方が違うといわれても、釈然としない展開になっている。

釈然とするのは、逮捕の翌日のTV映像で彼はヒゲを剃っていたことだ。素面である。さきごろ大阪府知事選の出馬をした大学教授も出馬寸前にヒゲを落としている。当方もヒゲをはやしているので、この顔面に現われる具体的な変化は興味深い。推論すれば、われわれヒゲ族は、ふだんはヒゲをはやして変身しているが、なにか事に臨むと、ヒゲを邪魔扱いするということになる。なぜか?

ヒゲをはやすには、なにか御本人の美意識やもっともらしい理由があるにちがいない。なにしろ、一番目立つ顔に細工をするわけだから、目立ってしょうがない。それを承知で、それなりの時間を掛けて、ヒゲを養生し、形を整えているのである。体裁よく、清潔にとどめておくのには、けっこう手間ヒマが必要だ。

当方は唇の周囲をぐるりとヒゲで包囲して、顎下に及ぶヒゲである。もみあげから耳下を通り、下顎からもう一方のもみ上げにつないでいる人もいるし、簡単なのは鼻下だけ、というのもある。顔面、雑草に覆われたという状態のオジサンもたまにいる。

手間ヒマかけて愛着があるはずの分身をなぜ一身上の変化に及んでカットするのか。俗人が出家遁世する際は男女ともに剃髪する。関取も一市民に戻る際は、髪を切る。女性はしばしば気分転換とか、何事かの決意表明にあたり、ひそかに髪を短くしたり、スタイルを変える。

こうした現象からすると、人はひげや髪の毛に精神性を託していることが分かる。呪文や呪術というわけではないが、ひげは単なるひげでなく、髪型はたんなる髪型ではなくて、そこにメッセージ性をこめているのである。常識に対する非常識、日常にたいする非日常、建前にたいする本音、、、、いかなるメッセージかは、なかなか余人はうかがい知れないが、一身上の重大事などの事に直面すると、その重大事に対処するべく、ひげを落とすなり、髪型を変えるのである。

三浦某さんは、なぜひげを剃ったのかな。
閑人は、その三浦某さんの心象に興味があるのだが、ここまで書いてきて、もう一つ別の考えが浮かんだ。ひょっとしたら、アメリカの司法制度下では身柄拘束されると、ひげの削除を求められるのかな、本人確認のための写真撮影のために、ということだ。犯罪者が刑務所にぶち込まれるアメリカ映画を数多く見てきたが、短髪にされているが、ひげ剃りを強要されているシーンは覚えがない。しかし、ひげを剃るには、使いようによって凶器になる刃物を用いるから、やはり、剃らされるのかな。

だとすれば、三浦某さんが再びひげを伸ばすことは可能かどうか。

メディアの包囲網

何か事が起きると、その事の当事者はメディアのかっこうの餌食にされる。一見して当事者になにがしかの非が認められるときは、いっそう凄まじく食い荒らされる。こういう状態をメディア・スクラムと言っている。ヤクザの仁義なき集団になっちゃう。

この状態はラグビー選手たちがスクラムを組んで攻撃する態勢になぞらえられている。新聞、雑誌の印刷メディア、ラジオ、TVの電波メディアのほか、近年はネット配信の個人HPやブログも参入して、一斉砲火を浴びせる。徹底的に叩きのめす。有る事、無い事をカサにかかって、批判、非難、罵詈雑言の矢を放つ。集中豪雨的報道とも言われる。

矢を射られる対象には官と民がある。官は国民の税金で職務を委任されている官庁とそこで働く公務員(いまや死語になりつつある公僕である)がいる。彼らは資本主義の激しい競争社会の埒外にあって税金で生計を保証されて、国民の生命、財産、安全安心を計る崇高な任務についている(ことになっている)。彼らは、その職務を希望して宣誓して業務についている。であるから、プライバシーの保護についても制約を受ける。

官庁と公務員諸君が不正や不祥事を起こすのは、宣誓違反である。つまり、国民の負託や信頼を裏切る行為だから、彼らが起こした問題の根源まで掘り起こして、徹底的に再発を防ぐ報道するのは当然である。たとえば、イージス艦の衝突事件は、いくらでも批判し、原因追及されるべきだ。

しかし、民、つまり民間の私人はちょっと事情が異なる。プライバシーを侵害されたり、名誉毀損にさらされないようにしなければならない。
ホリエモンや姉歯元建築士でも、法的保護のもとでは、現状は推定無罪
の立場にある。

なのに言い分に耳をかたむけないまま、一方的に社会的制裁を下す。現状は起訴、量刑という法治国家の手続きを受けるまえに報道によって断罪されている。ホリエモンなんかマスコミの手のひら返す豹変に驚いているようだが、マスコミは変わり身が得意なのである。平気でチェンジング・パートナーをやる。

この国のマスコミは、体験的にも言えることだが、権力、金力、暴力に
弱い。強者に弱く、弱者を挫く。強者がほころびを見せたり、失態を見
せるとなると、食いつく。

プライバシーや少年法の一部の遵守を除けば、言論の自由は完全に保障されるべきだと思っている。言論の自由は国民が最後まで守るべき砦だが、集団威嚇のようなメデイア・スクラムは執るべきでない。言論への不信をいっそう募らせる。

自衛艦衝突

最新鋭といわれる海自のイージス艦が房総半島沖で漁船を粉砕した。父子の漁師は海中に没した。最新鋭艦の最初の「戦果」が、同胞を打ちのめすこととあっては、痛ましい。

この国は、あの敗戦いらい他国と戦火を交えたことがない。したがって一人の戦争犠牲者、つまり戦死者がいない。60年もこうした無事が続く
のは世界でも稀有な国である。そのことは声を大にして誇っていいことだ。

そのことと矛盾した見解と取られると、困るのだが、守屋防衛省事務次官の永年の不祥事が露見しなかったことや、ペルシャ湾での海上給油の実態を小手先のごまかしをしていたことや、度重なる自衛艦や戦闘機の事故を考えると、防衛省と三軍について、こういう珍奇な具体例を想像してしまう。

つまり、たとえて言えば、防衛省と三軍は開業60年、一度も営業取引きしたこがない開店休業状態の会社なのである。ところが、ちゃんと昇進昇給して、しっかり退職金もいただける。世の中にこんな会社はない。

別のものにたとえれば、野球にしろサッカーにしろ、チーム結成いらい、ただの一度も対外試合をしたことがないチームなのだ、試合経験ゼロのチームなのに、選手も監督もコーチも平気な顔をして、飾り立てたたユニフォームを着ている。

要するに、自衛隊の三軍は、実戦経験が皆無である。対外試合の実績がゼロである。なのに世界で四番目の軍事予算を計上して、日々なにをしているかと言えば、練習だけしている。明けても暮れてもーーータブチ君の元奥さんがチームの選手たちに言っていたようにーーー お稽古をしているのである。

こんな会社もスポーツ競技団体もない。士気がたるむのは当たり前である。指揮者がろくな判断ができないのは当然である。そのことに思いを致せば、この組織が異常な存在であることがよく分かる。エラクなってゆくのは、防衛大学校の年次卒業生のエリートたち、まったく机上の空論ばかりして、実戦の指揮を一度も執ったことがないエリートたち。その対極に、対外試合なんて考えもしていない22万人のベンチウォーマーの選手たち。

60年かけて三軍は、世にも稀な平和ボケになっているのであろうと推察される、と。ここまでは誤解のないように書いたつもりだが、このあとが難しい。

では、では、この実績ゼロのお稽古集団に血を血で洗う実戦を味あわせたら、という考えが一つ浮かぶが、これは望まない。平和憲法があろうが、なかろうが、許されない暴挙である。

しかし、こんど事故を起こしたイージス艦は製造費1800億円という。今年度予算でも戦闘機20機の購入費900億円を計上している。
一機あたり40億円強。父子船を蹴散らすようなことしかしない、金食い虫をただ飯食わして生かしておくのには、抵抗がある。

そこで防衛省と三軍は会社で言えば、膨大な予算を縮小し、定款を変更して、第一の業務を国土建設、災害出動、民生支援に切り替えることだ。これで懸案の道路建設などは簡単に人海作戦で解決するし、災害時には神仏なみの尊敬と信頼を得られるようになる。三軍も人を支える喜びに真の生きがいを感じることになる。

では、本来業務の国防、安全保障はどうするか。じつは、そんなことは
日本政府は建軍いらい一度も本気で考えていないのである。警察予備隊、保安隊、自衛隊と名称を変え、装備を変えてきたのは、すべてアメリカのご意向しだいであるからだ。

いまとなれば、アメリカの先遣隊の役割を担うのを止めて、一握の国土も最後の一人の国民も、ぜんぶアメリカに守ってくれと強談判すればいいのだ。日本政府は国防と政治の案件でこの60年、タダの一度もアメリカ政府にたてついたことがないのだが、巨額の血税艦が漁師を死なすようでは、もうそうは言っておられない。お前は俺の最後の女(山本譲司の気持悪い歌みたいに)とアメリカに擦りよればいいのである。

断られたら、どうするか。
世界の子どもたちの夢に立ちかえればいい。
戦争をしない世界国家を作ろう。
まず日本は永世中立宣言をしよう。
夢のない理想はないのだから。

生活習慣病

昔は、成人病といった。
脳卒中や糖尿病、高血圧とか中性脂肪過多といった
中高年になってから多発する症状のことである。

これを、トシを取れば、誰しもなる症状だと思い、
止む得ないと受け取られていたんでは、症状の改善に
役立たない。呼称を変えようと提唱したのが、あの
老齢医師、聖路加国際病院の日野原重明さんだそうだ。
言い出して厚労省を動かすのに20年かかったという。

この人、あの閉眼片足立ちという体力検査に使われる
テスト法を編み出してもいる。いまは確か90何歳
だ。お達者医師だけに、この人の本を読んでいると
説得力があるというもんだ。

それはさておき、生活習慣病という呼称。そういわれて
も、これも困るんだな。つまり、病因は名前のとおり、
永年の積弊の積み重ねであることの証左なんだが、
いざ診断の結果、そういわれても、過ぎ去った積弊を
取り崩すことは不可能、手遅れなんだ。

言われた当人は、憮然たる思いで聴くしかない。それは、
すべての病気でも肩こりでも疲れでも、まあトシですか
らね、と医師が軽くいなされるのと同じような感じであ
って、いまさらどうにもならない。だってトシはだれも
公平にトシをとる。そのトシのせいに病因を振られて
もねぇ。

言われたからと言って、早寝早起き、飲酒喫煙、暴飲暴食、
趣味嗜好をほんきで改める人がいるのだろうか。60や
70歳になって、軌道修正ができるのだろうか。

生活習慣病という症状の呼称が有効なのは、これから生
活歴を重ねたゆく若い人に対する警告にはなることだ。
次世代への啓発には役立つだろう。

生活習慣病の巣窟みたいになったわが身を省みて思うね。

米兵の横暴

沖縄でまた米兵による女性強姦事件が起きた。
95年にも小学生少女を海兵隊員三人による同様の事件が起きている。
このほか、過去も今も日常的に米兵による大小の犯罪が発生している。

これに対して日本政府はいつも通りいっぺんの遺憾の意の表明と米政府
への再発防止の抗議声明を出すだけである。憤る国民感情は時間がたてば、沈静化するとタカをくくっている。沖縄県民を含む国民を舐めたうえ、米政府には卑屈な姿勢で膝を屈している。

この問題の一番の原因は沖縄に米軍がほとんど無条件に駐留しているこ
とにある。米軍が居なければ、この種の問題は起きない。その根を日本
政府は根本的に絶つ気がない。だから、この種の事件が起きる可能性に
ついては、いわば容認しているのである。女性が犠牲になる可能性より
も米軍駐留が大切と考えているのである。日米基軸の正体は、日本人の
命や安全の犠牲の上にある。

唯一の地上戦で大きな犠牲を払わせられた沖縄。敗戦から米軍治政下、米軍リモコンの琉球政府、本土返還。冷戦のもと、米軍はアジアににらみを効かすの最大最強の要塞をつくりあげた。日本政府も全面的に協力
してきた。「おもいやり予算」など福祉予算と見紛う名目で巨額のカネを米軍の提供している。

兵隊たちは基本的に敵を殺害し、敵の軍事施設を破壊するための戦闘道具である。優しく親切で常識をわきまえた豊かな人間性は必要がない集団である。平和や平穏無事に馴染まない連中である。こうした連中が平穏な地域で共に暮らすことにムリがあるのだ。

兵隊たちは、本来隔離されるべきなのだ。血気のはやる連中を米政府は
自らの支配する土地で隔離、練兵すべきなのだ。敗戦国としての対価は
もう十分に払った日本は、こうした連中に出て行ってもらうことを緊急の課題にしなくてはならない。

冷戦はとうに終わっている。北の脅威はとうに解消している。米軍は北東アジアやイスラム文化圏に新たな脅威を設定して、沖縄から撤退しない。撤退したくないほど日本政府は土地提供、財政面で優遇している。

軍事技術の先端科学化は著しく、距離的な近接度は問題にならない。
冷戦終結とともに、米軍はどんどん海外の駐留基地を縮小している。
なぜ、沖縄から撤退しないのか。よほど米軍はここが居心地がいいのである。そうしているのは日本政府のが要請があるのに違いない。

日本は他国を侵略した歴史を持つが、元寇いらい他国から侵略されかけたり、かけたことはない。米軍と手を組むことは、危険を煽っているのに他ならない。日本人の安心安全を奪っているのである。古い流行り言葉の復活を促そう。

ヤンキー・ゴーホーム

ニュー大阪府知事

さきほどの大阪府知事選で大勝した橋下さん。じつはほとんどTVをみないので、こうしたタレント弁護士がいるとは、名前も知らなかった。

どんな人物なのか。知事就任三日目という夜、TVに出ていたので半時間ほど見た。かなり物事を断定口調にいう半面、けっこう腰が低く素直な姿勢も見せる。他のゲストの年長者へは、それなりの敬意を評している。そつがないところをうかがわせる。

NHKの司会者に予算の把握具合を問われて、気色ばむ。「まだ三日目ですよ。わかりませんよ」という趣旨のことを言って、そのあと「NHKのインサイダー取引はどうなったのか、まだはっきりしていないじゃないですか」と切り返していた。

ナマ番組でTV局の司会者にイラついている場面は珍しい。思うに三日目なのに、どうなる府政?なんて番組に出なければいいのだ。三ヶ月目でいいのだ。そんなに簡単に成果があるわけない。期待もしていない。

この人の弁護士活動は知らないが、年収三億円とも伝えられるギャラが本当だとすれば、TVにはそうとう出ずっぱりだったのだろう。いわばTVタレント上がりであるから、番組の出演要請があれば、反射的にムリなスケジュールにでも出るにちがいない。TVと一蓮托生のつもりなのだろう。

電波メディアで知名度が高い人が、今の選挙制度の強いのは、要の東西を問わない現代の傾向。この人の大勝の裏には民意が反映していることになるのが建前だが、だから、民意が正しいとはもう誰も本気で言えなくなっているのも事実。以前、強制わいせつ知事を選んだ民意である。政治の指導者として優れているかどうかとは、ぜんぜん別の問題である事は周知のことである。

過去の発言にも買春はODAとか、核武装容認論とか、昨今では岩国の米軍基地問題で安全保障にかかわる国政に地元がモノを言う必要がない、、などと話しているのは、気がかりだ。信念や本意ではなくて、そのとき、その場の場面の盛り上げのためや受け狙いといったことでの発言なら、なお気がかりだ。TV話芸では困るのだ。

元そのまんま東さんと同様にTV出演を駆使して、世論をリードするつもりのようだが、この断定口調の元気よさ、愛嬌に振りまく人気者に似た人物が、つい二年前にいたことを思い出す。自滅したホリエモンである。このホリエモンとどこか似た人物のような印象を持った。似て非なることを期待するが、一年くらいは、お手並み拝見だね。

シリアルキラー・アイリーンーーーモンスターと呼ばれた女


20080208172116.jpg



なにがモンスターかというと、アイリーンは男性連続7人殺害犯。凶悪事件なんでもありの全米でも驚愕の目で見られた実在の女性。アルコール依存の父、奔放な母から生まれ、はちゃめな育ち、14歳で出産、家出をして森の中,廃車の中で暮らしたり。食うにこまってヒッチハイク娼婦になり、客の男性を次々殺して、金を奪ったという犯歴。

このアイリーンを死刑前日まで監督であり、インタビュアーであるイギリス人のニックブルース・フィールドが面会して、彼女の言い分を聞き、検証したり、状況を再現したり。異色のドキュメント作品。

アイリーンは、警察のでっちあげだとか、キリストの再来だとか、凄い
面相で声高の喋り捲る。どこまでが本当かどうか、よくわからないが、恐ろしい映画である。アイリーンにも仰天するが、こういう状況にある死刑囚に接見させて取材を認めるアメリカ社会の懐の深さというか、いい加減というか、それにも興味がある。

シャーリズ・セロン主演の「モンスター」は、このアイリーンを題材に
した映画。セロンがアカデミー主演女優賞を取ったというから、これも
見てみたい。

ギョウザ騒動

中国で製造されたギョウザを食べて、農薬中毒に
なった人が続出している。とんでもない話で、
困った事態である。食品の産地偽装や賞味期限
切れと違って、ことは命にかかわる問題だ。
もう問題解明に結着がつくまで、食べないことだ。
再発を防ぐには、これしかない。

ギョウザの製造工程か、故意に混入されたものか
いずれ解明されるだろうが、問題なのは、
だから中国はダメだ、遅れているといった反中国、
嫌中国感情を煽る輩や意見が出てくることが心配。

現にギョウザの問題を離れて行政の態勢や環境悪化
にまでことあげしている人がいる。発展を急ぐ中国
や東南アジアで起きている問題のほとんどは、戦後日
本の歩んだ道と重なる。食も例外でない。

戦後日本でも食品中毒や食品禍で疾病が起きたの
は枚挙にいとまがない。メチルアルコールやドブ
ロクなど密造酒で命を落とした人は数知れない。
食品ばかりでなく、「一ドルブラウス」に代表された
ように日本製品は世界で、安かろう悪かろう、と侮蔑
的に言われたものである。

日本はそうした経験を踏まえて優れた品質管理を生み
出したきた経緯がある。ギョウザの問題はギョウザの
次元で問題解明するべきであって、これを政治的に
利用すべきでないだろう。

なんたって、今だってBSE、雪印、不二家、ミートホー
プ、赤福、吉兆などと相次ぐ食の問題を起こし続けて
いる状況からして、大きな口で他を非難できるような
立場にないだろう。

農薬禍の食品をやすやすと輸入を許した防疫システムや
食中毒届出から一カ月も公表が遅れた情報開示や、素人が
怪しいと疑いを持って保健所に持参したにもかかわらず門
前払いした小役人、、、こうした内なる問題の改善が大切
である。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる