核持込み密約

今朝の毎日紙によると、外務省事務次官歴のある76歳が、取材に応えて日米安保条約にかかわる核持込みについてアメリカとの間に密約があったことを認めている。この件はすでにアメリカ側の公文書でも公開されているし、当時の佐藤首相による特使はじめ在日アメリカ大使、別の外務省関係者等が、密約があったことを認めている。しかし、日本政府はシラを切りとおしている問題である。

その限りでは、今回の証言は従来の[密約定説]を上書きしたようなものだが、証言の内容がきわめて具体的なことが目を惹く。彼氏が次官就任したとき、前任者から普通の郵便封書に入ったペーパーを引き継いだ。このことを大臣に説明してくださいというものであった。彼氏は二代の大臣に懸案を説明し、後任にも引き継いだと語っている。

いまさら密約がないと言い張るのは国の詭弁だと。また、核艦船寄港時の取り外しなどはありえないこと、3カイリに押さえてある津軽や対馬海峡における領海範囲も、核搭載の米艦船の通過を問題なくするための配慮であると述べている。

ここで改めて問題にしたいのは、日本政府のほとんど奴隷的なまでのアメリカ政府への追従である。冷戦が終わり20年、「主人側」のアメリカ政府がのほほんと核戦略の縮減、公開化を図っているのに、隷属する日本政府はかたくなに密約を否定しているおかしさである。ご主人のもういいよ、と指示がくるまで待機姿勢をとる忠実な犬を想像させて、哀れでさえある。

このような迷妄頑迷な情報非公開の姿勢から推察されることは、まだ他にもたくさん日本国民の利益に反する”密約”を隠しているだろうなと思わせることである。そんなことはないと、仮に政府が否定したとしても、嘘を突き通している政府を信じるわけにはいかないでないか。

それにしても、余談だが、この核密約のほかにも「沖縄返還にかかわる密約」もあるが、密約をスクープした往時の毎日紙が、そうそうに政府の軍門に下ったのは、かえすがえすも残念なことであった。取材方法と事実の重要性を天秤に計れば、最後まで言論の自由を守るために闘うべきであった。

あれはマスコミ不信を増幅させた弱腰であった。なにが国民にとって大切かというと、取材方法がどうであれ、取材の結果、明らかになった政府による国民を欺くやり方こそ法廷でも争うべきであった。結局、メディアは国民も朋友にならないことを露呈した一件であった。あの当時、メディア側の一人として肩すかしを食ったような失意を感じたものである。

であるから、せっかくの元次官の勇気ある証言を引き出したとしても、なんじゃ今頃というズレた違和感がつきまとう。

北の後継者

北朝鮮の三代目について話題がにぎやかである。

元はといえば、人民の崇高な公平平等を期した国家体制なのに、初代にしてもう王朝制度のように世襲で国家リーダーの後継者を定める専制独裁国家に化けてしまった。浮き世離れ、時代遅れの体制をつくっているのだから、ちょっとまともに論議しても論議の対象にならない。自由と民主主義の体制内にしても世襲議員が抱えるような特権が問題視されているが、ちょっとそれとは次元が異なる。

北の体制の異常性や核開発疑惑等で、この国は国際社会の憎まれっ子になっているが、憎まれっ子などという愛嬌のある存在ではなくて、もはや國際社会の大方の潮流から持て余されているところがある。しかし、かつて血盟関係だった中国はいまも基本的には北を庇護している。北が崩壊して国境沿いに米軍が駐留するような事態を避けたい。ロシアもまた昔のよしみを大切にしている部分と南側の出口を確保するため、おいそれと、ないがしろにはしない態度をときおり示している。

日本は北を宿敵と看做しているが、朝鮮半島に分断国家生じた歴史的理由を顧れば、北が日本を眼の上にタンコブと見ているのはやむ得ない。向うから見れば許しがたい存在であろう。日本が北を宿敵視すればするほど、北が感情的になるのも仕方がないことだ。

いま日本政府は拉致問題と核開発をいちばんの盾に北を非難、強硬制裁を叫んでいるが、日本は戦後60余年、北との間のちゃんとした会話が通じるチャンネルを醸成してこなかった。何事もアメリカに追随してきたから、アメリカが迷うと、何をしていいかわからない。まして北から無視される(ふりをされる)と、いっそうなにも解決しない。

日本は、北との関係のなかで、いちばん大事なこと、つまり国交正常化を図るためには最善の努力をする。その一本道だけは常に開けておくという方策をとることを怠ってきた。北がいろいろ策略している
きついイヤガラセは、正常化ルートを堅持していれば、そうとう緩和されるか、起きなかったであろうと思う。

まだ学生のような三代目が一人前になる前に、体制の崩壊があるかもしれないが、国連加盟の主権国家の崩壊を願望して、方策を怠るわけにはいかない。名前ばかりで実効性のない拉致担当特命大臣などという国民を目くらませするような閑職ををやめて、北との正常化促進担当大臣を置いて、問題の解決に奔走すべきときである。そっちの方こそ、急がば回れである。

妙なCM添書

テレビなどのCMに妙な文言を見るようになった。TV事情に疎いので、気がつくのが遅いかもしれないが、画面の目立たないようなところに小さな文字で、お断りのような文言がある。なんというのか分からないので、ここではCM添書と呼んでおこう。たとえば、こうである。

「発毛には個人差があります」
「個人の感想です」

前者は発毛剤だか、その技術だかを扱っている会社のCMである。当たり前のことをわざわざ断るのは、どいう了見なのか。CMで言ってた通り生えないぞ。そういう文句を言うユーザーが多いのだろうか。生えない人はバラバラに存在して、組織化されていないだろうから、集団で会社に文句を言ってくるとは思えない。つまり圧力団体対策ではないだろう。

だとすれば、これは、生えない人のケースを想定して、予め口封じというか、お詫びというか、注意喚起をしているのであろう。効果が現れないときの言い訳である。言い訳が先行する、そんな妙なモノの売り方がまかり通るのが不思議である。

後者の場合もそうである。なんたら栄養剤とか健康増強器具とか化粧品のようなものの販売CMに多い。それらのユ-ザーがいかにも快適になった、ぴったしで喜んでいるという映像を見せておいて、個人の感想です、と。これもおそらく苦情が出ないように、予め予防線を張っているのであろう。

ネッ、個人的な感想で、効果は人さまざまなんですよ。
ほれ、人の体質や暮らしの環境やストレスはみんな違いますからね。

会社側はこう言ってクレームに対処する言質を提示しているのだろう、と想像する。こういうのは誠実とか良心とは言わない。こういう重要な告知事項は、マンツーマンの対面のときに言うべきことではないのかな。もし誠心誠意、個人の感想ですを提示したのなら、ぜんぜんダメだった、ひどいインチキでしたよ。そういう個人の感想も公平に見せるべきではないか。

これらの添書を他の販売商品にくっつけてみると、いかに妙かがわかる。

ラーメン屋さんや料亭やホテルのレストランが、店の入口に「当店の味が美味かどうかは個人差があります」。

ブランド店舗やブランド衣料メーカーが、かっこいいモデルを見せておいて「似合うかどうか、個人差があります」。

証券や銀行など金融機関が、儲かるかどうか、「資産形成には個人差があります」。一家団欒のむつまじいそうなTV好みの豊かな幸せ家庭のCM映像を見せておいて、「個人の財力の事情です」とかの添書をあることを想像してみるといい。

これらCM添書に共通しているのは、提供商品についてCM提供側が免責を求め、ユーザー側に責任を転嫁しようとしていることである。つまり、ワタシ的には、こういう添書がついたCM製品には手をだしたくないという結論である。

この自由な世界で


kilstone

 
イギリス映画。33歳のシングル・マザーが主役。11歳の一人息子を両親に預けて働く。セクハラに文句をつけたら、人材派遣会社を首になる。これを機に友人と二人で勝手知った派遣会社を起こすところから始まる。

金髪、美貌を武器にバイクで走り回り、移民を日雇い仕事に送り込む会社。順調にゆくが、もっと大きな会社にするべく模索中に、不法移民を斡旋、ピンハネする方が儲かることに知り、汚い不法手段に手をだす泥沼に落ち込む。

不渡り手形をつかまされたり、賃金不払いで労働者に包囲されたり、行きずりに殴り倒されたり、やがては息子を拉致した覆面強盗に諭される。「お前の息子は俺たちの息子よりも偉いのか。俺たちは使い捨てされてもいいのか」。

恐怖のあまり失禁するほど手痛いダメージを受ける。昔かたぎの父から叱咤される。息子とのいさかい、パートナーから愛想づかしされる。ストレス解消に一夜の男を求める。いろいろな苦難や失意を越えて、なおシングルマザーは大きく儲けるために不法移民の労働力を求めてウクライナへ飛ぶ。

英国は移民の国。移民なしには経済活動が回らないのに、移民を軽視し、人間扱いしない。先進資本主義国の偽善性を、このシングルマザーは知らず知らずに代弁している。タイトル「この自由な世界で」で行われている非人間的な経済社会の問題を、一級の興味深い物語にして、見ごたえがある。

 監督は『麦の穂をゆらす風』で知られるケン・ローチ。女優キルストン・ウエアリングがいい。こういう社会構造に根ざした矛盾や問題を説教臭くなく、面白く仕立てて見終わったあとにじっくり考えさせるようなタイプの邦画が最近はすくないな。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる