本 『エベレスト登頂請負い業』 村口徳行著 (山と渓谷社)

m_E382A8E38399E383ACE382B9E38388E799BBE9A082E8AB8BE8B2A0E38184E6A5AD.jpg

フリーカメラマンの著者は、日本人では最多のエベレスト登頂を5回果たしている。本物の登山家をしのぐ登山家カメラマンである。カメラマンの活動分野は多岐にわたるが、この人は世界一の高峰を極めたい登山者を追って、動画やスチル写真を撮りに同行し、あげくに御本人も登ってしまっているという稀有なスーパーカメラマンである。

著者はエベレストには十数回挑んでいるが、この本では三浦洋一(御本人は途中下山、エベレストはかつて海の底にあったことを証明するの化石調査隊は登頂)、野口健(七大陸サミッツを目指していた)、渡辺玉枝(女性では最高齢65才の登頂)、三浦雄一郎(70才、75才の二度登頂)、著者自身の記録を取り上げて、各自の登山タクティクス表を添えてある。

多くの挑戦者は5500mの地点にBC(べースキャンプ)を設営し、6200mあたりにC1(第一キャンプ)を置き、7500mのコルにC4のキャンプを設けて、体力、気力、気象条件などを勘案して頂上を目指す。常に崩壊の危険がある高層ビルのような氷柱、氷壁がそびえるアイスフォール、行く手を遮るヒラリー・ステップ、スパっと数千メートルの氷河の谷底を望むナイフリッジ、あるいは登山コースに放置されたままのむごい遺体など体感しつつ、筆舌に尽くしがたい凄まじい強風、雪と氷をついて登る。

そこに至るまでには約2箇月の準備トレーニング、遠征費用、装備食料、ポーターやシェルパの招集など大変な登山隊編成作業をこなさなければならない。著者は、その方面でもエキスパートになっているのだ。

諸条件がよければ、BCから4日間で山頂へ。三浦雄一郎の場合は、高齢者なので7日間で完遂している。いまさらながら、これらの人々の登高に驚嘆させられるが、なんでまた、そんなにしてまで登るのか、という心情にかかわる記述は少ない。むしろ血わき肉躍るTV番組の被写体になりたがっているんじゃないかと思ってしまう。

この人たちの動機がどうであれ、登山の記録はすべてTV番組化されている。いまさらながら、現代では純粋な意味でも冒険は行いがたい。世界最高齢登山者、女性最高齢、最年少七大陸サミット達成者などのタイトルを得る行為が、劇場化されているのであり、著者のすごい実績も、その冒険物語の記録をする目的のななかで果たされている。

そのことから、こうした業績を低く評価する向きもあるかもしれないが、ほんのすこし山歩きをする者にとっては、やはりエベレストは夢とあこがれの世界である。著者はエベレスト登山はある程度の体力と技術を持ち合わせていたら、果たせることだと言っているが、その「ある程度」のハードルはあまりにも高く険しい。

本 『サイゴン ハートブレークホテル』 (講談社)

fall_of_saigon.jpg

あのベトナム戦争(1960-1975)は、遠い過去のことになった。若い頃、メコンデルタや解放区の戦況に一喜一憂し、とくにアメリカの全面的な戦争介入に強い憤りを感じていた。朝鮮戦争もその前の太平洋戦争も、幼すぎて具体的なことは記憶にないのだけに,同時並行的な感覚で戦争といえば、ベトナム戦争であった。

その戦争の報道のためアメリカABCTVのカメラマンとして現地に長くいた平敷安常さんの回顧録。副題に「日本人記者たちのベトナム戦争」とあるように、欧米のジャ-ナリストとの交遊のほかに日本の報道各社の常駐特派員、移動特派員たちの言動、取材活動を記録している。さらに現存の特派員OBたちが著者に宛てた回想も収録している。


saigon.jpg





分厚い力作で、中身をひとまとめに紹介するのは、至難のこと。印象的なことをいくつか挙げる。
ベトナム陥落のシンボルとされた「アメリカ大使館からヘリで脱出する避難民」の有名な写真は、じつはアメリカ大使館ではなくて、CIA要員の宿舎だったそうだ。間違った説明が全世界を駆け巡り、それを訂正するのに30年かかかった。撮ったオランダのカメラマンの述懐が興味深い。ロバート・デニーロの映画「ディアーハンター」でも劇中劇で挿入されていた。

日本の特派員連中は、どの社の方針も「危険を冒して戦争の取材をするな」と一歩も二歩も距離を置いた姿勢は基本方針。しょせんはアメリカの戦争であって、日本の戦争でないという認識だったとある。あの激烈な民族解放戦争について当時、読者として生々しい戦場に肉薄した記事と思って読んでいたことと、それを伝えていた記者たちの心情はそうとう違うようだ。ほんとうに危ないところの取材はフリーランサーにお任せという構造なら、いまの福島原発報道と変わりがないか。ある特派員は南ベトナム軍事軍支援本部の日々の広報や現地のラジオ、新聞からも情報が得られたと言っている。

そして、前線にまで出向き、真の語り部の資格を持ったライターは少なかったけれど、「on the spot」に生命を賭けなければ、写真が撮れないカメラマンとは違うと書いている。この現場を踏むことなしに写真が撮れないことからベトナム戦争報道のジャーナリストの犠牲は圧倒的にカメラマンが多い。数十人のカメラマンが命を落としている。

作家、開高健は朝日から派遣され、カメラマンと組んでヴェトナムに行き『ベトナム戦記』をモノにしているが、銃弾、迫撃砲が雨あられの前線に出向いて、歩兵の視線で戦争を描いている。実際の戦闘のときには、地面に伏せて、眼前を動くアリを凝視していたとあるのが興味深い。

ベトナム戦とは関係ないが、アメリカの優れた戦争従軍記者、アーニー・パイルは全員玉砕の島で知られる沖縄戦・伊江島で戦死していることを、この本で知った。

8bf21f6bcef4cfa0_S.jpg
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる