維新大失速

424673_373184496089527_500621401_n.jpg

9月30日付け朝日新聞朝刊に、このような意見広告が掲載されました。スポンサーは、弁護士が代表をつとめる市民団体で、主な主唱者は、日弁連の前会長・宇都宮健児、評論家・佐高信、大阪市大名誉教授・宮本憲一の三氏。

一介の地方自治体の首長(つい先だって国政政党、日本維新の会代表に座ったばかり)の行政のありように、これほど大きな意見広告で異議を唱えたには前代未聞じゃないかな。しかも、錚々たるオピニオンリーダーが顔を並べて。

「天も地も思想調査に凍りつく 橋下行政に異議あり」と大見出しがあり、ついで

弱いものいじめをしないで!
文化を破壊しないで!
個人の基本的人権を侵害しないで!

と小見出しで訴えている。

大阪府知事、ついで大阪市長に就任していらい4年強になるが、府と市でやってきた彼の暴政に真正面から、ノ―を突き付けた意見広告である。このブログでは、ハシモトの歪んだ性格と表裏一体のデマゴーグとインチキ行政を批判してきたので、大いに賛同しましましたね。

先月初めに相次いだ朝日、読売新聞の世論調査で、比例代表制での政党での支持率が、前者3%、後者2%と大ダウン、自民、民主の両党がともに10%以上という結果から推すと、右肩上がりで上昇し続けた維新人気は、ついに失速したことを示すデータだった。さらに維新に特別好意的な理解を示していたフジTVの調査では、4・8%と同社の前回調査の半減、そして10月1日付け毎日新聞では8%とあった。(自民25%、民主11%)

日の出の勢いで人気上昇を続けていたハシモトになぜ陰りが出てきたか、という点について各紙や識者は、

国政へ進出しないという約束をホゴにした。この例のようにハシモトは場当たりな人気取りの発言が多すぎて、前言撤回、ひるがえし多い。首長にすぎないのに、国政や外交・安保にまで見境なく口出ししているが、見当外れが多い。

政党化に参集した国会議員は、維新人気にすり寄る雑魚ばかりで、国民から一応の評価を受けているような人物はソッポを向いた。また国政議員候補に上がる名前が東国原とか横浜投げ出し市長の中田とか、キズものが目立つ。

国会議員公開討論会では、ハシモトの面接場所にすぎなかった。維新の会というのは、いまさらながらハシモトの独裁ワンマン商店であり、国政政党としての体をなしていない。極右的発言ではアベのお株を奪われている

というような論評であった。

これらは、とりあえずハシモト維新の政策、姿勢の枠内だが、この意見広告のトップ見出しにあるように、ハシモトは弱い立場の者への容赦ない偏執的な人身攻撃をやって反省しない、それどころか批判に対しては激情を顕わに
罵詈雑言で報いる。憲法と基本的人権を守る立場の法曹資格を持つとは思えない。彼を正面から批判する人たちのなかに同業の弁護士が多いというのも、いかに彼が逸脱しているかを表している。ハシモトは心が病んでいるのでないかと危惧されるほど異様な性格だ。

このような人物を時代をリードするかのように持ち上げてやまなかったTVはじめマスコミ報道の責任は重い。社会を危うくするミスリードだった。いま一つは、TVでいいこと言っている、カッコいいこと言っているから、なにかやってくれる人だと、簡単に催眠状態に陥った大阪府・市の有権者にも選んだ責任も大きい。哲学者、摘菜収さんは、ハシモト旋風というのは、バカなハシモトをバカな層が支えたとつかの間の出来事と一蹴している。お笑い芸人を野郎自大(自らの力量も知らずに威張りまくること)にしてしまった責任は、ハシモトの好きな言葉「民意」にある。

これら一連の支持率下落をきっかけにハシモト維新の会が坂道を下ってゆくことを期待したい。それがほんとうにニッポンのためになる。

不快なこと 五題

nigaoe_dojo.png


一、民主党の代表選があり、ノダさんが再選された。予想通りの結果。この人で世の中がよくなるとは、思えないが、あとの三人も大同小異。せめてもの救いは、国際社会から「一年一首相の使い捨て」という蔑視だけはまぬかれた。と言って、政治的に信頼が高まるとも思えない.昔は「経済一流、政治は三流」と揶揄された政治途上国日本だが、昨今は経済も三流になってきた。三流同士の両輪で、分相応の国になるしかない。それにしても政権交代を果たして期待されたはずの民主党のていたらくには、暗然とする。

20081025235854.jpg

一、同じ日、巨人が3年ぶりに優勝した。昨年日本一になったソフトバンクの二投手を引きぬいて、この二人だけで、同日現在、23勝稼いでいる。そしてベイスターズから4番打者を輸入。これではハラならずとも、目をつぶっていても優勝するのが、当たり前。おかげでプロ野球はどんどん面白くなくなってきた。金権横暴の巨人栄えてプロ野球衰退の兆し。ハラ立つなあ。

imagesCA6JHDF8.jpg


一、尖閣諸島の国有化をきっかけに中国、台湾が領有権を主張して、近年、まれにみるひどい反日デモ。これに呼応して日本国内のにわか愛国者が、声高に中国、台湾を非難している。すべての騒ぎの引き金を引いたのは、イシハラシンタロウで、彼が尖閣購入を言いだしたことが発端だ。ヤギと海鳥しかいない無人島は、日中間で、そっとしておきましょうというのが、昔、かの国の最高実力者のト(漢字が出ない)小平さんがいうところの大人の知恵だった。シンタロウの偏狭なデマゴーグは、もはや老害ですまされない。にわか愛国者ほど、いい加減な連中はいない。彼らの多くは、これまでの過去にただの一度も尖閣諸島の存在が暮らし向きに影響したことがないはず。そんなもので、にわかに血が騒ぐふりをするのは、モノほしげなパフォーマンス。隣家との境界線にある柿の木は両方でわけあって枯らさなければいいノダ。

imagesCAD1522G.jpg



一、ハシモトは府市の顧問、参与71人を非常勤職員にすることにしたと報道にある。なんの法的権限もない人物を周辺に散らばらして置き、彼らが正規職員に指示を出すのを黙認していた、、、その異常な関係をただすという。当たり前だ。だいたい、これほど多数の顧問、参与を置く必要があるかどうか、彼らの日当や旅費が一億円を優に超す、この無駄使いを容認しておいて、市職員、教職員いじめ、伝統文化の補助金を削り、、こんな人物に何かを期待して選んだ大阪市民の責任は重い。だいたいテレビ人気にのっかかって出てくる連中を面白がって投票するのは、もう辞めなけらばならない。キヨシやノックが府民の幸せに貢献しましたか。遠くはアオシマ、近くは、そのまんま東、なにかが善くなりましたか。

20120730_nodasori_29.jpg

一、自民の新総裁にアベが返り咲いた。5年前、国会で所信表明演説したあと、首相を投げだした前歴者が再び立候補する厚顔無恥が気が知れないが、それをまた選ぶ自民議員連中の気もしれない。党員による地方票は、なんのための選挙なのか、はた目にはわからない。野党を3年やっても自民党は、永年の派閥の悪弊は直っていない。アベは戦前回帰をめざす最右翼、ナショナリズム扇動の排外主義者である。こんな総裁を担いで政権奪取を図るのなら、それを阻止するべく民主がガンバッテもらいたいものだ。まあ、ダメだろうが。



(写真はGoogle)

ブログ接続が困難でした。

長い間、新規の記事がないものですから、読んでくださっている人たちから、
ご心配をいてだきました。まことに有り難うございました。

実は、理由が不明のまま、記事書き込みとか、過去記事をチェックする「管理画面」
が開けなくなりました。FC2が公表している、いろいろなサポートを元に復旧を
図りましたが、私のスキル能力では、うまく行かず、放置していました。

しかし、諦めきれないので、FC2へ直接、問い合わせした結果、きょうにになって
返事をもらい、その指示通りにやることで「管理画面」を開けることができました。

ふだん正常なら、なんの問題もないことですが、いったん不具合が生じますと、もう
完全にお手上げです。こういうことは、私の場合、クルマの運転でも、そうでして、
一度、エンジンあたりに不具合が生まれて、動かなくなると、どうすることもできま
せん。機械もののメカは、さっぱりダメですね。

多くの機械ものに囲まれて、いまの暮らしが成り立っていますが、ユーザ―の知識と
メーカーとの差は大きい。昔のようにトンカチで直すとか、箱を叩いてみたら直った、
というような牧歌的な時代がとうに通りすぎています。

実は、最近、外付けハードディスクをうっかり落下させて、動かなくなりました。い
ろいろなデータをファイルやフォルダ―に入れて収納していたのですが、うんともすう
んとも言わない。貴重なデータの取り出しができなくなりました。

それで大手と称するデータ復旧業者に相談しましたが、成功報酬で約21万円(最初は
なんと、約45万円)という話に驚きました。1万円足らずのハードディスクが壊れて、
中のデータ取り出しに、この値段とは!!

業者の話では、それだけ精密機械からのデータ復旧は難しい。また業者の見解では、
メーカーでもデータ取り出しは難作業なので、取り扱っていないのが実情とのこと
でした。容量を増やす販促競争は激しいけれど、いったん壊れたものの修復には
手を拱いているわけです。門外漢には、どうも納得しかねる業界事情のようです。

いっとき産廃処理が課題になっていたころと、こうした事情と似ていました。メー
カーはたくさんの消費をあおり、多くのゴミを破棄させましたが、最終処理には知
らん顔、、メーカーの姿勢が批判を浴びました。

これからも科学技術の進歩は目覚ましく、いろいろな機具機械が日常生活に入りこんで
くるでしょうが、入口ばかりでなく、修理や復旧、リサイクルなどを含む出口にもちゃ
んちゃんと配慮することが緊喫の課題だと思いますね。

多くの機械音痴がユ―ザ―に居ることを踏まえて、メーカーはサポート体制を親切にする
ことが、好感度メーカー・設置者という評価につながる時代ですね。FC2は、問い合
わせから三日目に返事をしてくれました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる