PC遠隔操作による誤認逮捕

PCを科学的な知識がないままに愛用しています。つまり、電気冷蔵庫やレンジの科学的な仕組みを知らないで使っているのと同じような気分でPCを使っている者としては、脅威的な事件がおきた。いつなんどきPC利用者は不法行為の容疑者に仕立てられるかもしれない。

remote_image.png
(遠隔操作のイメージ)

PCの遠隔操作ということを初めて体験したのは、ことし春のこと。PCの不具合を契約しているプロバイダーに調べてもらったとき、容易に原因がわからなかった。そこでブロバイダーの係員が遠隔操作してもよいか、許可を求めてきたので、OKすると、まもなく私が見守っているまえで、私のPCが、いろいろと自由に動いた。プロバイダー係員は大阪市内にいながら、遠く離れた私のPCを思うがままに処理できる。目の当たりに見て、えらく感心してしまった。PCは遠隔操作できる機能を持っているのだ。

今回の事件では、見知らぬヤツが、他人のPC内に不正行為が可能なウイルスを侵入させて、そこからPC所有者があずかり知らぬところで、殺人や脅迫の予告メールを送るというものだった。4都府県の警察は、この送りこまれたメールの解析からPCのIPアドレスを割り出し、このIPアドレスを唯一の証拠として、PC所有の4人を逮捕、検察は起訴等をしていた。

PCを他人が勝手に操作する怖さはいうまでもないけれど、それ以上に恐ろしいことは、まったく濡れ衣の無実の4人のうち2人を「私がやりました」と自供させていた警察の取り調べの凄さであります。大阪で逮捕された男性は一カ月以上も拘束され、なんども無実を主張したのに、容疑者にされた。神奈川の大学生は、ありもしない冤罪のため大学を退学に追い込まれ、メールの内容の意味するところや匿名の由来まで「自白」させられていた。否認した2人も長期の拘束をしました。

これらのケースからすると、警察は、容疑者をこれときめつけると、それ以外にどんな条件や要素があるかもしれないという可能性を一切考慮せず、またアリバイや犯行の意図なんかはどうでもよく、なにがなんでも「自白に追い込む」特別な技術を持っているということを示していることだ。

身柄を不当に一カ月以上も拘束されたうえ、想像を絶する警察の無理難題を聞かされているうちに、もうどうでもよくなって「自白」したのだろう。容疑者に擬せられた4人が体感した人間不信や絶望感を思うと、ほんと警察というのは怖い組織であるなと思う。

PC愛好者は、いつだれかに容疑者に仕組まれるかわからない。今回は、新犯人だと名乗るヤツが現れた。こういう事件には便乗型のバカが現れるものだが、今回の自称犯人は、まだ露見していない、犯人しか知りえない秘密を暴露しているというから、新犯人にちがいなかろう。

にもかかわらず、警察長官は、「誤認逮捕の可能性がある」という含みを持たせた謝罪をした。捜査の際に容疑者に仕立てられた人たちの無実の主張の可能性を探ることを怠っていて、謝罪になお「可能性」に言及するのは、まったく不誠実である。末端の警察署長らは、それぞれの自宅を訪れて詫びをいれている。それが本来のお詫びですね。

それにしても、新犯人が名乗りでなけれな、彼ら4人の人生は狂ってしまった。起訴・有罪率99%以上という裁判のなかで、4人が救われた可能性こそなかったかもしれない。恐ろしいことが、今の時代にもまかり通っている。警察はほんと信頼を回復するために抜本的に捜査手法を改めなくてはならないと思う。なにがなんでも容疑者を「落とす=自供させる」ことが取調官の腕、刑事の手柄などという職人芸とは別個の捜査手法を考えなくては、こんごも犠牲者を生むにちがいない。

                                      (イメージはGoogle引用)

週刊朝日のハシモト記事

週刊朝日と親会社の朝日新聞が、あっさりお詫びした。
ハシモトの抗議に対して。
マスコミへの信頼がまたも失われたと思います。

91704bfe8c342d87f2166145d8b73220.jpg


週刊朝日の問題のハシモト記事を読んでみた。たしかに被差別部落であった地区を明示しているのは、まずい。こんなあからさまな表記が編集プロセスで目に止まらなかったのか、不思議である。著作者、編集者なら当然の人権意識でなければならない。この人権侵害にハシモトが抗議するのはムリもない。

しかし、彼の父が、そう呼ばれた地区の出身者、刺青をしている組員で、自殺したことやオジが殺人を犯した人物であるという血脈部分のくだりは、これまで先行誌・紙が書いてきたことで、ことさら新しい事実の暴露はない。ハシモトも名誉棄損に当たらないことを弁護士だから知っている。名誉棄損というのは、言うまでもないが、事実であれば、秘匿されていた部分を暴露しても棄損に当たらない。

現存の政治家についての人物評伝というのは、偉人の伝記じゃないから、著者がどのような人物評価をしたうえで記述するか、自由です。愛情や尊敬の念がかけらもなく、嫌悪感や蔑視感をもってしても自由です。そこに人物評伝の意味があります。そこが客観報道を装うニュースとわけがちがう。なんのための著者明示なのか。

かつてのカクエイの金権と女性遍歴の暴露は政界を揺るがしました。いまでもシンタロウの出自、アベ、ハトヤマの来歴などは、いくらでも書かれています。オバマ大統領の出自を追ってケニヤのトタンぶき、電気もない家で遠い血縁者の話を引きだした毎日記者は、その報道を含めて、すぐれた国際報道に与えられるボーン・上田賞を得ています。どこが違うのか。

こんどの問題点は、被差別地区を明示した以外には、特別「一線を越えた」(ハシモトの言葉)ところはないと思います。それに対して、お詫びをするどころか、連載中止まで決めるのは、なんという弱腰であることか。また取材拒否に本来なら闘わなければならない朝日新聞までは、あっさりお詫びをするに至っては、お粗末な対応である。権力者が恣意的に取材拒否する非と、なぜ争わないのか。

親会社とはいえ、別法人なのだから、いくらでも突っぱねられる。ハシモトも弁護士だから別法人だとわかっている。ハシモトが、その親会社の責任を問うということは、彼が嫌っている血脈を問うことと同じ論法じゃないですか。

公務員、教職員への不当な思想調査などの人権侵害を重ねているハシモトが、人権感覚を主張する身勝手さをマスコミはなぜ糾弾しないのか。

ムリを承知で言っているむなしさがありますけどね、いまのマスコミに対して。

                                      (写真はGoogle引用)

アンバランスなこと。

PK2012100902100020_size0.jpg


山中旋風 京大の山中伸弥教授が医学・生理学賞部門でノーベル賞を受賞した。さえない話題ばかりの今年一番の朗報でした。おそらく政府は文化勲章を急きょ贈ることになるでしょう。国際的な高評価があると、追随するのが日本の素直で、無定見なところです。


air_f-35a_aa-1_test_flight_lg.jpg

文科省は研究開発予算に急きょ200-300億円を計上したいとしています。これも泥縄です。泥縄はお家芸です。政府、防衛省は次期戦闘機FXー35の購入予定額を一機98億円を見込んでいるが、実際には一機150億円と言われる。当面4機を先行導入する構想を早くから立てています。現在、導入しているFー15戦闘機は一機あたりで80-100億円で合計200機配備しています。山中教授への泥縄支援と比べて、いかにバランスが狂っているか、明白です。


69770_200910140463409001255494175c.jpg


子役満載 TVを眺めていると、CMにやたらと子役が出て、ブリッ子したり、こましゃくれたセリフや知ったかぶりの大人の真似をしている。

思うに、これは何年かまえにトヨタが車販売に「こども店長」を使ってからの波紋だろう。食い物から保険から住宅販売など、あらゆるCMに子どもが出てくる。NHKは、本来まともであるはずの番組のナビ役まで、それらしいコスチュ―ムを子どもにさせてやっていた。バカバカしい風潮である。

だいだい現実社会では、18歳未満の子どもが営業の前面に出ると、児童福祉法違反である。児童虐待である。街から新聞配達少年が消えて、何十年になると思っているのか。保護されている子どもをTV番組のCMだからいい、というあざとい根性がバランスを欠いている。さらに言えば、世の広告マンたちの真似ッ子競争、アイデアの貧困ぶりが世の末である。スポンサーがよくつきあっているものだ。

imagesCA216NTW.jpg

ガラクタ満載 橋下維新が旗揚げした政党の指にとまったのは、今日現在9人いる。週刊新潮の記事では、連中はガラクタとあった。前回にも書いたが、支持率が軒並み大下落している報道があいついでいるのに、なお他党を離党してすり寄る連中がいる。気が知れない。ピーク時の人気情報からまだ冷めやらぬらしい。その流れを把握できないピント外れのアホさ加減が痛ましくさえある。時代感覚に疎い雑魚たち(おおかたの論評ではザコとある)である。

低落を気にしたハシモトはいったん袖にした「みんな」と手を組み第三極を位置づけようとしているが、こんどは「みんな」の方がアシモトを見て、合流3人の党離脱を認めず、また国会では統一会派を組みたくないとしている。
こういうドサクサを眺めていると、要するに彼らは議員を職業に、名誉欲と権力欲を満たしたいだけの選挙屋にすぎない。ハシモトは彼の自著でいみじくも書いている。「国家のため国民にためというようなケツの穴が痒(かゆ)くなるようなことをなんでいわなければならないか」と。本音だろう。

                                        (写真はGoogle引用)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる