政党支持率 各紙世論調査

次期総選挙のまえに舌戦が盛んになったきた。公示日を控えて各紙・通信社は選挙世論調査の結果を報じています。27日には滋賀県の嘉田知事が新党を立ち上げると伝えられています。これで15党になるわけですが、公示までにまだ合従連衡が続いて、吸収、離反、合併が行われそうです。

でありますから、11月23日ー25日にかけて行われた 朝日、読売、共同通信の選挙世論調査の動向はあくまで、その時点での参考材料、なお流動的な数値であります。その政党支持率によりますと

朝日 自民23%   民主13%   維新9%
読売 自民25%   維新14%   民主10%
共同 自民18.7% 維新10.3% 民主8.4%

各紙は自民がトップなので、これ自体歓迎すべき傾向ではありませんが、特筆されるのは、「ガラクタ」維新議員と合流した太陽の慎太郎と立ち上がれの一派が、読売と共同では民主を抜いて二位につけていることです。民主の凋落は目を覆うばかりであります。

政党支持率はむろん小選挙区(300人)にも反映されますが、いっそうより濃く反映されるのは比例代表制(180人)の方です。当日の有権者総数や投票率によって数値は大きく変動しますし、比例代表制もいまは全国一律でなく11ブロックの比例制ですので、これの地域性ももろに反映されます。

というわけで、政党支持率がそのまま比例代表に反映されるわけではありませんが、たとえば、前回の総選挙結果の得票率と合わせてか考えますと、有権者が固定支持者、組織的支持者とみられる公明党や共産党の前回総選挙の比例代表の当選数は参考になります。

公明 得票率11.45% 獲得議席 21   (小選挙区 0)
共産 得票率 7.03% 獲得議席  9   (小選挙区 0)

となっています。この数値を今回の各紙政党支持率に無理やり当てはめてみますと、3紙・通信平均、11%の維新は、公明党並みの議席獲得に相当します。ちなみに前回大勝した民主党は得票率なんと42・41%で、87議席を獲得しています。

こういう傾向から思うことは、維新がこんご大ブレークする要素は薄い。むしろ嘉田知事新党によって、いわゆる第三極が分断される方向にありますので、維新へ配分される議員数は、中小政党の位置しか得られないのではないかと思われます。小選挙区の方は想定が難しいが、前回の民主党のような大きな期待感が維新にむかっていないように思います。多数の政党乱立で票が分散すれば、小選挙区(一人区)では勝利が難しいことは、前回の公明、共産両党が一人区ではゼロ敗ということでも裏付けされています。

ただ、前回の民主大勝を支えたのは、哲学者・適菜收さんが言うところのB層でありました。B層というのは、なにか行列しておりますと、なんのためか知らないけれど後ろに並んでみる連中やTVでよくみる顔だとまるで友人のような親近感を寄せてしまう人たちのことで、こうした人々は、選挙はさながら人気投票と同じ扱いになります。

こうした人々は選挙の際には、無党派とか、浮動層とか「まだ決めていない」層と指摘されていて、その数の多さから、その動向は選挙結果の大きな影響を与えることはよく知られています。でありますから、世論調査というのは、単なるある時点での動向判断材料という意味しかありません。

なお、世論調査の仕方にも差が出ます。読売と共同は電話で政党名を読み上げました。朝日は、読み上げず、回答者の自主返答だったそうです。頭をひねって記憶を呼び戻すことと、読み上げを聞いて答えることとの間には確かに差はありますね。


:::::::::::::::

OSK201211270049.jpg


追記 この記事アップのあとの夜にTVで嘉田・滋賀県知事が語る新党立ち上げの弁を聴きました。「現状では、どこに投票していいかわからないと悩む人たちが大勢いるはず」なので「卒原発」をスローガンに「この指止まれ」方式で立党したと説明していた。

あの福島の災厄をもたらした原発を「安全神話」をもとに推進して、なお反省もなく推進派の自民党、その災厄処理に追われたのに、脱原発と言い切れない民主党、原発を選挙用の場当たり政策に弄んだあげく原発容認に転じた慎太郎・橋下維新などの現状に大きな一石を投じました。

「あれだけの大問題を選挙の争点に取り上げる政党がいない」ことへの不満が立党の最大理由でした。やや遅きに失したきらいもありますが、当日すでに「小沢生活」が解党して参画、「渡辺みんな」も賛同しました。維新嫌いの私としては、「嘉田未来党」が、真性の「第三極」に成長してほしいと期待しますね。

(写真はGoogle引用)



真紀子騒動

20121107-441596-1-N.jpg

3大学の来春開学に待ったをかけたタナカ文科相、あっと言う間に決定をひっくり返した。コイズミ内閣の外相のときにも物議を醸したし、日頃の言動がそこそこ刺激的なので、今回も大きな注目を浴び、結果的にはさんざんな批判を浴びていますが、私はマキコ節が正しいと思いますね。大きな問題提起をしました。日本の高等教育のあり方にも意義のある一石を投じたと思います。

3大学のうち2大学は短大を改めて4大に移行するものだが、文科省の大学設置審議会の答申をまつまでもなく、建物・施設が完成し、開校を見越した学生募集要項がすでに出回っている現状は、異常な事態だと思う。既成事実が先行した、設置審は追認している状態です。

大学の新設という大事が、「できちゃった婚」みたいな形でOKされていることが、いいわけないと思いますね。マキコ発言の際、不認可決定を受けた時の大学側の不満にも、できちゃっていることが、いまさらパーになっては困るなどという事実を上げていました。これはおかしな話です。

文科省の大学設置審というのが、設置申請→設置審議会→認可というコースが既定の事実になっていることを示している。事実、この30年、不認可になったケースがないという。ならば、20数名もの審議委員がいる設置審なんかいらない。単に形式を踏む手続きにすればいい。設置審委員の大半は大学関係者というから、まあ、新しい身内に強く当たるわけがない。文科省役人にも天下り先が増えて好都合であろう。

話は変わるが、しゃぶ騒ぎで逮捕されたノリッペことサカイノリコは、釈放後、改悛の情を見せるためのパフォーマンス(と見ていますが)で群馬の方の私大に入学した。のちの報道では、この有名女優の入学にあわせて通信教育など特段の便宜供与をしたにもかかわらず、ノリッペは話題が収まったころ退学、なお、この大学も学校経営に値する資産不足が明るみに出て、来春解散と相成ったそうだ。

誰でも入学させ、場当たりの便宜供与を特定の学生のために行うというデタラメ大学も設置審が認可を与えてきたわけだ。責任はとらないのか。いまや進学希望者を上まわる大学定員があり、大学を選ばなければ、全員入学できる乱立状態。昔、新制大学制度が始まったとき、地方の師範学校や専門学校が大学に昇格して、駅弁大学という異名がついた。今は、道の駅大学くらい増えている。

実際、私大の4割が定員割れとなっている。だれでも彼でも進学させれば、四則計算ができない、10まで英語で書けないような大学生が溢れている。こうした学生が無事?卒業していけるのは、学力向上なんかには知らぬ顔の大学側にある。教育に名を借りた卒業証書発行企業に過ぎないからだ。


マキコ節の言い分は、

この狭い日本に800近い4大、短大を合わせると1600校もある乱立ぶりが、少子化に向かう日本で高等教育の場に求められているのか、
学力低下が著しい、名ばかり大学生を多く生み出すことに意味があるのか、
さらに開学の既成事実が先行する大学新設を後追い認可する設置審に意味があるのか、
国家百年の計を考え、世界に伍していける本来の大学教育は、どうあるべきか

といったような提言をしたように思いますね。

ただ、その前にあった学部の新設等の認可はオールOKしていますので、今回の問題提起についても、もう少し段取りをよく考えてから公表した方がよかったかもしれない。そうでなかったために、せっかくの時宜に見合ったいい提案の影が薄くなってしまった。

教育の課題が満載している現状なのに、ヘもひらぬ歴代文科相に比べると、マキコ節は興味深い。

                                       (写真はGOOGLE引用)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる