映画『東京家族』

tokyokazoku1030.jpg


山田洋次監督の映画『東京家族』を見ました。いうまでもなく小津安二郎監督の名作『東京物語』を下敷きにしたリメイク版です。結論からいえば、小津作品の方が厳しく家族関係の変容を考えさせられますが、山田作品は、ハッピーエンドの部分を加えて、甘い人情物語になっていました。

220px-Tokyo_monogatari_poster_2.jpg

小津作品は、昭和28年製作ですから、私はまだ映画館ではみておらず、その後のセカンドランやDVDで何度も見ています。高度経済成長が始まる前夜のころ、田舎から上京して、それなりに立派になったはずの息子、娘を頼って東京見物にきた老両親が主人公。子供たちにろくに構ってもらえず、逆にうるさがらて行き場がない。

面倒を親身にみてくれたのは戦死した次男の嫁だった。失意、落胆の老両親のうち母親は、田舎に帰るとまもなく病死する。葬儀のあとの形見分けや、男親の処遇をめぐって損得勘定むきだしの悶着もある。笠智衆と東山千栄子がいい味をだしていた。

一方、山田作品は、橋爪功と吉行和子のコンビ。東北大震災の一年後という時代設定。長男は開業医、長女は美容院の経営者、正業?を持たない次男という設定。みんな悪気はないのだが、仕事が忙しくて、上京してきた老夫婦の世話を焼けないのは、同じ。いちばん頼りにならないと思っていた次男は舞台美術稼業と分かる。この次男が、母親とは心を開く。次男の恋人も関わってくれる。しかし、母親は旅先で急死、遺骨で田舎の島に戻ってゆく。

ここから終幕にはいるのだが、小津作品は、男ヤモメになった爺さんは粛然と独りで生きてゆく覚悟だ。世話をしたくれた嫁は独り身の将来に暗澹としつつ泪にくれる。

山田作品は、愛犬の散歩から食事、洗濯、掃除までしてくれる隣人に支えられて、日当たりのいい島のミカン林の斜面で農作業に励む、次男とその恋人も気遣ってくれる。支え支えられる地域社会が生きている。

忙しい忙しいということが、成功した暮らしとされるような世の中がまともなのか。
たまに会う両親の面倒をみることさえ邪慳にならざるえない世の中がまともなのか。
そんな世の中で核家族が進み、親子の絆は希薄になるばかり、高齢化が拍車をかけて、
人間の一生の幸せとはなんなのか、、、といったことを小津作品は深い諦観とともに
示唆していました。

山田作品は、まだ暖かい人情が生きている田舎の人間関係のなかに爺さんを置くことで、とりあえずは不安がない老後を見せています。優しいはからいですが、そうした地域社会がほとんど失われたところで、頼るすべもなく、資産もなく、暗澹と老後を迎えている多くの高齢者には、絵空事のように思えてしまう。

山田作品の結末は、人生のエンドロールは、そうであってほしいという願いなのか、現実から目を背けた結末なのか、よくわからない。

思うに、いまどきの親は肉親の情は変わらないものの、実際の暮らしの心情としては、子供の世話になりたくない、子供に迷惑をかけたくない、親と成人した子供とは別々の生活があるのだと認識している。昔のように長子が面倒みる家族制度の導入などには関心がないと言っていい。

しかし、老親が健康、経済に不具合が生じた場合、どう自立していけるのか、
社会のセーフティネットがちゃんと機能してくれるのかどうか、の狭間で高齢者の心は揺れている。

結局、この世界に先駆けて長命社会を生んだのは、医療や食事など生活レベルの高水準にありますのに、それに比して政治や経済、生活全体のセーフティネットがあまりにも遅れているギャップが、「老後の不安」を生んでいると思います。

ざっくばらんに言えば、どんどん長生きさせておいて、ハシゴを外された状態です。ほんとの心のこもった高齢者対策がなく、その部分は、自己責任でやれというのなら、社会は索漠として、ピンピンコロリ願望が強まるばかりです。

(写真はGoogleから引用)

新春異聞

一、「赤ちゃん売ります」
こんな新聞広告がインドネシアの新聞に掲載されていたと報道されていました。一歳半くらいの赤ちゃんで、値段は日本円で8万9千円相当という。

こんな記事を読むと、どう反応していいか、戸惑います。日本でも人身売買はあったし、いまもあると思いますけれど、公然と広告して買い手を探す話ではない。

値段もどうやって決めるのか、9万円弱が適正なのかどうか(人身売買に適正価格というものはないにしてもだ)、どんなヤツが売り手で、どんなヤツが買い手になるのか、想像がつかない。インドネシアの生活水準から言えば、かなり高額になるのだろうか。

ミャンマーやネパールの貧しい家庭の子女が大量にインドやヨーロッパへ売春業者に買われていく実態は、ユニセフなどが公表していますが、この新聞広告から感じることは、そうした組織的売春組織が介在しているのではなくて、なにか思いあまった親が窮余の果てに売りに出したのではないか、ということがうかがえますね。

それにしても、そんな販売広告を掲載する新聞社があるというのも奇異なことです。もしかしたら、今回はニュ-スになったものの、、こんなことは日常茶飯事なのだろうか。奇怪なニュースです。

一、中国の『南方週末』という週刊新聞の元旦社説が、地元の共産党宣伝部長の指示で改ざんされたことが報道されていた。TVでも言論の自由を叫ぶ人々、その人たちを捉えて車に押し込む公安員を映像で流していた。

中国にも憲法に言論の自由をうたっていますが、この国は憲法をふくめて法治主義を取らず、一党独裁の共産党による人治主義が優先されていますので、法律は、あってないようなものです。何事も共産党の胸先三寸しだいです。日本でも明治憲法でも国民の権利をいろいろうたいましたが、戦前、戦中に軍部主導で事細かく国民の権利を制限する法律を作り、権利はまったくあってないような社会にしていた。つまり、がんじがらめにしておいて、憲法にちゃんと権利を書いているではないか、というやり方です。

その点では、中国や、なにかと全体主義を誇示する北朝鮮は、60年以上前の日本の状態にあるわけです。しかし、見方によっては、『南方週末』の言論封鎖事件が、このように公然と世界に情報は流出することは、それだけ鉄壁の閉鎖社会に穴が開いてきたことの証左でもあるのでしょう。60余年まえの日本であれば、重大特異事案として、関係者一同ひっくくられて警察の留置場で拷問死していたかもしれないことですし、たぶん闇から闇に葬られていたことでしょう。

そういう意味では、中国や北朝鮮のありようを嗤えない。いつか通って来た道です。その方がやりやすいと復活を企んでいる安倍一派のような時代錯誤がいますから、安心なりませんね。一方、中国の影の部分がいろいろと漏れ伝わってくることは、やがてはアリの一穴になるのかもしれません

一、大阪の高校で体罰によって運動部キャプテンが自殺しました。これまた悲惨な事件です。自著で子供なんかぶん殴って育てればいい、養ってもらっている子供に権利なんかあるか。そういう趣旨のことを書いている橋下が、「最悪の失態だ」などと最大級の表現で嘆いて見せている。大阪市の首長なのに、第一声にお詫びも謝罪もなく、教委の怠慢をなじり、教委への不信を目いっぱい叫んでいる。例によっての橋下パーフォマンスです。

この自殺した高校生への世論の同情、学校や教委の世論の不信感を察知して、学校や教委の対応のまずさあげつらって、自ら問題の収拾に当たるようなフリをしています。

こういう動きを見ていますと、これはTVおもろい番組と似ています。TVおもろい番組でひな壇芸人が、話の展開の合間に、大口をあげてわざとらしい驚きの表情をしたり、目ん玉むいてびっくりした瞬間場面が挿入されています。この場面は、話の興味を繋ぐ、次の展開を見せるための煽り行為みたいな役割にあたります。

橋下は、この大口をあげて叫んだり、むやみに目ん玉見開いてみせるひな壇芸人と同じです。橋下はここで憤慨して、目立つことが得策だと考えたのでしょう。もともと部活体罰容認、恐怖心でこそ子育てができるという体罰論者が、持論とはまったく矛盾することに怒って見せています。

ここのところ話題がなくメディア露出が少なくなっているので、好機と踏んだのかもしれない。「責任ある首長」の「果敢な突破力」を見せるのは、言うまでもなく夏の参院選を睨んでのことでしょうが、高校生自殺というような悲惨な事件をも政治的に取り扱う、この人物には呆れますね。

初日の出

大阪と奈良の府県境にある二上山へ、ご来光を拝みに行きました。

aP011.jpg


元気なときなら、20分くらいで登りきっていたのに、この日の初登山は、そのコースで4回も小さな休憩を入れて、やっと登りました。我が体力の衰えをつくづくと実感しました。

それでも7時5分の日の出に間に合いました。寒さもそれほどきつくなく、大勢の登山者のなかに紛れて東方面の端をながめていましたら、待望の火の玉が昇ってきました。オレンジ色に黄金色が混じった光が暗い山系のスカイラインから放射線状に広がりました。歓声のどよめきが起こり、ケータイやデジカメを切る音が一斉に響きました。

なんども初日の出を拝みに登りましたが、うまく巡り合わせることは滅多にありません。雨になったり、黒雲が覆ったりして、ジャストタイミングであの光輝く饗宴をみることができませんでした。思えば、そのタイミングがマッチしたのは、四年に一回もありませんでした。オリンピックよりも少ないのです。

強く期待したことが、あるいは軽い気持ちで計画したことが、うまく行かないことは、長い人生にはしょっちゅうあったことです。初日の出ではありませんが、日の出そのものに山で出会うことも、なかなか簡単ではありません。

それでも白馬岳や富士山やネパールでダウラギリやエベレストを日の出を拝めた記憶は懐かしく、貴重なものです。その遭遇には運としか言いようがないチャンスとの出会いがあります。時の運、地の利、天の配剤を感じざるを得ません。

こういう経験は、私のものの見方、考え方におおきな影響を与えていると思っています。自然を私都合に合わせることは不可能です。私の心情を自然に合わせるのみです。社会や人生と、自然の世界とは自ずと違いがありますが、できることはできる、できないことはできないという当たり前のことを思い知ります。決して、できないことをできる、などとフェイクしたり、フェイントをかけたりすることはありません。

山は下るときが肝心です。霜柱がたつ足元に気をつけて、ゆっくりと朝明けと寒気が広がるなかを下山しました。その足でスーパー温泉に向かいました。毎年の元旦朝のささやかな楽しみです。冷えた体をたっぷりの湯に沈めて温めて、洗髪し、ヒゲをあたり、さっぱりした心身になり、帰宅しました。

こうして、私の2013年が始まりました。本年も閑人の閑語をよろしくご笑覧くださいませ。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる