つらつら思うこと 三題

BBH.jpg

その1、沖縄・名護市長選は、辺野古移設反対の現職が圧勝しました。アベ政権は、この選挙を最大限に重視しました。選挙前に反対派だった沖縄選出の自民国会議員一同を強圧で移転促進派に変身させました。さらに知事のナカイマを巨額のカネで釣り上げ「これでいい正月になる」と言わしめさせた。現地での応援演説でイシバは人口5万人の名護市に500億円の復興資金をあげると叫び、恥知らずは利益誘導を行いました。

にもかかわらず、名護市民は屈しませんでした。名護の人たちはカネなんかで大切な故郷と心を譲るもんか、強い気迫を示しました。さいきん稀に見る見事な民意の結集に大いに感服しました。

ところが、翌日にはもうアベもスガもイシバは、イソップ物語のキツネのように、あれだけ全力投球して負けたのに反省するどころか、一地方選の結果で影響を受けるものではないと言い訳して、移転へ向けて既定の手順を始めています。ナカイマもぜんぜん痛みを感じていない様子。一体全体、民主主義の国がこんなご都合主義で地方の民意というものを蹂躙していいものか。権力の横暴に怒りがおさまりません。

kene.jpg

その2、キャロライン・ケネディ大使がツイッタ―で和歌山・太地のイルカ捕獲を「非人道性に深い懸念」とつぶやいたところ、大使に対して、お前らはインディアンを虐殺したじゃないか、牛やブタを殺して食ってるじゃないか、文化の違いがわからないならアメリカへ帰れ、と言った調子の罵詈雑言が殺到したと伝えられています。和歌山の知事も選挙民の手前か、文化の相違を理解してほしいなどと批判しました。

太地のイルカ漁をテーマにしたドキュメントでアカデミ―賞を取った映画「ザ・コ―ブ」では入江に追い込んだイルカを殴り殺している凄惨なシーンがありました。血の海に目をそむけたくなりました。

iruka.jpg


人間は他の生き物の命を頂戴して生きていますから、牛や豚や鶏を殺して食べています。しかし、文明と文化の発達につれて、生き物の命をいただく方法が非常に洗練されてきており、通常、社会人はその現場をみることなく食しています。
イルカ漁が、つねに残酷な殺し方だと非難を受けるのは、その捕獲方法に問題があります。

いま一つは大きな地球的規模の問題が関わっています。人間が食する生き物の多くは、人間によって家畜化されたり、養殖栽培されたものでありますが、イルカにしろ、鯨にしろ、人間によって命の繁殖や調整が自在にできない自然体であります。つまり、牛や豚や鶏のように家畜ではないということです。人間の嗜好によって肉質や味までコントロールされる家畜ではありません。

というわけで、イルカや鯨は大きな自然そのものであって、したがって現代社会の大きな潮になっている地球の自然環境保護のシンボルであります。欧米人が敏感なのは、おそらくその点にあります。

閑人の人生をふりかえって見ても、イルカをなんらかの料理の形で食したことがありません。身近でも食べた話を聞いたことがありません。この国でイルカはどれくらい捕獲されて、誰が食しているのでしょうか。大量の捕獲が続けられている以上、閑人が知らないどこかで食されてると思われます。

イルカ漁をする漁師にとって生活がかかっているのでしょうが、せめて捕獲方法に工夫が必要だと思います。時代の流れにマッチしない文化が、影が薄くなったり、衰退した例はいくらでもあります。そうならないためにもイルカが家畜化され、つまり養殖に成功した黒マグロのようになることを望みますね。ただ、閑人はイルカを食べたいしとは思わない。これは嗜好の問題です。

images21VMYH7O.jpg
その3、第二次世界大戦末期に大日本帝国陸海軍が若い有為な青年を飛行機もろとも米軍艦船を直撃する特攻作戦を行いました。いまの世界の紛争地帯で多発する自爆テロの範を示したような非人道的攻撃ですが、それを題材にした戦争映画「永遠の0」が好評で、興行実績をあげていると聴きます。

閑人はむろん実戦の体験がないけれど、敵機来襲を実感したことがある世代です。青少年のころ戦没学生の手記『きけわだつみのこえ』やカミカゼ特攻隊で散った海軍予備学生の手記『雲ながるる果てに』を読んで涙したこと、大岡昇平の『野火』や『レイテ戦記』、あるいは野間宏の『真空地帯』などを読み漁り、戦争の悲惨と非情に身震いしたことを思い出します。

この国の人たちの、どこを、どう押せば、国策を大きく誤った指導者によって不条理な死を強制された特攻学生たちを称え、美化することができるのか不思議です。特攻隊の学生たちを悼み、慰霊することしか今に生きる人たちにできることはない。

いまごろになって、凛々しく大義のために若い命を国に捧げる、、、、特攻隊員を悲壮感に満ちたヒーロー扱いする映画が上映されたり、それを多くの観客が見るという現象に戸惑いますね。かつてヒロイズムに酔って山で死ぬには本望だと言う登山者が多くいましたが、それと同じように了見の狭いナショナリズムに酔いたがる若い人が増えたのか。

自民と右翼は戦後ずっと日教組教育を偏向教育と断じ、目の敵にしてきましたが、いまのような風潮となると、むしろ偏向教育どころか、反戦平和、民主主義と自由、人権について日教組はちゃんと子どもたちに指導してこなかったのではないかと思ってしまいます。まともに教育された良識ある大人ならあの戦争を賛美し、犬死に追い込まれた兵士たちの悲惨な物語に拍手を送るはずがない。

ちなみに映画の原作者は、時代錯誤の国粋主義者アベのお友達で、それゆえにこの間NHK経営委員に就任した百田尚樹ですから、こりゃ集団的自衛権の行使や改憲へ世論誘導するデマゴーグ映画じゃないのかな。

(写真はGoogle引用)

都知事選の顔ぶれ

23日告示、2月9日投開票の都知事選へ主な立候補者が出そろったようです。 正式な出馬声明を待たずに現時点での予想者も加えての話です。  
どんな連中か。それを知るためにネット上のフリ―百科事典であるウィキペディアでチェックしました。

略称ウィキ(Wiki)での人物月旦については、記事にされる人物自身が自分のことを書いて投稿してはならないことになっています。人物の事績や評価に公平性とか客観性を保つ試みだと思います。もっとも人物によっては、有利な評価をする友人知人に書かせたり、他人を装って投稿する場合もある可能性もありますので、どんな人物月旦でも、一応、眉にツバをつけながら読むのが、この手に資料ですね。

さて、出そろったのは順不同で、元日弁連会長・宇都宮健児、元首相・細川護煕、元厚労相・桝添要一、元航空幕僚長・田母神俊雄らです。都知事選恒例のその他大勢の泡沫候補がでます。これぞ民主選挙の証ですから、結構なことですが、ここでは彼らまで手が回りませんので割愛します。

ウイキでは生年月日から出身地、学齢、職歴、著作や社会的な活動歴,エピソードなど盛りたくさんは人物紹介が書かれていますし、主要な言動では、それを報じた出典も注釈されいます。しかし、膨大な資料をこの欄に引用するだけでしたら、当該ページを見た方が早いわけですから、ここでは閑人が勝手に自分のヘッドとハ―トにちらっと反応を起こさせた個所だけをピックアップして、立候補者の人格識見の一端としたいと考えました。

宇都宮健児 

imag3es

出馬会見で、護憲、特定秘密保護法案の廃止、安倍政権の暴走ストップ、原発のない社会の実現、などを主張。ソウル・北京と平和都市会議を開催し、安倍政権の政策で悪化している韓国・中国との関係改善を図ることも主張。自身の[Twitter]で2014年1月8日 知事に当選後に韓国・中国との平和自治会議を開催する旨を示し、オリンピックに則しアジア自治体外交を進めると宣言した。



細川護煕

t01740250_0174025011463581093.jpg

2005年郵政解散直後のインタビューで、沈黙を破って時評を行い「私は議員在任中は中国との軋轢を避けるため一度も靖国参拝していない」「郵政解散は政治的空白を作る」「小泉君はアメリカのいいなりだ。私は決していいなりにはならなかった」などの批判を行う一方でリーダーシップそのものは評価するとも語った。

福島第一原子力発電所事故後は、保守の立場から脱原発を主張している。「脱原発をとにかく明確にすべきだ」と述べ、毎日新聞の岸井成格との対談では、「(汚染水の)垂れ流しについて、政府は場当たり的ではなく、前面に出てやると言うが、東京電力はとうの昔に国有化しているわけだから、何を今さらという感じですね。これはもう犯罪ですね。とてもオリンピックどころではない」「トップセールスで外国にも原発の売り込みをやっている。とんでもないと思いますね」と首相・安倍晋三の原発政策を批判している。



桝添要一

image2s

舛添氏は奔放な女性関係で知られ、2度の離婚歴がある。最初の妻は留学時代出会ったフランス人。2度目の妻は官僚時代の片山さつき(当時朝長さつき)であり、衆議院議員だった近藤鉄雄の紹介でお見合いしたのが馴れ初めで1986年に結婚。しかし実質的な結婚生活は長続きせず、3ヶ月後には片山が弁護士に相談する事態に陥ったといい、調停を経て89年に離婚した。1996年6月に現在の妻である元秘書の女性と3度目の結婚をし、2児をもうけている。他に日本人女性2人との間に婚外子が計3人いる。 かつての盟友栗本慎一郎は舛添の女性遍歴について「あいつは女の胸を揉んだ手で翌日に仕事で善人面して握手をしている。」と痛烈に批判した事がある。朝日新聞の取材に「2020年東京五輪を目標に、明るい未来にスタートすることほど心躍るものはない」と語り、防災対策や、少子高齢化が進む東京で福祉・医療政策に取り組む考えを示した。



田母神俊雄

images_20140111130716dbe.jpg

田母神は、2008年10月31日、アパグループ主催の第1回『「真の近現代史観」懸賞論文』に応募した「日本は侵略国家であったのか」が最優秀藤誠志賞を受賞。「我が国はコミンテルンに動かされた蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者」「張作霖列車爆破事件も(中略)少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。コミンテルンの仕業という説が極めて有力になってきている」「日米戦争はルーズベルトによる策略であった」「諸外国の軍と比べれば自衛隊は雁字搦めで身動きできないようになっている。」「アメリカに守ってもらえば日本のアメリカ化が加速し、日本の伝統文化が壊されていく」とする説を展開した。なお、週刊新潮や朝日新聞など一部マスコミから、主催者と懇意にしていたため出来レースで受賞したなどと報道されたため、「金のために論文を書いたわけではない」として、12月8日に開かれた表彰式においては賞金300万円の受け取りを辞退し、賞状のみを受領している



田母神俊雄については、フェイスブックに以下のような彼のツイッタ―が掲載されていました。


1526676_582012851878615_1199671059_n.jpg

出馬を見送ったといわれる「そのまんま東」こと東国原某と同様にトンデモナイ人物だいうことがしみじみわかる、つぶやきですね。こんな男が航空自衛隊のトップに上りつめる自衛隊組織の奇怪さ、彼の立候補を称えて“個人的に”支持する石原慎太郎ら有象無象については同時代人とは思えぬ違和感を覚えますね。

(写真はGoogle引用、田母神のツイlッタ―枠はフェイスブック引用)

追記 15日、細川がコイズミと共同で正式に出馬声明をしました。閑人にとって都政全般と脱原発に関していちばん理路整然と受け入れられるのは、宇都宮健児です。しかし、残念ながら、宇都宮健児には広範な知名度に欠けます。当選する可能性は大きくない。選挙は理念より情念の世界、インテリジェンスよりもセンチメントが優位にたちます。

その点で脱原発の一点で細川・コイズミの元首相連合が本気で立ち向かうのであれば、センチメントの結集力は大きい。ここは細川を支持したい。あらゆる当面の政治課題にあって、原発推進か廃止は、この国最大の政治課題。アベ国政に対抗して反原発を貫くのならガンバッテほしい。それで都知事が決まるなら、原発阻止とアベ政権への痛撃という一石二鳥を得ることを意味します。

宇都宮健児は、このような対抗馬が現れた限り、反原発の一点で細川と政策協力して出馬を見送ってもらい、反原発勢力を集中した方が得策です。都政には教育や福祉や暮らしを守る多種多様な課題があり、脱原発オンリーでないのは承知のうえです。現状では国民の生存にかかわる原発問題の方向転換をさせることこそ最大の争点と思えます。先の大阪市長選で共産党は独自候補を見送ってまで、あの三百代言、ハシモト阻止を図りました。うまく運びませんでしたが、あの作戦は共産党の懐の深さを打ち出したいい作戦でした。

コイズミについては郵政民営化や新自由主義にはまったく賛成できませんでしたが、今回は彼の思惑がどこにあるにしろ、「脱原発」でもって大いに民意を喚起してほしいものです。








おめでとうございます

お正月の朝、お雑煮を食べていたら、左奥下歯の入れ歯がはずれた。
ああ、年明けになんというハプニング。

新年にふさわしい金言でも交えて、このブログの書き初めをしようか。
そんな思いはたちまちかき消されましたね。

歯といえば「8020運動」(ハチマルニマル運動)というキャンペーンが、かなり前からありますね。80才になっても20本以上の健康な自分の歯は持っていましょう。そういう趣旨の国や歯科医師会あたりの啓発運動のようです。

imagesCA7KTBFB.jpg


どうせ、こんな標語を決めた役人も歯医者さんも、個人的には達成できていないだろな、と意地悪く考えます。なぜなら法令に定めがないようなスローガンなんか、いざとなれば、ありゃ努力目標、注意喚起を掲げたのにすぎないと逃げるのが、音頭取りする人たちの姿勢なんですから。

あの「特定秘密法案」のなかで「知る権利や取材の自由などは配慮されなければならない」とそっけない。条文に「配慮されなければならない」なんてバカにしていますね。誰が、どんな場合、どうやって、配慮するのか、取材の自由という基本的な権利が「配慮してもらう」対象か。いずれ、現実問題としてコトが起きると、官僚たちや官僚たちにリードされる政治家たちは、努力目標にすぎないとケンもホロロに取り合わないだろうな!!

歯というのは、本来、大人になれば32本の歯が生えることになっていますが、なかには「親知らず」が生え揃わなかったり、ぜんぜん生えなかったりの人も少なくないようで、「親知らず」抜きで28本あれば、合格ラインらしい。

こちらも「親知らず」抜きの28本組です。なのに、すでに前上歯の4本はブリッジ、右奥下3本がインプラント、そして元朝早々に外れた入れ歯が2本と合計9本も「健康な歯」でありません。「8020運動」からは脱落しています。

歯医者さんに行きますと、待合の壁なんかに歯治療の3パターンを紹介するポスターが貼られています。入れ歯、ブリッジ、インプラントがそれですから、私の口腔内は、その見本みたいなものになっています。

余談ですが、若い技工士のお姉さんに「ゼッタイ」も目立ちますので、きれいにしましょうといわれ、うん??ゼッタイとは。お姉さんによれば、舌につく黄色みのある苔、つまり、舌苔のことで、歯ブラシでこすると簡単にとれますと言って、取ってくれました。喉に近いところは、歯ブラシを使うと、ゲェッとなりますので、あとで自分だやってみてくださいと見放されました。家でやってみると、自分がやっても、ゲェッとなりましたね。

スーパー銭湯などでは、洗い場の横のおっちゃんをふと見ると、総入れ歯を外して、丁寧に洗っているのに出くわします。あれは何度みても,ギョッとなりますね。そして、あーあ、なりたくないもんだと思っている自分がいますが、そうならない自信を持てなくなりましたね。

もっとも、こうした身近な自分の身体のことでさえ、うまくいかないないことだらけですから、世の中のことはわからないことばかり。思うようにならないことだらけです。頓挫する中東和平問題や安く遣いつぶされる気の毒な貧困労働者の問題といったことがらや、アベやハシモトのような、つまらん人物をいろいろとブログに書き連ねましたが、こうしたカエルの面にションベンみたいな連中のことを批判する虚しさを感じます。

しかし、まあまあと思いなおしてもいます。昔読んだ本のなかで、自分に直接の利害関係もないことについて、マジメに意味を考え、コトの価値判断をきっちりすることこそ、よき社会人たる資格だというものです。これは表面的には、失礼ながら、お節介なおばちゃんや、口うるさいおっちゃんたちと似ています。

しかしながら、おばちゃん、おっちゃんたちは、おおむね、直感的な損得勘定でモノを言っています。損得づくが必ずしも悪いわけではありませんが、そういう人ばかりだと、世の中はカネやチカラのある方向になびくばかりです。カネやチカラがあることと世の中の正邪とは、これまたほとんど相関関係がないことを歴史が示しています。

入れ歯は外れましたが、このブログはカネとチカラに無縁な閑人が批判の的を外さぬように、ことしもあれこれ書くことにします。よろしく御引き立てくださいますようにお願いいたします。

                          (イラストはGoogle引用)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる