池に魚がいるわけは?

日暮れに散歩に出ます。散歩道の一つの途中に池の畔があります。「明治池」という立派な名前がついていますが、いつからそう呼ぶようになったのか、それはわかりません。

というのは、このあたりは旧住宅都市公団が三十数年前に大規模住宅開発のために整地したところです。昭和に開けた新開地です。それ以前は南北に延びる長い丘陵の雑木林だった。せいぜい柴刈りや山菜取りに人が入るくらいのひなびたところにすぎなかったと聞きます。

閑人がこの地に来たころ、まだそのころの面影が色濃く残っており、空き地からキジが飛び立ったり、ヒワの大群が旋回していた。ときに狸や蛇が出没していた。動植物の世界に人間が闖入したところです。

明治池に行くと、必ず釣りをする人が三,四人います。彼らは何を狙っているのかくらいは、釣りをしない閑人にもわかります。ブッラクバスだのブルーギルだの、コイとかフナとか。なんでこんな池に外来魚がいるのかもだいたい見当がつきます。

池の岸辺には鉄柱の柵がめぐらされてします。転落防止のためだが、釣り人たち、その柱と柱の間にすっぽり収まる手製の座椅子状の板台を置き、そこに腰を下ろして竿を出しています。そばに当座に必要なボトルや用具を並べて、いかにも長期戦でやるぞ、というスタイルです。冬場などは、寒々した風景で、見ている方が寒くなります。

閑人は彼らの背後を見ながら、小さな橋を渡り、小高い丘を上り下りして、また別の橋を渡り、池を一巡、また最初に見た釣り人の後ろまで戻ってきます。その間、釣り人たちが魚を釣りあげた気配はぜんぜんありません。彼らは釣ることよりも水面を見つめて座っているだけが趣味なんじゃないか。あるいは、何か一心に修行しているような、世間に背をむけた孤独な姿を楽しんでいるんじゃないかと映るときもあります。

何度も池の周囲を歩きましたが、釣り上げたのを目撃したのは、たった一回だけです。釣り人のおっさんは、ウォーと素っ頓狂な歓声を張り上げて、竿を繰り寄せ、網で大きな魚をすくい上げていました。会心の歓喜であることは、よくわかります。この一瞬のために修行しているのかもしれません。

おっさんは、釣りあげた魚を針がついたまま、頭を上にしてぶら下げるや、素早くデジカメで写真を撮った。そして、次に意外な行動をとった。すぐに魚の釣り針を外して、池の水面にぽーんと放り投げたのです。魚にしたら、釣りあげられて痛い目にされるわ、空を飛ばされるやらで驚いているだろうが、これがキャッチ・アンド・リリース。資源保護をこめてのフィッシュングの醍醐味なのだろう。

釣りあげたのはおそらくブラックバスにちがいない。この池にはブルーギル、それにカメもいる。これらの魚やカメたちは、世話が面倒になった飼育者から遺棄されたものと推察されます。はじめからブラックバスやブルーギルのように外来種がいるわけがないからです。

それにしても、この池の水源は、雨水しかない。雨水が溜まったものです。そこにブルーギルやフナやコイの稚魚でもない小魚がいっぱい居るのは、どうしてか。これは池に入る川も、出てゆく川もない丘陵の独立?池の謎ですね。

どこから魚はきたのか。池に魚がいるまっとうな理由なら、こんなことが考えられます。
一、人が魚を養殖すべく運んできた。
二、気まぐれに人が飼育魚や稚魚を放した。
三、河川湖沼とつながる水路がある、または過去にあった。
四、周辺の河川の洪水で一時、流水が及んだ。

つまり、人間がかかわるか、自然の治水の変化しか考えられないのだが、明治池には三、四の理由はあり得ない。一のようなことが行われていたとは聞いたことがない。しかし、三だけでは納得できない川魚がいるのは、なぜか。そういう疑問を抱いていました。

ところが、最近、読んだアーサー・ビナードのエッセイ『空からきた魚』で、なぞがとけました。ビナードの妹は水質浄化が専門の科学者。汚濁にまみれた吐き気がするような汚水を野外の第一浄化槽、第二浄化槽、第三浄化槽と時間をかけて流して改善してゆくと、第三浄化槽では、いつの間にか、魚が泳いでいるという。

いったい、魚はどこからやってきたか。ビナードの科学者の妹は、鳥が運んできたと理解しています。鳥はなんでも餌についばむ。空中を飛ぶため、つねに身軽である必要から数分後には飛びながらでもフンをする。あるいは浄化槽の縁にとまって脱糞する。そのなかに未消化の魚の卵も含まれていると推定しています。

鳥の糞は酸性が強力で、車の屋根などに落ちると、塗装が痛むくらいだ。その胃の中を潜り抜けて、空から水面に落下、そして卵から稚魚に孵るというストーリーとなるわけだ。池の魚のなかには、想像を絶する大冒険の末に泳いでいるものがいることになります。

花木の実が鳥に食われて、遠方に運ばれて、繁殖することで種を増やしていることは知っていましたが、魚まで、そうした知恵をもっていたとは、驚きます。

41+YF+9CKrL__SL500_AA300_.jpg


というような、トレビアの泉のような、どうでもいいことに、あれこれ頭をひねるのは、安直な消夏法です。閑人は、これで半日、暇つぶしできました。しかし、先にはまだまだ長ーーーい夏が続きますね。

(写真はAmazon引用)

“一字帯水”の仲


日中は36度を超す暑さ。そんな天気予報を耳にすると、早々に気分が萎えてします。定職を持たず、したがって決まった時刻に外出する用もない身だから、ついゴロゴロしています。

まあ、こんなんが隠居に許される安楽なんだと言えるのか、単なる老いの無為不精に過ぎないのか。突き詰めて考えるほどのことではありませんが、額に汗して働いている方には申し訳ない。浮世離れしているのは確実ですね、、。

41RS6MKBTDL__SL500_AA300_.jpg

さて、在日米人作家のアーサー・ビナードのエッセイ『日本語ぽこりぽこり』を読んでいましたら、面白い話が紹介されていました。彼はミシガンだかオレゴンだか、アメリカの田舎出身なんですが、その田舎ではこじんまりした家族バーベキューなんかには「hibati」(ヒバチ・火鉢)を使うと言います。ヒバチは、そのまま英語になっているんです。初めて知りました。しかし、火鉢でバーベキューって、どうやってと思ってしまいます。

imagesCYJ25GD6_20140725102235a98.jpg

彼は日本にやってきて、同じものを見たとき、あの簡単バーベキュー用具は元はといえば、日本産だと知って驚きます。そのうえ、その名前が「hitirin」(ヒチリン・七輪)だと教えられて二度びっくりします。そして、hibatiというのは、別のもので、火鉢なる暖房器具があると教えられて、またまたびっくりします。

imagesQLP4XMCW.jpg

日本人かアメリカ人か、いつの世にだれかが、アメリカの田舎にまで広めた七輪は火鉢と誤って伝えられたものだったのです。のちに彼は本物の火鉢を日本の古家で見つけて、用途は似ているけれど、まったく違う名前が、どのようにして渡米して行ったのか、とても不思議がります。ほんとそうですね。

ビナードの妹はアメリカにいて、裸足主義者(アメリカには好んで裸足で歩く人たちがけっこう居るそうです)で、たまに履く履物はサンダルだそうです。いま彼女が好んで履いているサンダルは、メキシコ産のワッラッチだ聞きます。

bfc46.jpg
(メキシコのワッラッチ)

そこで彼はピンと来ます。日本にもストローを編んだサンダル、つまりワラジ(草鞋)があることです。 ワッラッチとワラジ。似ているじゃーあーりませんか。彼は、おそらくワッラッチは、草鞋が遠くメキシコまでわたり、そこで皮ひもで編むサンダルに変化したのでなないかと想像を膨らませます。たぶん、そうじゃないかと閑人も思いますね。ビナードは妹へのクリスマスプレゼントは、草鞋に決めたそうです。

ms-5536.gif

こうした異国同士で物産の交易や文化の交流が行われると、ビナードが指摘するような面白発見がいくらでも転がっています。閑人はTシャツを着て風遠しのよいところを探して部屋を少しづつ移動しています。じつはこのTシャツもあの世界大戦中にアメリカ軍の兵隊への官給下着だったのですが、丈夫で簡便さが買われて、あっという間に普段着ファッションに、いまや世界中の老若男女の体を包んでいます。

5942C085.jpg

こうやって眠気覚ましの文章を書いていますが、この漢字だって元は中国伝来の文字。英語では日本人が使う漢字は、
「A CHINESE CHARACTER」(中国の文字)となるわけで、日本人がモノを考えて形にするときは、いつも漢字が前提にあります。

アベやら、その一派の国家主義者やら,右翼メディアやら、へイトスピ―チをばらまく連中やらは、反韓嫌中をあおりにあおっていますが、
日本人に伝統の文化や誇りがあるように、
韓国には韓国の伝統の文化と誇りがあり、
中国にも伝統の文化と誇りがあります。

当たり前の話です。どっちが優れていて、どっちが上位とか支配的などという比較にはまったく意味がありません。ましてや一衣帯水ならぬ“一字帯水”の仲にある近隣同士なのにね。アベの敵愾心をあおるやり方は間違っています。

(写真はGOOGLE引用)

噴飯ものの強弁

アベは昨日(15日)の集団的自衛権行使の容認に関わる国会審議で、「徴兵制は憲法上許されない」と明言した。武力行使をするるなら将来、自衛隊員の徴兵制が行われるのではないか、との質問に答えた。

アベ


アベが現憲法の規定を持ちだして、規定の方針に変化はないと言い張るのは、あほらしく話にならない。憲法9条の趣旨を根底から無茶苦茶に都合よく解釈変更している一方で、現憲法を根拠に言うのは自己矛盾、噴飯ものの御都合主義だ。

アベはフクシマの原発汚染水は完全に「アンダーコントロールされている」と世界に向かって大ウソをついた。集団的自衛権論議には「期限を設けない」と言った直後にタイムリミットを設けた。アベは目的のためなら平気でウソがつける詐話師である。

さて、自衛隊員が戦地に赴く、殺し殺される事態にかりだされることが自明となれば、確実に自衛隊希望者は減る。多くの自衛隊員は、平和時の就職先である。隊員募集の地方連連絡部なんか、資格や技能が身につけられる職業訓練の場と言ったような勧誘をしていたものだ。アメリカなんか貧しい若者に兵役後の大学進学や職業訓練の費用提供を約束してリクルートを奨めている。

いまの自衛隊員の場合、おそらく多くは単なる就職先であって、有事の前線に立ちたいなどいう使命感に燃えている連中は多くないだろう。災害出動に加わり、困った人たちみんなの面倒をみたいという相互扶助の精神レベルと推察される。他国の戦争に参戦する有事出動が義務付けられるようになると、自衛隊を忌避するに違いない。サルでもわかる当然の行き着く先である。

kanetsu.jpg


そうなれば、兵員の確保のため徴兵制を施行して、力づくで要員を埋めていくだろう。徴兵制という文言を言い換えて、憲法上問題のないとする無茶苦茶なヘ理屈をたてて解釈変更するだろう。納税、兵役は国民の崇高な義務であると強弁するだろう。若者に誤った自国優越主義を煽り、兵役につくことが一人前の日本人だという世論喚起を行うだろう。いまでも、そうしたことに賛意を表している媒体がある。

軍国主義信奉者とみられるアベが傲慢に打ち出して、強行している集団的自衛権可能な解釈なんだが、現憲法の前文や9条のどこを、どう押せば、そんな解釈が生まれてくるのか、不思議でならない。こういう牽強付会がまかりとるなら、もうなんでもOKということになる。アベとハシモトは、論理的整合性を無視する日本人の代表格だな。

アベ一派の論法を見ていると、こんな「へ理屈」が浮かぶ。

「明日からカラスのことをハトを呼ぶことにしよう、カラスをハトと言い換えるのは、なんの問題もない。なぜなら、犬や猫と言い換えているのではない、鳥に違いはないのだから、あとは解釈の問題だ」

しかしながら、カラスとハトと名称が違っているのは、その身体的、生態的な特徴が根本的に違うから分類されているのであって、その根本的特徴を変えることなく、呼称を変えるのは、三才の童子でもわかるインチキだということだ。

アベ一派の切れ目のない愚行に翻弄される国民はたまったものでない。

(写真はGoogle引用)

家庭菜園その4

蒸し暑い梅雨の晴れ間、台風の直撃もなく、穏やかな朝。
朝から日射しはきついけれど、庭の菜園の写真を撮る。

植物の生育の早さに驚かされる。
水と太陽と土の3条件が整うと、待ってましたと成長する。
一向になんの変化もないわが身に比べると、
自然の摂理は実に妙味がある。

しかし、この繁茂繁栄も秋風とともに力を失っていくのだろう。
サイクルの短い菜園の野采たちだから
季節の移り変わりを素直に映しだす。
長い時間を生きる人間も、縮めてみれば、そういうことだろう。

aP1.jpg

アサガオは2種類。ムラサキとピンクの花を咲かせる。あっというまに二階のベランダまで届いた。
予想通りのグリーンカーテンになった。
aP11.jpg

ゴーヤは気難しい。アサガオのようにすくすく伸びない。なぜか下葉が黄ばんで枯れる。土が肥えていないからかな。それでも次々とやや小ぶりのゴーヤを実らせている。トンと豆腐を合わせたチャンブルが美味しい。

P1030534_2014071113242727a.jpg

マリーゴールドや百日草のむこうにトマト、ナス、カボチャを植えている。トマトは毎日、収穫に追われる。丸かじり、ジュースのして堪能している。スライスを天ぷらにしたら、これもおいしかった。トマトのフライは、映画「フライド グリーン トマト」を見ていらい気にしていたメニューであった。

大きくなったトマトを支える支柱と防鳥ネットの整備が遅れたころ、いくつも鳥につつかれてダメにしたことを覚えておこう。来季の教訓だ。

揣摩臆測のこと

蒸し蒸し、梅雨明けまえの空模様にうんざり。寝転がって閑人はいろいろ揣摩臆測しています。
「しまおくそく」とは、Weblio辞書によれば、揣摩というのは勝手にあれこれ推しはかることで、臆測も同じ。二つ重ねたのは意味を強調することとあります。

nhknews0619.jpg


揣摩臆測その一、自公で集団的自衛権行使の容認を閣議決定した。アベが米側との都合に合わせたいため、途中から「期限ありき」の協議になって、結論を急いだ。期限の一つに7月4日というのがあった。この日はアメリカの独立記念日。アベはアメリカに尻尾をふるポチに徹したかったのだろう。自公は合計11回だかの協議を短期間にかさねたふりをして、これまた予定通りの「結論ありき」となった。

協議を重ねたふりをしたのは、初めから連立を離脱するつもりがない公明のために、もっともらしいメンツを整える必要があったからだろう。実際には、議論は公明に与党利権をどれくらい積むか、に尽きたにちがいない。なにしろ、フクシマ原発汚染土の中間貯蔵施設建設をめぐり環境相のイシハラ某が臆面もなく「最後は金目でしょ」と恥知らずなことをいう政党であります。

せんだっての沖縄・名護市長選でも応援で現地入りした幹事長のイシバ某が辺野古基地の推進派候補に力を貸すため「地元振興へ500億円出します」と恥も外聞もなく利益誘導したのが、耳新しい政党です。

公明は党是にそむく「行使容認」の代償に、どれほどの利権を裏取引にしたことか。戦後安保の大転換に「寄与」したのだから、おそらく途方もない巨大な利権の約束が取引されたに違いないと揣摩憶測するしだいです。

揣摩憶測そのニ、「行使容認」が閣議決定した当日、防衛省の自衛官募集CMが、流行りのAKBタレントを使って堂々のリリース。防衛省のホームページによれば15秒、30秒ものがあって、ヘリや編隊機が空を飛び、女性自衛官が艦船から海上探索する勇姿を見せたり。サビは「ここでしかできない仕事があります」だって。そりゃそうだろう、合法的に殺傷破壊活動ができるのだから。防衛省HPには、ほかにも来月一日公開予定で陸海空すべてのCMがあり、乞うご期待とのこと。

1.jpg


閣議決定などの進捗に緊張して見守った国民からすれば、アホみたいな話。閣議決定なんか織り込みずみで、早々に広告屋さんでがタレント起用を決め、ロケハンし、撮影を用意していたのに違いない。戦闘機一機が100億円以上という兵器(防衛省は最近、これを防衛装備と言い換えていますが)に比べれば、CM代なんかへっちゃらというわけでしょう。そういえば、今日の報道では閣議決定の日に全国の高3生の自宅に自衛官募集の手紙が郵送されてきたとあります。

なによりも、こうした事例から察すると、閣議決定を既成の路線として、国民には内密で進められている特定秘密なことがあらゆる分野でいっぱいうごめいているにちがいありません。いまや官僚たちや軍需関係者たちは忠誠競争に突入していると揣摩憶測させられます。

アベ閣下、中華ラーメンというのは時局にふさわしくありません。靖国ラーメンと変更しましょう。
アベ閣下、韓流は敵性文化です。上演放映放送禁止。書籍DVD所持を取り締まりましょう。
アベ閣下、少子化では兵隊が足りません。やはり産めよ増やせよを国民に義務化しましょう。
アベ閣下、特攻攻撃、人間魚雷こそ国家への献身の礎。愛国心教育を一層推進しましょう。
アベ閣下、自衛隊基地周辺を「国定いつか来た道」に指定、復古の意義を啓発しましょう。


閑人のビール頭には、次々とブラックジョークが浮かびます。

揣摩臆測その三、アベ一派は、進展しない二国間関係のお手本である「日朝交渉」。それにに焦点を当てだしました。重要課題が山積していますのに、とりわけ国民の情緒的な反応が起こりやすい拉致被害者問題を前面に出しています。

批判の多い集団的自衛権行使論議について目くらましの話題提供と思われます。なにもいま、自衛権論議と並行することはなかったのです。歴代内閣はなんにも根本的な国交正常化を進めなかったですから。

ここでいう根本的な国交正常化といいますのは日韓基本条約を交わしたように、北朝鮮に対しても基本条約を交わすことであります。もちろん過去の植民地政策に対する深甚な謝罪と賠償を日本側が切り出すか、北朝鮮側の交渉に応じることだと思います。対韓賠償では有償、無償、経済借款などで約11億ドル(当時は1ドル360円)払っています。同じものか、それ以上を払え、というに違いありません。

謝罪や賠償問題を抜きに北朝鮮が乗ってくるとは思えません。今行われてる経済制裁の一部解除くらいで大きなカードを手放さない。アベ一派はなにを代償に交渉しているのか。外交上の秘密というには、魔法の言葉でなんでもかんでも覆い隠しています。

もう一つの大きな問題は、アメリカや韓国は拉致問題よりも北朝鮮の核、ミサイル開発阻止の方に重点があることです。韓国にも数百人の拉致被害者を抱えていますが、あまり熱狂していない。ブッシュもオバマもめぐみさんの悲話に胸を打たれはしますが、結局、具体的な協力はなんにもない。米にとって北朝鮮問題は、核兵器開発と同義なんでしょう。アメリカの後ろ盾なしに突っ込んでいけるのかいな。

アベ一派らは、万が一、拉致被害者救出交渉が不発に終わっても、おそらく痛くも痒くもないのだろう。結局、北朝鮮がいかに不誠実な横暴国家であるか、なにもかも北朝鮮が悪者だと改めて宣伝、B層の国民を敵意で憤慨させればいいのですから。などと揣摩憶測する日朝交渉です。

(写真引用はGoogle)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる