歳末寂寥

師走が押しつまってきたといっても、とうの昔に現役を離れた者にとっては、普段の時間の流れとなんの変わりもありません。やっておかなければならない仕事も、つじつまをあわせておく世間体への気づかいもありません。

それにしても、時は人を容赦なく老いにおいこむ。最近、ひししと身にしむ話が続きました。

東の方の遠方の友人の奥方から便りが届きました。駆け出しのころ、はるかな赴任地で競い合って仕事した同年輩の友人が記憶を失いつつあるらしく、昨今は週二回、介護のデイサービスをうけに通所しているとありました。ショックだった。早く旅立った友人、知人はすくないないけれど、老いの症状からディサービスを受けるという友人が現れたのには驚く。

そんなことがあっても不思議でないトシなのだと思いこもうとしますが、気持ちが落ち着きませんね。年齢からすると、そういう境遇の人は世間にいくらでもいますが、あんな元気がいい、どんな物事にも、しかるべき一家言があったポシティブ思考の友人を思うとつらいことです。きっと食事や入浴はじめ運動なり生活機能なりの介護を受けているのにちがいありません。その現実に涙がでます。粛然とします。

西の方の遠方の友人は、しこしこと十年間続いていた、ご自身のブログを閉鎖することを決めた。自然とともに生きる農業の哀楽や季節感あふれる作物のことや集落の暮らしやペットの犬猫のことなどを書いて、いつも読ませてくれた。町に住む者には暮らしの示唆に富む、まさにハートウォーミングな掌編ブログでした。閉鎖のいちばんの理由は、やはり気力の衰えにあると自覚されたようです。

つまらない感想で申し訳ないことことですが、お二方のありようは、そのまま明日は我が身にふりかかることと痛烈に胸に響きます。

朝の散歩がてらに近くの公園に行きましたら、寒い平日とあって、走り回る子供たちの歓声やふざけあう姿が全然ありませんでした。大きな遊具が忘れられたようにたたずんでいます。青い空のもとで吹く冷たい風。風邪をひくから、今日はダメと言いきかす母親たちの声を想像します。今どきの公園には、老いた者からみれは、まことに贅沢なカラフルな大型遊具がそろっています。

   P1030740.jpg   141223.jpg



まさに人影の絶えたリゾートビーチの秋、雪の終わったスキー場、観客がはねたあとの舞台、旬を過ぎた花、木守が一つ残る柿木坂などをしのばせる風景です。昔聴いた『誰もいない海』という歌を思いだしました。多くの歌手が歌っていましたけれど、閑人にはトワ・エ・モアの歌が記憶にとどまっています。加齢の悲哀というのは、経験がなければ、遠いことのように思われますが、経験しつつあると、残酷な告知であり、不可逆な悲しみであります。


    今はもう秋 誰もいない海
     知らん顔して 人がゆき過ぎても
    私は忘れない 海に約束したから
    つらくても つらくても
     死にはしない       
    作詩 山口洋子  作曲 内藤法美 






御嶽山の登山条例

onntake.jpg


岐阜県が条例で御嶽山と焼岳の火口周辺への立ち入りには登山届を義務づけて、違反すれば5万円以下の過料にすると決め、来年4月から施行します。言うまでもなく今夏の噴火に伴う惨状を踏まえての措置でしょう。

登山の愛好者の一人として、複雑な気持ちです。なぜかと言いますと、登山というのは、もともと過酷な気候や地形という大自然のなかで自らの身体能力を試す趣味のスポーツです。したがって、危険が予期される地域へ立ち入る登山者にはそれこそ自らの命や安全は自己責任という原則があります。

危険だからやめとけ、といってしまえば、エベレストや富士山登頂はありえないことになります。都市近郊の低山でも街歩きよりははるかに危険が待ち受けています。地形が起伏に富み、急坂、でこぼこ道だからやめとけ、空模様が急変しやすいからやめとけ、といいだせば登山というスポーツは成立しません。

余談ですが、登山はバスケや野球のような競技スポーツではありません。特定のルール、施設があり、他者と能力を競うと言う意味のスポーツではありません。

登山の自由という問題は、初めて登山条例が富山県で制定されたときに議論されました。昭和41年のことです。当時、富山にいましたので、その是非に大きな議論になったことを思い出します。当時、冬山の北アルプスで登山事故が多発、人命が損なわれました。救援救命に向かう県警警備隊や地元民の負担も大きなものでした。

遊びに過ぎない登山者のために血税を使って救助活動を行うことのムダ、遭難をハタ迷惑と見る側から、なんらかの規制が必要だという意見が強くなりました。人命を尊重する観点からも議論されました。

はじめは特定の山への登山者の入山禁止という制限まで論議されましたが、結局、積雪期の冬山になる時期を限定、入山地域を特定して、そこに入る登山者・グループに登山届の提出を義務付けることで落着しました。対象は剣岳だけとなりました。その翌年、魔の山といわれた谷川岳を抱える群馬県でも、条例が制定されました。

しかし、この措置は厳冬の山へ入山したい人へじっくり慎重な再考を促す効果はあるものの、登山届を出したからと言って、遭難を予防するものではなくて、遭難が起きたとき、救命救助活動をスムーズに行える効果しか期待できません。

ただ、その後の登山界の傾向として、積雪期登山や危険な岩壁をクライミングするような登山形式が急速に衰退し、代わりに登山大衆化の時代が始まりました。それが中高年登山者の急増や山ガールの進出となった結果、富山や群馬の条例が適用されるような登山は影をひそめてきました。自身の能力だけでもって命と引き換えるような冒険ないし挑戦の登山は姿を消してしまった。

こんどの岐阜県の条例では御嶽の方は火口周辺の半径4キロ以内、焼岳では半径2キロ以内に登山届なしには入れないというものですが、逆にいえば、届を出せば入ってもいいわけですから、今夏のような不意の大噴火が起きたら、それは登山者の自己責任ということになるのは変わりがありません。こんご新たな犠牲者が出ても、行政は一定の慎重な配慮したというエクスキューズにはなるでしょう。

遭難防止に関する条例の制定は、登山者に対する警告です。昔と違って登山が一般化し、多くの登山未経験者が山におしかけ、観光登山や健康登山になってきた現状では、登山者の行動を制限する条例の制定なんかよりも、噴火予知情報の的確な公開や適切な登山ガイドの育成と配置、登山道や道標の整備、標高に応じたいくつもの堅固なシェルター(避難場所)の設置などが望まれます。

そうした安全環境を整えたうえで、あとは登山者の自己責任ですよ、というのが現状の登山というスポーツにふさわしいと思われますね。

                                                     (写真はGOOGLE引用)

冬枯れの池の畔

12月10日、特定秘密保護法案が施行されました。総選挙のさなか、しかもその選挙情勢について序盤、中間調査でも、なぜか自民大勝の動向が各紙報道で公にされているさなかです。

tokyo.jpg
                                             (表は11日付け 東京新聞web引用)

国民の知る権利、言論の自由を奪い、国民を見ざる、聞かざる、言わざるに抑え込もうとする法律を打ち出す政党にかくも大きな支持が集まるとは、まったく憂鬱なご時世になったものです。

法案が施行されると、いち早く具体的な適用例をあげつらって、それが、やはり必要だったと正当性を誇示するのが、権力のやる手口です。一体、先ずどこの誰がやり玉に挙げられることか。

ナチスのユダヤ人ホロコーストを指揮推進した首謀者の一人として逮捕されたアイヒマンは法廷で答えました。「組織の一員として命令通りにやったことで、自分には罪がない」。おおむね、こうした趣旨の自己弁護をしました。

これから秘密保護法に沿って違反者を摘発する権力サイドは、みんなアイヒマンの弁解のように忠誠競争をして成果をあげようとするでしょう。もともと人の内面の問題を深くかかわる情報や知識の分野だけに、権力は人心にまで踏み込んで来るに違いありません。すべて戦前の治安維持法等の運用に例を見ることが可能です。

アベ政権になってから、異常なスピードで極右旋回しました。選挙の争点にアベノミクスの是非を問い、極右政策をことさらに隠していますが、アベの本当の狙いは、経済政策のよしあしなんかではなくて、秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、原発の再稼働の先にある戦前戦中の大日本帝国の再来です。国民の政治的自由を極端に小さくし、モノ言えば唇寒しの境地に陥らせて、権力に唯唯諾諾の国民を作りたいのでしょう。

うっとしい政治の動向に背をむけて散歩に出ます。冬空に葉がすっかり落ち払い、枯れ枝を存分に広げています。滑べすべの木肌からすれば百日紅のように思われます。草木は季節の変化に見事に同調します。しかし、すっかり枯れ果てても、大きな犠牲を払うことなく、来春の陽光とともによみがえります。脆弱なようで強靭です。

P1030708.jpg

池の行くと、コガモの群がいます。だれもいない池畔に立つと、エサをもらえると思うのか、警戒しながらも寄ってきます

P1030728.jpg

もみじやカエデがなくても、小高い丘の雑木林は、冬枯れまえにきれいな黄葉の緞帳をおろしています。

P1030727.jpg

水車は水の流れがあるかぎり無限軌道です。いつまでも静かに回り続けます。国民は精神の自由がなければ窒息してしまいます。

P1030711.jpg

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる