辺野古の熱い風

アベ政権が、なにがなんでも、がむしゃらに、沖縄・辺野古基地建設を強行しています。多くの国民の懸念や地元沖縄の人たちの民意は、そこのけそこのけ、どこ吹く風と普天間基地代替の名目で暴走しています。その現場を三年ぶりに訪れました。



以前訪れた辺野古地区は人影の出入りが全然ないバ―やダンスホール跡とおぼしき建物がひっそりと並んでいました。かつて米兵たちが憂さ晴らしした飲み屋跡やペンキが風化してしまったバ―の壁面が目立つばかり。ところどころの電柱の足元に「基地移転反対」のポスターが貼られていたが、ほとんどゴーストタウン化したうらさびしい雰囲気でした。



ところが今回は、辺野古地区に近づくと、マイクで基地反対を叫ぶ声、それにシュプレフコールする大勢の人々の喚声が風に乗って流れてきた。基地反対運動が一段と激しくなっていた。国道脇の空き地にはたくさんの駐車が見られました。


辺野古漁港。なぜかナンバーが外された放置車が並ぶ。海辺に漁船が数隻、しかし、ここも人影はない。漁港組合らしい建物も明るい陽射しを浴びているが、漁港としての賑わいや活気は見る影もない。


henokominato.jpg


すぐ漁港に隣接してアメリカ海兵隊が占拠するキャンプ・シュワブが広がる。境界線には高さ2.5メートルくらいの鉄条網の長い壁が海辺から小高い丘に向かって続いている。あとでウィキで調べると、面積20キロ平方メートル、地上610メートルまでの上空権も米軍が占用しています。建設予定の辺野古基地は,ここを包含したうえ、二本の滑走路、巨大な強襲揚陸艦が接岸できる大岸壁などの新設・拡張をします。普天間の5倍を誇る米軍世界戦略のなかでも最大級規模の恒久的海外基地を目指しています。


2yuusen.jpg


鉄条網の向こうにはアメリカ海兵隊施設であることを示す看板が立ち、立ち入り禁止を告知している。そのずっと奥の海辺で枯草模様の戦闘服姿の米兵数十人が現れ、轟音を立てるキャタピラーがついた大型の戦車?(注1)}を二台配置した。戦闘訓練が始めるらしく、号令を掛ける指揮官の大声が聞こえてきます。海上ではいくつもの船影が浮かんでいます。


3kaiheitai.jpg


鉄条網には一切の貼付物などを張り付けるなという注意喚起があるものの、現状に怒りを隠さない人たちが思い思いに地元から持ち寄った抗議文を書いた旗状の布を張り付けている。三重とか静岡とかの文字は読めた。各地から視察にきているようだ。


5yuusen.jpg


海辺を離れ、キャンプ・シュワブの正面入り口がある国道329へ回ると、抗議の人たちが築いたテント小屋、掘立小屋が鉄条網の沿って並んでいる。ここが抗議する人たちの集散の拠点のようだ。


91yuusen.jpg


もう227日、ここで座り込みをしている青年がいます。うちわ太鼓をたえまなく叩き続けて歩くおばさんがいます。ギターを抱えてシュピレフコールをする女性もいます。「米軍は出て行け」、「基地建設反対」。さまざまなシュプレヒコール。また、「我々が車道を歩けば道交法違反だといい、文句を言うと公務執行妨害だと言って検挙するのに、○○さんを小突いてケガさせて警官は検挙しないのか」。マイクを持つリーダーが理不尽な対応を非難しています。


<92yuusen.jpg


基地入り口付近には警官よりも民間の警備会社の警備員らしい集団が固めています。抗議する人々の動向をウォッチしている公安の車や警官は国道の反対側で警戒しています。


6yuusen.jpg7yuusen.jpg


地元沖縄の新聞は、連日、沖縄防衛局が進める工事強行や海上保安庁の過剰警備を批判する報道を伝えています。許可範囲を超えた地域での工作物の設置や珊瑚を傷めている可能性が強い沈下物に対して、県当局は抗議し、停止を求めています。


基地建設反対を掲げ、知事選で大勝した翁長知事は、県に認められている、あらゆる権限を駆使して辺野古基地建設を阻止すると明言しています。辺野古を取り巻く状況、県や県民の動向を本土のマスコミがつぶさに伝えません。いまやマスコミの多くは、辺野古基地化は既成事実と見做しているらしく、国策を批判することをためらうどころか、競ってヨイショする御用マスコミに堕しています。


アベは傲慢で偏狭な国家主義者である一方、笑い話にもなりませんが、本来の国家主義者であれば、あるまじき他国追従など見向きもしないにも関わらず、アベは歴代でも稀な米国隷属主義者です。この矛盾したポジションにオバマ政権は明らかに当惑を隠していませんが、米国益のために追従者アベを利用しています。不幸なのは国民です。沖縄の怒りはアベ政権よりも、多少は民主主義に基づく民意に敏感なオバマに向けた方が届くのではないかと思います。


基地が存在することが、本当に抑止力になるのか。

基地が存在するために、かえって国民の平穏と安全が危険にさらされるのではないか。

こういう観点からの冷静な報道なもう望めないのか。


217219
                                      (新聞記事はGoogle引用)

追記 注1 21日、NHKニュースで米国で自衛隊がアメリカ軍と共同演習をしている場面に辺野古で見たのとそっくりな戦車タイプの軍用車をみました。これは水陸両用車というらしい。専守防衛のはずの自衛隊が公然と強襲上陸訓練をしている。型式が異なるかもしれないが、辺野古で見たのは、こんな軍用車でした。

suirikui.jpg

(写真はGooglei引用)


アメリカの目

閑人がヒマにあかして、ネット上をサーフィンしていますと、興味深いデータや記述を目にすることがあります。ネットはガラクタ箱だという人もいます。

しかし、ガラクタがあることは認めますが、それらを含めて、個人や組織が自由に思ったことや感じたことを発信できるのはいいことです。大げさに言えば、人類発祥いらい初めての情報発信装置を手にした時代に生きているわけです。活かせる情報はおおいに参考にすればいいのです。

最近、ネット上で日本人にとっては、ちょっと面白い視線からアメリカ政府なり、アメリカのマスコミが日本と日本人のことにかかわった記述を見つけました。なぜかこれらのニュースはこの国のマスコミは伝えようとしません。その裏を揣摩臆測するのもネット上の楽しみではありますが、、。

B9YBBjZCcAEdSDD.png
>

(https://twitter.com/search?q=I8Ik0evkcq 引用)

その1 上のマンガは、アメリカを代表する新聞の一つ、ニューヨーク・タイムズ紙(2015年2月8日)が掲載した風刺漫画です。ABEがのっている車の名前に「constitutional revision」とありますが、これはは「憲法改正」のこと。ABEは「テロリストの脅威」のを国民を煽り、「憲法改悪」という政治目的を進める手法だと指摘しているわけです。まったく痛烈に正鵠を射たマンガです。日本の新聞マンガにはない視点です。

その2 アメリカは昨年12月から以下の表にあるような日本産の食品について輸入規制をしていると「農水省のホームページ」にあります。某ブログが紹介していましたので、検索しますと、確かにありました。その一部を引用します。

主に東北地方、それもフクシマ原発による放射線汚染が濃厚とされる地域であることは一目瞭然です。農水省のホームページを見る限りでは、その規制の理由や経緯を知ることはできませんが、閑人が赤字で目に引くように引用した魚介類は、アメリカ人と同様に食べたくありませんね。福島の人たちにはお気の毒ですが、遠慮します。

なぜか日本では規制していませんし、だいいちアメリカでこんな規制が行われていることさえ広く知られていません。汚染に関する両国政府の食品安全基準のギャップが怖いですね。日本人は食べていいが、アメリカ人は食べてはいけないとは!。恐ろし、恐ろしいですね。

       米国の輸入停止品目 (平成25年9月9日付けFDA輸入アラート99-33に基づく)
      対象県                    輸入停止品目

青森 野生のキノコ類

岩手 タケノコ、原木クリタケ(露地栽培)、原木シイタケ(露地栽培)、原 木ナメコ(露地栽培)、野生のキノコ類、野生のセリ、ソバ、ゼンマイ、 コシアブラ、野生のワラビ、大豆、ウグイ、クロダイ、スズキ、イワ ナ(養殖を除く)、クマの肉、牛の肉、シカの肉、ヤマドリの肉

宮城 ソバ、ゼンマイ、タケノコ、コシアブラ、クサソテツ、米、原木シイ タケ(露地栽培)、野生のキノコ類、大豆、アユ(養殖を除く)、ヤマ メ(養殖を除く)、クロダイ、ウグイ、スズキ、ヒラメ、ヒガンフグ、 イワナ(養殖を除く)、牛の肉、クマの肉、イノシシの肉
山形 クマの肉

福島 牛乳、野生のタラノメ、小豆、タケノコ、非結球性葉菜類(カブ)、ア ブラナ科の花蕾類(ブロッコリー、カリフラワー)、結球性葉菜類(ホ ウレンソウ、レタス、セロリ、クレソン、エンダイブ、キクヂシャ、 フダンソウ、コラード)、クリ、ワサビ(栽培)、野生のフキノトウ、 ゼンマイ、コシアブラ、キウィフルーツ、原木シイタケ、原木ナメコ(露 地栽培)、野生のキノコ類、クサソテツ、ワラビ、米、大豆、ウメ、野生 のフキ、野生のウワバミソウ、ユズ、アユ(養殖を除く)、アイナメ、 アカガレイ、アカシタビラメ、イカナゴ(稚魚を除く)、イシガレイ、 ウスメバル、ウミタナゴ、エゾイソアイナメ、キツネメバル、クロウ シノシタ、クロソイ、クロダイ、ケムシカジカ、コモンカスベ、サブ ロウ、ショウサイフグ、シロメバル、スケトウダラ、スズキ、ナガツ カ、ニベ、ヌマガレイ、ババガレイ、ヒガンフグ、ヒラメ、ホウボウ、 ホシガレイ、ホシザメ、マアナゴ、マガレイ、マコガレイ、マゴチ、 マダラ、マツカワ、ムシガレイ、ムラソイ、メイタガレイ、ビノスガ イ、キタムラサキウニ、サヨリヤマメ(養殖を除く)、ウグイ、ウナ ギ、イワナ(養殖を除く)、コイ(養殖を除く)、フナ(養殖を除く)、 クマの肉、牛の肉、イノシシの肉、ヤマドリの肉、キジの肉、ノウサギ の肉、カルガモの肉
茨城 原木シイタケ、茶、タケノコ、野生のコシアブラ、スズキ、ウナギ、シ ロメバル、ニベ、コモンカスベ、アメリカナマズ(養殖を除く)、ヒラ メ、マダラ、イシガレイ、ギンブナ(養殖を除く)




その3、曽野綾子というけったいな小説家が、最近は神がかりな復古調の言説を振りまいて、ヒンシュクを買っていますが、この間、産経新聞に掲載されたコラムは、ひどい。南アフリカ連邦やアメリカが、悲惨な犠牲を払って平等化を図った人種差別を公然と、この国でも採用したらとすす進めている。

以下はそのコラムのコピーです。(産経新聞2月11日付け朝刊)

B9iWKVQIgAAPJfd.jpg

コラムの趣旨は、この国の労働力不足を補うために外国人移民もある程度受け入れてもいいが、黒人たち(アジア人も)とは文化も暮らし方も異なるので、受け入れ先を限定して、日本人とは住むところを「分離」する方がいいという論旨。アパルヘイトは、まさしく黒人は安い労働力だが、臭くて不潔だから隔離する、白人とはメシも一緒に食えない連中とあらゆる法律を作り、差別した。アメリカの黒人奴隷の解放の声が高まると、も最初はしぶしぶだったので、「差別しないが分離する」するという巧妙な論理で差別を実質的につづけました。

曽野コラムには、これらの人権に関する歴史的な努力を一気に無にする驚嘆すべき時代錯誤の差別意識がこもっていま
この小さなコラムに海外のメディアは敏感に反応、驚きあきれて報道していますが、この国のメディアはいまのところ知らんぷり。これからも、よほど海の向こうからリアクションが起こらない限り、静観するつもりなんでしょうかね。

以下、「ハフィントン・ポストニュース」ホームページからの引用です。
http://www.huffingtonpost.jp/

『曽野綾子氏コラムに「アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる」と海外メディア報じる』

作家の曽野綾子氏が「日本でも移民を受け入れた上で、居住区を分けた方がいい」と2月11日付の産経新聞コラムで主張した件について、「ロイター」や「ウォール・ストリート・ジャーナル」といった海外メディアが、批判的に報じている。

曽野氏はコラムで人種隔離政策(アパルトヘイト)を実施していた南アフリカを引き合いに出し、日本も移民を受け入れ、人種ごと居住区を分けたほうが良い、と主張していた。もう20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。
(産経新聞 2015/02/11付 7面)

このコラムを受けて、刺激的な論説で知られるアメリカのウェブメディア『デイリービースト』は、「新聞コラムニストが日本にアパルトヘイトを望む」という見出しで、曽野さんが安倍晋三首相の教育再生実行会議に加わっていた、いわば首相のブレーンだったことを詳細に記述。取材に対し、「曽野綾子さんのコラムはいつも掲載している連載もの。多様な意見があるべき、と考えるのは自然」と産経新聞はコメントしたという。

さらに曽野氏が「女性は妊娠したら仕事をやめるべき」と発言したことを挙げつつ、「日本で働いていて、差別に向き合わなければいけないことはしょっちゅうある。大新聞がこんな記事を載せたら、国中の差別主義者を勇気づけることだろう。もうたくさんだ」と日本で働く30歳の南アフリカ人女性の発言を紹介した。

ロイターも「政府のブレーン、アパルトヘイトを賛美し、首相に恥をかかせる」との見出しで報じ、政治評論家の感想として、「日本にダメージを与える発言。(オリンピックを控えた)東京は海外からのイメージダウンを避けようと必死になるだろう」と書いている。

また、アメリカの大手経済紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』はブログで、「もし記事に誤りがあるなら、私はそれを正します。私も人間ですから、過ちを犯します。しかしこの記事について、誤りがあるとは私は思いません」という曽野さんのコメントを掲載している。

メディアだけでなく、アフリカに関する活動を行っているNGO「アフリカ日本協議会」も、コラムに抗議する声明を発表。曽野氏に謝罪と記事の撤回を求めている。(以下略)



曽野綾子に対して、あのハシモト流の罵詈雑言を真似れば、言っていいことと悪いことが区別できなくなったババア、恥じを知れ、と申し上げたい。

                              *******
追記、曽野コラムについて、14日付け毎日新聞電子版が「アパルトヘイトを擁護する」として「アフリカ日本協議会」が産経新聞に抗議したと掲載。15日付け朝刊では駐日南アフリカ大使も「アパルトヘイトを美化する、恥ずべき提案」と産経新聞に抗議したと伝えています。朝日新聞は15日付け電子版で同様の記事を掲載しています。

タイガース80周年

ことしは阪神タイガースが誕生して80年になります。いうまでもなく、巨人につぐプロ野球界の老舗です。

そのことをフアンとして誇らしく思いますが、それにしても2リーグ分裂(1950年)後に生まれたセ・パの覇権争いで日本一になったのは、たった一度だけです。65年もの間でわずか一度だけです。リーグ優勝にしても、わずか5回。10年に一度にならない体たらく。信じられないほど情けない実績です。

長い伝統あり、立派な球場あり、フアン人気も抜群、実力選手や人気選手に事欠かなかったのに、なぜ優勝できないか、なぜ優勝しないのか、球界随一の不思議球団です。

いろんな説があります。球団幹部が野球を知らない親会社の天下り人事、監督コーチ陣の派閥争い、チーム強化に無策な編成力、選手養成力の無さ、すぐ息切れする選手たちなどなど。

いちばん有力なのは親会社が本気で優勝なんかを望んでいないという印象がもたれていることです。ペナントレースで、そこそこがんばれば、甲子園は観客で埋まるし、電鉄会社は儲かるし、関連グッズは売れに売れるし、ビジネスとしたら申し分ない話。それ以上を何を望むか。

優勝でもしたら、選手の待遇面が高騰するだけやおまへんか。パ・リーグで在阪の南海、近鉄、阪急が皆んなコケたなかで、タイガースは、がんばって商売しているやないか。巨額の投資をして大型選手を集めたところで、対費用効果が計算通りにはいかないゲームのことだからと思っているのじゃないかな。

そうだとすれば、親会社の現実とフアンの熱意に大きな乖離があります。フアンにしたら、優勝に向かって、なんでもっとまじめに取り組まんのかといういらだちがありますが、親会社の営業感覚は、それほど熱くはないようです。

今月初め、3月期の決算発表がありましたが、株式会社・阪神阪急ホールディングスは、宝塚百周年公演の成功とタイガースのクライマックスシリーズ進出が増収増益に寄与したとあります。これで十分と思っているのじゃないかな。

邪推であればいいんですけど、3年監督をやり、3年最下位だった!?あの愚痴多い野村監督の虚実入り混じったエッセイによると、こういう感じの逸話が紹介されています。

「なかなか優勝できないで申し訳ない」と野村監督
「いや、まあ。うちは10年に一回くらい優勝できたらいいんですわ」と営業担当。

事実だとすれば、フアンがなんとなく球団に不信感を持っていることを裏付けています。フアンとしたら、そんな疑わしさをもちつつ、毎年、あきもせず応援しています。

閑人は、ことしも沖縄・宜野座村の春季キャンプをのぞきに行ってきます。シーズンオフにめぼしい補強がありませんでしたので、今季の阪神はみんな一つトシをとっただけの顔ぶれです。これで大丈夫なのかな。

シーズンオフの補強人事はどれも実現しませんでした。球団側の不首尾や相手側の都合があったとはいえ、名前が挙がったのは、山井大介(中日)、金子千尋、平野佳彦(ともにオリックス)、成瀬善久(ロッテ)、それにカブスの藤川球児の復帰話までありました。投手陣の層を厚くしたい構想は皆はずれ。優柔不断の鳥谷の後任候補になんとアスレチックスで2年間出場ゼロの中島裕之(元西武)まで噂に上りました。

阪神はなぜか補強が下手。国内外のFA選手への打診交渉は遅い。新人発掘の目もない。これといった力がないGMのもとで編成力が頼りない。ドラフト一位で取った投手陣で白仁田寛和、簫一傑はすでに戦力外で放出、二神一人はケガ続き、昨年の岩貞祐太はこれからか。

それでもフアンは、いそいそと球場に足を運び、六甲おろしを歌ったり、TVの前で一喜一憂したりしてタイガースを愛しています。閑人の願いは、初めて日本一になった1985年の喜びを今一度味わいたいことです。

当時、まだ現役で仕事をしていました。たまたま新聞編集の硬派面(国内外の政治、経済や重要話題をおもに扱う面)の担当デスクをしていました。タイガースがリーグ優勝した夜も、、その後の日本シリーズ優勝決定日にも紙面つくりでかかわりました。

プロ野球のリーグ優勝したチームが一面のトップを飾ったのは、おそらくは初めてのことだったでしょう。当時の新聞界では相当異例というか邪道な扱いとみる向きもいたころです。いくら人気があるとはいえ、たかが野球の話じゃないか、という空気がありました。いまは、そんな空気はないようですので、堂々と一面トップを飾るでしょう。今一度、優勝記事を見たいものですね。

ことしからユニフォームを一新、昔の白やグレイ地にタテジマ模様に戻るとのことです。右がホーム用、左がビジター用。
気分も一新して、ガンバってや。

hannshinn.jpg


(タイガース公式HPから引用)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる