脅威を煽る安保法案

アベ一派がごり押しで進めている安保「違憲」法案は、その必要性の根拠に、北朝鮮、中国の脅威をあげています。

あたかも明日にでも北朝鮮のミサイルが飛んだ来たり、中国軍が先島諸島に上陸してくるかのように危機感を喧伝しています。またホルムズ海峡に機雷がバラまかれるかのように国民を脅しています。

この国をハンドラ―*1しているアメリカは、そこまで情勢が瀬戸際化しているとは思っていないようです。しかし、アベ一派がしゃかりきになって軍備増強に走りたがっているのは、アメリカにとっては安全保障上まことに都合がいいことにちがいありません。好んで米軍の指揮下に入り、パシリをやりたがっているのですから、アメリカが拒むことはない、お手並み拝見というところでしょう。

こういう危機感をあおるモノ言いが、この国を風靡したことを忘れません。1950年代からソビエト連邦が崩壊、冷戦が終わる90年代までの間、この国では政治、経済、社会のすみずみまで「対ソ脅威」の言説が大手を振っていました。善悪の基準や価値判断のすべてが、対ソ脅威にかかわるかどうか、にありました。

共産主義、社会主義についての支持を語れば、学生は就職が難しく、従業員は職場では冷や飯を食らわされたり、異端視されたり、あげく職を失うことさえ茶飯事でした。

いわゆる「ソ連の脅威」論です。ところが太田述正なる防衛省のキャリアで、大臣官房審議官までつとめた人物が、退任後のテレビ番組*2で「ソ連の脅威論、あれって防衛省の捏造でした。事実はそうでなかった」とあっさり暴露してしまいました。

なんで脅威論を煽ったかというと、「だれも損をしなかった」といい、脅威論を唱えている方がアメリカの覚えがめでたく、かつ国内的にも(人員増強や装備強化などの)予算を獲得するのに都合がよかったことを認めていました。ソ連軍の極東部隊は手薄で、じっさいには脅威ではなかったというのです。

このような証言に照らすと、いまアベ一派が煽っている周辺諸国の脅威論についても、事実を歪曲したり、でっち上げの部分が多いのだろうと勘繰ります。国民に明るみにしたくないすべての事柄を特定秘密とする秘密保護法をつくっているんで、なおさらです。

周辺危機を煽り、軍備強化を図れば、盟主アメリカは大いに喜ぶし、軍需関連産業は大いに潤うし、株高になるし、国策批判の言論を封じられるし、国民は都合よく統制しやすくなる、、、太田述正の言う通り「だれも損をしない」からです。

ただ、太田述正のような元防衛官僚のアタマには、その結果、言論の自由や基本的人権が損なわれ、苦痛を強いられた国民がいたことに何の反省もありません。国策に従ったまでという印象です。「損をしない」なかに国民が含まれていないことに気づいていません。おそるべき役人根性です。

アベ一派は過去の侵略や慰安婦問題など歴史認識をごまかし、靖国神社を参拝したりして、北朝鮮や中国を刺激し続けています。世論を都合よく誘導するために、わざわざ外に大きな脅威があるとフレームアップして、内を固めようというのは、時代錯誤の手法です。

アベ一派のやっていることは、他人の足を踏んだ側が、踏まれて痛がる側に誠実な謝罪をしないで、逆に凄んでみせる構図です。何度でも頭を垂れて、お詫びをすれば済む話を、ややこしくして、さらにいつでも踏みやすいように重く頑丈な靴に履き変えようとしているわけですから、踏まれた側が用心深く、警戒するのは、当たり前の話です。ケリをつけるのは踏んだ側にあります。

目には目、歯には歯を剥く力による安全保障施策には、キリがないからです。そのことがよーくわかっているから憲法9条が生まれた。330万人の国民が亡くなり、山河が焦土と化した敗戦の教訓から生まれた尊い知恵です。「違憲法案」とともにアベ一派の退場を迫りましょう。


*1: ハンドラ―というのは、もともとは犬や馬の調教師のこと。ジャパン・ハンドラ―というのは、政治や金融面で日本政府の中枢を操る米国の一部の要人たち。孫崎亨のブログ「晴耕雨読」にも例が表示されています。http://sun.ap.teacup.com/souun/4221.html

*2:太田述正のブログ http://www.ohtan.net/video/takajin20071104.html
「ソ連脅威論は冷戦時代の大嘘でした」 たかじんのそこまで言って委員会

庭の植物たち

梅雨のさなか、庭の植えたアサガオやゴウヤが順調に育っています。

人には時に苦痛でもある湿気や蒸し暑さというのが、植物には都合がいいんだろう。、生命力の強さという点では、人は植物よりも劣るかもしれない。よくゴキブリは人が滅んでも、生き残るだろうといわれますが、植物といい動物といい、その生きる力の強靭なのには驚かされます。人は生物として盛んであるのは、やはり知力の賜物なんだろう。

「桜切るバカ。梅切らぬバカ」といいます。桜は幹が腐食しやすいので、ヘタに切ると枯らすそうです。梅は剪定に強く、また新枝に花を咲かし実をつけるので、切るのは推奨されています。

ところで,引っ越し記念、孫娘の入学記念のつもりで桜の苗木を庭の隅にうえたところ、一年で二倍半ほど大きくなりました。その成長力のすごさから、桜は大木になり、根が張りすぎて、いずれ手に負えなくなる。また毛虫がつきやすいという話を聞いて、一週間前に掘り起こして、大きな鉢に移植しました。

腐葉土、鹿沼土、赤玉土をうまく配合した鉢土に移植したのに、いまのところ葉は枯れてゆくばかり。ほんとに根づいたのかどうかわからず心配です。ちゃんちゃんと水を吸い上げて、緑の葉に戻ってほしいものです。下のが枯れ始めた桜。

P1030890.jpg


アサガオはすでに青い花、赤い花を毎朝つけています。ほかにも紺青と赤白マダラの花があるはずなんですが、それらはまだ咲かない。ちゃんとタネを採取するとき区別しておかないとね、なにがなんだかわからないままタネまきしましたからね。手前の鉢はポーチュラカを植えています。ゼラニュウームとポーチュラカは真夏でも咲つづけますね。

P1030891.jpg


細長い畑には、キュウリ、ナス、トマト、ブロッコリ、ネギ、青菜、メロンなどがぎっしり植えられています。どれも入り乱れて成長していますよ。

P1030893.jpg

緑のカーテン用に植えたゴウヤ五本は競うようにネットを這い上がっていきました。もういくつも花をつけるまでになりましたから、今夏はゴウヤチャンブルをたくさんたべなくっちゃね。このゴウヤとアサガオは今夏も緑濃いいい日よけになってくれることでしょう。

P1030892.jpg

庭の縁にそって、いろんな花が咲いています。きれいなときに見てもらいましょう。

安保法制案 潮目が変わった

うっとしい梅雨空を晴らす、面白いオウンゴールのようなことがありましたね。笑っちゃいました。もっとも、明るい笑いではありませんが、、、。

4日に開かれた衆院憲法審査会でのことです。自民・公明,次世代が推薦した憲法学者が、いま国会で審議中の「安保法制案」について、「憲法違反」だとはっきり明言しました。他の野党推薦と合わせて、参考人全員が「憲法違反」だと断じる結果となりましたね。*1

CGseYpkVAAAnVJ4.jpg


こうした場合、与党側は通常、自らの法案におもいっきりヨイショしてくれる御用学者、おべっか有識者を参考人に呼ぶのが、まあ、決まりです。そのうえで公聴会のようなかたちを開くのは民主的な手順を踏んだというアリバイつくりです。

ですから、連れてきた陳述人が自分たちの言い分に真っ向から反対するなんてことは、予想していないことです。少年マンガのサビ部分で突如、意外な展開となったような面白さです。自民の審査会会長はメガネ越しの白い目をむき、自・公・次世代と役人たちは慌てふためいて言い訳をし、憲法学者を貶め、アベ・スガの官邸は激怒、つじつま合わぬ弁明に追われ、炎上したのもむべなるかなです。

なんですねえ、サッカー選手が誤って自陣にボールを蹴りこんで相手チームに点を与えたようなものです。ただし、オウンゴールと見るのは、与野党の思惑であって、当の憲法学者にしたら、アベ政権に断固としておもねらず、学問上の正しい論理を説明した信念の発言でしょう。アベよ、アベよとなびくマスコミ、評論家、時流にのる売文センセイたち、TVコメンテイターたちへ時宜にあった明解なお手本を示しました。

安保法制案について与党の本音は、野党や世論はうじゃうじゃ言ってるが、どうせ審議を十分重ねたとして、強行採決すればいいと腹ン中で思っているから、憲法学者のちゃんとした立ち位置まではチェックしなかったのだろう。傲慢の果ての大失敗です。安保関連法制を案じる多くの国民にとって、力強い贈り物となりました。

憲法学者ならずとも、アメリカの戦争を買って出て、地球の裏側まで自衛隊を派遣し、国民が血を流すこともありうるというような物騒な内容の安保法案が、憲法違反だということは、ちょっとマトモな頭の持ち主ならだれでもわかることです。

憲法9条は、それ自体がこの国の平和主義を宣言しています。世界に誇り高い平和憲法と言われています。9条の骨子はこうです。
一、戦争放棄      (争いの解決を永久に武力で行いません)
二、戦力の不保持   (そのため陸海空軍を持ちません)
三、交戦権否認     (ですから戦争する権限を持ちません)

素直に読めば、まさしく平和主義に徹した内容なんですが、それでも歴代政府は、9条は「自衛のための最小限の実力」をもつことを認めていると解釈してきました。攻め込まれることがあれば自衛のために戦う(個別的自衛権)ことは許されるという「専守防衛」路線です。対ソ脅威の東西冷戦下にあったアメリカからの外圧と自主軍隊を持ちたい自民政府がすり合わせて生まれた妥協の産物です。これとても相当,ムリな解釈でした。

いまや20数万人にのぼる陸海空の兵員、戦闘機や戦車、イージス艦まで保持しながら、それでも軍隊ではないと言い張っているのは、無理に無理をかさねているのです。とはいえ、まだ9条の枠内を意識した抑制がありました。これ以上に拡大解釈するのは、いくらなんでも限界とするのが国民の一致した見解でありましょう。どうしても、やりたければ正面から改憲の道筋を踏まえるべしというのも国民の共通理解だと思います。

ところが、アベは昨秋ごろから国会で改憲が無理とわかるや、憲法解釈を閣議決定だけで変更し、アメリカどころか他国の戦争にも一緒に戦う(集団的自衛権の行使)まで可能としようと画策、国会での法案提出よりも先にアメリカで夏までに成立させると約束してくるような傍若無人な暴走しています。どこの国のトップが自国民より先に他国の国益優先のために法制の大転換を約束しますか。バカさ加減に呆れる話です。

このようなアベの一大妄想を託した安保法案が、憲法学者全員で違憲とみなされたわけです。当たり前の話ですが、事前に違憲と認識された法律を作れるわけがありません。*2

アベのアタマには、祖父岸信介コンプレックスに取りつかれた妄想しかないようです。現憲法が占領軍アメリカに[押し付けられた」と認識して、戦前回帰の自主憲法を作ろう、その際には海外ににらみを利かす軍事大国を可能にするフリーハンドを組み込んでおきたいというトンデモナイ願望から生まれたのでしょう。

アベは、自身のような未熟モノが間違って二度も首相の座につけるという政治的状況をよく考えもしていないようだ。現行の衆参両院の指名選挙で首相が決まるという仕組みは、そもそもアベが嫌がる「押し付けられた」現憲法のおかげだということが理解されていないらしい。*3 世が世であれば、天皇の「大命降下」でしか首相になれないのだから。

敗戦の結果、この国が取り入れた政治・経済・社会改革がすべてアメリカから「押し付けられた」から再改革しなければならないという道理はない。大日本帝国を復元しますか。「大命降下」に戻しますか。皇軍を再編しますか。「押し付けられた」基本的人権の尊重やめますか、男女平等やめますか、普通選挙やめますか。主権在民をやめますか。いいものはいいのです。

憲法学者たちの明白な違憲判断が伝えられてから、安保法制論議の潮目が変わった。お墨つきをもらって、やっと弾みがつく情けない野党はじめマスコミも安保法制案ハンタイのボルテージが高まった。結束が強まった。このままではアベの強硬策を見て見ないふりをしているアメリカに対しても、反米の空気が高まるかもしれない。

アベは祖父岸信介と同じようにハンタイ、ハンタイの渦のなかで強行採決を図り、同じように辞任するつもりなのか。*4 隷従するアメリカへの風当たりが強まるまえに 強行採決をやめて、自ら辞任する道を選ぶときですね。アメリカはアメリカの国益にややこしいトラブルを持ち込む為政者に対しては、冷たいですよ。

*1:2015年6月5日付け朝日新聞電子版 「戦争参加するなら戦争法、集団的自衛権範囲不明瞭」憲法審査会 学者指摘。および毎日新聞電子版「安保法制は憲法違反」参考人全員が批判。
*2:憲法98条 憲法の最高優位性を規定。違憲の法令等は無効。
*3:憲法67条 内閣総理大臣の指名選挙 (旧憲法にはない規定)
*4:岸信介   太平洋戦争開戦時の商工大臣、A級戦犯。放免されて政界に復帰。60年安保、野党を議会に入れずに新安保            条約を強行採決。そのあと退陣。
ウイキペディア  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E4%BF%A1%E4%BB%8B

  (写真はGoogle引用)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる