大阪を覆う維新の暗雲

大阪維新が知事・市長選で2勝しました。
各紙の世論調査どおりの展開です。
大阪の地方政治が正常化する機会が再び遠くなりました。
まともな福祉や教育や経済の活性化などをそっちのけで、再び無意味な制度論に明け暮れることでしょう。

知事と市長が同類なのは、前任者と同じパターンですから、実質敵には何も変わりがありません。大阪維新の連中が府会・市議会で過半数を割っている現状からみて、大阪維新が再度チャレンジした「大阪都構想」なるものは、実現不可能でしょう。こんご日和見の公明党を大阪維新がいかにうまく取り込むか、それしか議会での賛成、可決はありえない現況です。

32億円。巨額のカネをかけて 住民投票としては最大規模の「都構想是非の住民投票」が、わずか半年まえに決着がついているのに、再び持ち出すのは、いくら民主主義が寛容であっても、普通の人の感覚なら、言いださないものです。

だいたい、言い出し兵衛は屈辱を噛みしめ、恥ずかしくて、言いだせないと思われることですが、そこのところをカエルの面になんとやらふうに、平然と言うところにハシモトの偏執的な異常さを感じます。衆人環視のもとで「串カツの二度づけ」を平気でやるような神経です。

京大の藤井聡教授は、よそからみれば、大阪人は「振り込め詐欺」にかかったようなものだと言っています。人気取りのためならウソでも騙しでもなんでもやるデマゴギストであるハシモトは、大阪人の持つ東京コンプレックスを巧妙に刺激して、ファンタジーを夢みさせているとも論評しています。*1

「大阪都構想」という内実は、堺市長選で維新候補が敗れた2年まえに終わっています。「都内」にほぼ府県と同格の政令都市(堺)を抱える都というのは、あり得ないからです。

維新の言う都構想は、単に大阪市内24区を5分割して特別区を作り、大阪市を解体する案にすぎないのです。本来ならマスコミは「大阪市解体案」というべきところを「都構想」というハシモト用語を使い、結果的に大阪維新の策にのっています。

そんな実体を東京都と並ぶ「大阪都」と思わせて、期待感を持たせるのがハシモトのデマゴギストのゆえんであり、それにのってしまう大阪人の東京コンプレックスがあるという仮説です。哲学者、適菜収さんは、ハシモトの言ってることは、「これぞ戦後最大の詐欺である」と題して論駁しています。*2 

それにしても半年前に「住民投票」で「大阪都構想」を否定した大阪市民が、ころっと真逆の判断をしています。こうなると、向こう半年先にまた変わる可能性を意味しています。

選挙制度に表れる「民意」というのは、賞味期限が極端に短いようです。その日限りと思えるほどです。はかなく頼りなく,そのつど消化されてしまうものであることを物語っています。有権者というのは、そんなにも定見を持たないでおられるものなのか。

*1 http://www.mag2.com/p/money/6401
    大阪人はなぜ「維新」に惹かれるか~橋下徹の東京コンプレックス戦略=藤井聡

*2http://www.dailyshincho.jp/article/2015/04230900/
 『デイリー新潮』 
 これぞ戦後最大の詐欺である 
 適菜収(作家、哲学者)+本誌取材班――特集 「大阪都構想」の大嘘               

維新, IS, 辺野古、メダカ、

選挙戦さなかの大阪知事・市長選での世論動向調査が、各紙で出そろいました。結果は驚くことに、知事選ではマツイが優位、市長選ではヨシムラがリードとのこと、維新勢の2勝が予想されています。なんとも不愉快な現象です。大阪の選挙風土はほんと異質。全国ではとうに賞味期限切れのハシモト催眠商法にまだ酔っているようです。

イスラム国(IS)の暴虐が繰り返されています。報復の連鎖は、状況をより悪化させる一方です。元はといえば、アメリカのイラク叩きがアルカイダを生み、アフガンのアルカイダ追討がISを生んだ。アメリカの正義が、新たな敵意や憎悪を再生産して、エンドレスになっています。特攻隊にあやかったような自爆作戦に歯止めをかけるのはむずかしい。

辺野古への基地移設計画は、国と沖縄県の提訴争いになっています。辺野古案にこだわっているのは、米国ではなく、ほかならぬ日本政府です。空中戦での相互確証破壊の今、軍事戦略的にいえば、米軍が沖縄に居ても抑止力にはならない。アメリカの袖を引いているのは血の同盟ぶりを示威したいアベ政権とジェネコンでしょう。

メダカの飼育はむずかしい。販売の人は、なにより水質の安定ですと教えてくれます。しかし、メダカが好む水質となると、見当がつかない。死なせては、買いに行く。メダカには悲しい思いをさせています。今夏から三度目です。メダカに白、青、黒、姫メダカがあり、なにやら雅趣に富んだ名前をつけられ、一尾、万円のモノが売られているとは!!

維新政治は、もういらん

自宅にポスティングされたチラシを見て仰天しました。
共産党大阪府委員会が知事・市長選にむけて出したたチラシです。自民党の広報チラシと見まごうばかりに無所属(自民党系)候補をおもいっきり支援する内容です。

仇敵、犬猿の仲の自民党系候補に対して、支持も推薦もしていない共産党が全面的にエールを送っています。もう一つの宿敵、大阪維新の会をたたきつぶすため、自主支援というかたちをとった高等戦術でしょう。

CSYJLObUYAA12yh.jpg


このチラシには写っていませんが、表面の上段には「くりはらさん、柳本さんといっしょに 維新政治を終わらせ まっとうな大阪に!」との大きな見出しが躍っています。赤地に白抜きの目立つ文字です。

その下に知事候補の「くりはら貴子さん」と市長候補の「柳本あきらさん」の特大の顔写真が並び、経歴と決意表明が紹介されています。

裏面も一貫しています。
「大阪をムチャクチャにした維新政治はもういらん!」。これまた大文字でのキャッチコピーが目を引きます。

「子ども、お年寄り、中小企業が泣いた維新府政」、
「32億円つかって結論がでたのに、また『大阪都』? ええかげんにして」、
「『身を切る改革』のデタラメぶりは、ほんまにひどい」
の3本柱について個別具体的な事例をあげて維新政治を糾弾しています。

中央政界でのアベ自民党は最悪の政権です。原発再稼働、TPP促進、秘密保護法、憲法解釈変更、強行採決、戦争法案、、、、「国民の平和と安全を守る」といいながら、その危険な縁に国民の暮らしと命を誘導している極右内閣です。

それを地方から支える自民系候補というのは、共産党にとって本来なら受け入れがたいことですが、共産党は実に現実的な対応を打ち出しました。ちなみに共産党大阪府委員会のホームページにも両候補を紹介してました。*1 ここまで徹底してやるか、感慨さえ浮かびます。

自民と大阪維新の会を並べてみて、当面の敵をたたく優先順位を大阪維新の会に決めたと思われます。知事選に独自候補を出さないのは56年ぶりとの決断です。覚悟が込められています。大阪維新の会が主導する府政、市政に見るべきものはありません。

ハシモト政治は民主社会の根幹にかかわる思想、言論の自由を平気で封殺する恐るべきファッシズム政治です。さらにその立ち位置は、アベ政権の別働隊であります。この芽が大阪中心から大きくならないうちに一掃することが喫緊の課題です。

従来からいろいろな選挙で、共産党は独自の候補者を立てて、独自の戦いで党勢拡大だけがお目当てのような選挙戦を行い、いたずらに死票を積み上げてきました。このやり方は潔いのですが、結果として保守候補に対する利敵行為となっていました。

前回の大阪市長選あたりから、各地の選挙で敢えて独自候補を立てず、他候補につくことによって当面の政策展開を図れるのなら迂回戦術をとるという柔軟な姿勢を打ち出しています。まあ、言ってみれば二兎は追えませんので、順々にという作戦でしょう。

閑人は当然の対策だと考えています。さあ、大阪から維新は退場してもらいましょう。


*1 共産党大阪府委員会のHP http://www.jcp-osaka.jp/osaka_now/2568

追記 8日付け毎日新聞朝刊府下版によると、知事候補の横顔が紹介されていました。大阪維新の松井一郎は論外ですが、くりはら貴子さんは「自民党の政調会長、稲田朋美さんや片山さつきさんに憧れている」そうだ。こりゃ、だめだ。イナダなんて極右自民党のなかでも突出した最右翼じゃないか。こんな人物に憧れるような政治信条の人というのなら支持できない。が、さりとて、松井というわけにもいかないし、、、。

(写真はGoogle画像検索から引用)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる