惨状! 後追い新聞

またか、という思いですね。
あまりにと言うか、アマリ大臣に浮上した汚い「政治とカネ」の問題ですが、それだけではありません。

またか。その強い思いは、黒いカネをスクープしたのが週刊誌であったことにあります。パンツ大臣疑惑も、そうでした。週刊誌のスクープといってもベッキーの横恋慕やSMAPの分裂騒動劇のことなんか、どうでもいいのです。いまや政界の闇を暴くのも週刊誌か、という感慨です。

20160121170806.jpg


週刊誌の伝える通りであれば、これは絵に描いたような「政治資金規正法」と「あっせん取得処罰法」違反。古典的な口利き汚職の罪ですから、東京地検特捜部がおっとり刀で駆けつける筋合いの事件です。
 
閑人のような新聞社でメシを食ってきたものには、今日のような覇気のない、だらしない新聞の体たらくには、がく然とします。ジャーナリズムの中心にあった新聞は、どうなってしまったのか。もう長く新聞が目を見張るようなスクープを放ったのを見たことがない*1。世の中の不祥事、政財界の巨悪を暴かなくなった新聞は、歌を忘れたカナリア、世間から見放されててもやむ得ません。

スクープには当然、優れた取材力が必須ですが、それ以上に大切なことは、媒体が情報提供者から信頼されているということです。それがないとスクープに結びつくタレこみ(情報提供)はえられません。つまり、取材力と信頼と、その両輪さえ、お株を週刊誌に奪われているという現状を悲しみます。

近年はとくに「軽減税率」などというまやかし表現を受け入れて、たった2%の税率をまけてもらうために政権の顔色を窺っています。中、高校生にもわかる見え見えの政権側のマスコミ懐柔策にのせられて、まっとうな政権批判さえ行いません。

新聞幹部たちは戦前、道を誤った新聞史だったという反省が身についていないようです。当時、軍部に口封じをされたのは事実でもありますが、その一方で誤った国策を暴走する軍部に積極的に擦り寄り、発行部数の拡張競争に狂奔したのも事実です。

新聞の役割のイロハにあるのは、権力の監視です。世の中に潜む不正や不実を暴くことです。その監視の目が回り回って世の中をよりよく明るい住みやすい社会へ寄与するというのがマスコミの大義です。政権側に都合がいい情報の垂れ流しなら、広報誌かチラシにすぎません。

紙面の片隅にある「首相日々」欄にしょっちゅう新聞社や放送局幹部がアベやスガと会食しているメモが載ります。こんな無様な供応をマスコミ幹部が公然と受けて恥じないのです。

最近では政権ヨイショ派の読売、産経、日経とNHK幹部だけが出席している会食もあります。政権側は、情報のリーク先を選別することでもってマスコミをゆさぶっているようです。新聞側に矜持も覚悟もありません。

(写真はGoogle画像検索から引用)

*1 暦年の新聞協会賞の編集部門はスクープ報道が受賞しますが、2001年いらい政界の闇をえぐったスクープはめったびありません。以下の3件くらいが目立ちます。

2010年 大阪地検特捜部検事による押収物ねつ造事件(朝日新聞)
 〃      核密約文書、佐藤元首相邸で存在、初確認(読売新聞)
2014年 猪瀬・東京都知事が徳州会から5000万円受け取った事件(朝日新聞)

人口減は悪いのか

孫娘も迎えたことしの成人式でした。例年、式場内外で傍若無人に暴れるバカがいますが、ことしは少なくて、おめでたいことでした。若者は冷静なのに、いいトシをした千葉県・浦安市の市長が、新成人へのあいさつのなかで、奇怪な熱弁をふるってました。*1

いわく「日本産婦人科学会のデ―タでは、出産適齢期というのは、18歳から26歳だから、若い皆さんに大いに期待したい」と出産の奨励を煽りました。その後の記者会見では、「産まなければ人口が増えない。率直な思いだ。超高齢化を支え切れない」とあいさつの真意を補足しています。

この談話に引き合いに出された日本産婦人科学会が、直ちに「出産適齢期を定義したデータはない」とあっさり否定しています。*2 

閑人は、この国に少子・高齢化が進んでいることは認めますが、少子、つまり人口が減ることが、なんでそんなに危機的なのか、そして、生む生まぬといった女性の生き方にまで地方自治体の首長が口出しするのか、そこらへんが理解に苦します。

人口減を懸念する言説のほとんどは、人を生産の担い手、つまり働き手と見る視点から出ています。働き手が少なくなることで、いまある産業構造や経済成長を支えきれない、経済成長がマイナスになれば、国力なり社会なりが活力を失い、衰退するというものです。人口減を経済活動とからめて心配するのが特徴です。

人口減という現象は、生産者も経るけれど、同時に消費者、利用者も経るわけです。たとえば、月産1万台の自動車会社が500人の従業員で生産しているとすれば、月産500台、従業員250人に半減すればいいわけです。月産1万台を維持、あるいは、さらに月産を伸ばしたいとするから、人口減は困ると考えているのです。飯を食べる人が減れば、産米量を減らせば済みます。

そんなことでは経済成長がマイナスになる、国際競争力が劣ると主張する人は、大量生産、大量消費で成り立つ経済成長の右肩上がり神話を信じているのです。器に合わしてモノを作れば、いいのであって、器に盛り切れないものをたくさん作ることで、経済活動が活況だ、GDPアップだと考える経済成長はもう不必要だと考えます。人口の縮小段階に応じた生産活動をすればいい。大きく言えば地球環境の悪化も食い止められるのです。

目を転じて見ると、世界に約200カ国もありますが、国別人口ランキングでは、日本は11位。実に1億2000万人もいます。1億を超えているのは12カ国に過ぎないから、日本が人口不足というのは決して当たらない話です。*3

一方、経済活動の大きな指標とされるGDP(国内総生産)は、米中に次いで堂々の3位。独英仏がそのあとに続きますから、日本はいまも経済大国であることに変わりありません。*4

しかし、二つの統計が示しているのは、人口大国イコール経済大国ではないことです。人口トップテンとGDPトップテンが重なるのは、米中伯露の四カ国にすぎません。そのうち中伯露は、BRICsといわれる新興経済国。10位内のインド、インドネシア、パキスタン、ナイジェリア、バングデッシュはまだ開発途上国です。先進国扱いは米とメキシコの二カ国にすぎません。人口が多いことは必ずしもお金持ち国でないということです。
 
ヨーロッパ文明と文化を支える英仏伊は、人口では日本の6割程度、独がやっと7割くらいです。社会保障が行き届いていると評価される北欧のデンマーク、スウェーデン,ノルウエー、フィンランドの4カ国にいたっては、いずれも人口1千万人にも満たないのです。

国連が各国の国民の幸福度調査:*5というヘンな調査を3年来、公表していますが、調査対象国158か国のうち、日本は46位です。、、、、へンというのは、こうしたメンタルな側面を数値化するのは、難しいと思うからですが、、、、それでもトップテンには北欧の4カ国やスイス、カナダ、アイスランド、ニュージ―ランドなどが入っています。なるほどと思う国々です。人口大国でも経済大国でもない国々なのが意味深いところです。

閑人の考えるところでは、日本の人口問題は、実際には年齢構成問題、そして偏在問題です。後者は東京一極集中と地方の過疎化で一目瞭然です。

前者は、少子高齢化です。浦安市長はじめ、かつて「女は産む機械」と評した柳沢元厚労大臣*6や「産まなくなったババアほど役に立たないものはない」とほざいた石原元東京都知事*7たちの妄言が、これです。政財界に多い危惧感の元も、これだと思います。彼らは国民をニワトリとおなじように見て、廃鶏か、卵を生む鶏かとしか見ていないのです。

日本が急速に高齢化社会になることくらい、とうにわかっていたことです。地震や噴火と違って人口予想は未来予想でもっとも確定度が高い予想です。年齢構成を見れば、何十年先まで簡単にわかるからです。

一方で国民が少子出産している理由は山ほどあります。その様々な障壁を解消する施策を怠ってきて、いまさら出産奨励を煽るのは不見識です。高齢社会に伴う衣食住全般にかかわる介護問題を、政治家は票にならないから軽視し、国は、それならと不作為を続けていたのです。

幸福度が高いとされる北欧では医療費は無料、保育・幼稚園から大学院までの教育費も無料、介護福祉施設は行きと届き、労働時間も短いです。出産奨励を言う前に子育て環境が整えられれば自ずから道は開かれます。

消費税10%アップ分は全額、社会保障へという公約を平気で破り、増税増収分にぴったり見合う額で大きな企業の法人税減額分をカバーするという方針です。こんなウソをつく国に対して、国民が子どもを多く生まないのは、まったく正当な生きる知恵です。生む生まないは、最終的には女性が決めること、権力者が煽るとロクなことがありません。

アベあたりが最近強調する人口問題発言には、富国強兵信仰が下敷きにあり、将来の「わが軍」の成り手不足を懸念している節もあって、油断なりません。戦前、「産めよ増やせよ政策」を国策にし、結婚年齢を3歳下げて、子どもは5人産めと奨励、将来の兵隊予備軍をつくる多産家庭を「子宝部隊」と国が表彰した歴史がある国です。*8

*1 1月11日 毎日新聞電子版
     http://mainichi.jp/articles/20160112/k00/00m/040/037000c .

*2 1月14日 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ1G72LLJ1GUBQU00H.html

*3 世界の経済 統計情報サイト
    http://www.globalnote.jp/post-1555.html 

*4 GLOBAL NOTE
  http://www.globalnote.jp/post-1555.html 

*5 【世界幸福度ランキング2015発表!】世界で一番幸せな国は?日本は何位?
    http://fundo.jp/27459

*6 柳澤厚生労働大臣「女性は産む機械」発言
   http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20100112/105511/

*7  ババア発言
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%90%E3%82%A2%E7%99%BA%E8%A8%80

*8  出産強制の歴史
http://www.tanken.com/umeyo.html


ことしもよろしく

おめでとうございます。
ことしも閑人の閑話を読んでくださり、ありがとうございます。
たまに読んでますよ、と声をかけられることがありますと、とても嬉しくなります。

さて、年頭ですから、なにかいい話をと思いめぐらせましたが、そもそも、こんなに長生きしていますと、身辺のたいていのことには、もうメリハリがなくなっています。

「めでたさも ちゅう位なり おらが春」(一茶)*1ですね。元旦は風のようにやってきて、風のように去ってゆくだけです。

と言ってしまっては、なんですから、ささやかなエピソードを三つばかり。

その1 飼っている文鳥が正月に卵を一つ生みました。
昨年も、この季節でした。
飼い出して三年ちょっと、雛のときには3時間置きの給餌をして、大切に育てた白文鳥です。
お店でも雌雄がわからないというのを承知で育てていましたので、卵を生んだときは驚きました。
メスだったのです。

いわゆる一羽飼いですから、無精卵で孵ることはありません。
なんだか春から縁起がいい兆候かなと思いたくもあり、そうでもないと思ったり。
なぜなら、昨年は産卵でびっくりしたあと、病気で入院したのですから。

その2 カミさんが、初買い物から帰り、「当たった、当たった」と言っています。何に当たったのか。買い物先のスーパーの抽選で、金券3000円が当たったと言ってます。年末の買い物でレシートが5000円以上なら、年初に一回抽選ができて、金券が当たるというイベントがあったのです。この手のものには、ついぞ無縁でしたので、ラッキーといったところかな。

その3 孫娘が成人式を迎えます。自分の人生のことよりも、成長の過程がよくわかっています。なにしろ赤ん坊のときから、ずっと育ちぶりを見聞きしていますので、ひとしを感懐があります。こうして若い人はみんな新しいページを開きますが、閑人のような年輩者のページは否応なくめくられて、世代が交代してゆくわけです。

かつて中年のころ、職場に自分の子どもと同い年の新入社員が入ってきたときにも、ああ、人生の峠を越えた、という感懐にとらわれたものです。

*1 http://www.sogi.co.jp/sub/sinmon/aoki30.htm
 『SOGI』133号 青木新門 
「ちゅう位」と いうのは、信濃地方の方言で「中途半端な」、「あいまいな」という意で、大中小の中ではないそうです。閑人はずっと中くらいと思ってました。

(お帰りの際、”拍手”を押して下さい。励みになります)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる