サクラ咲く

sakura1.jpg

庭でサクラが二輪咲きました。
3月30日の朝のことです。

二年前に引っ越しした際、ちょうど孫娘が大学に進学したこともあり、その記念にとソメイヨシノの苗木を植えました。
サクラの成長は早く、わずか一年間で二メートル近くまで背が伸びました。

この調子で伸びると、狭い庭に根を張る大木になりそうになったので、根から掘り起こし、大きめの鉢に移植していました。植え替えてからは、うまく根づくかどうか、枝葉が生きているかどうか、ずっと心配しながら二年目の春を迎えてました。

見た目には、とても血が通っていない、つまり、枯れた枝もありますが、一方では二、三の枝には3月のはじめころから、小さな葉芽が出現して、期待が膨らんでいました。

咲いた二輪は、夕方までに花弁を満開させました。幸い暖かな日差しだったので、誠に素直に淡い紅色の花を広げました。翌日は、さらに一輪咲きました。

sakura2.jpg


枯れたと思われる枝と一つの樹です。それなのに、生きている部分と枯れている部分がはきっり見えて面白い。どうしてこんな差が起きるのかな。日当たりのせいか。こういう植物の生態について、長く生きてきたのに、なんにも知らない。

ソメイヨシノは、通説らしいですが、江戸の末期にオオシマザクラとエドヒガンサクラを交配して生まれた雑種。実生で生育しない園芸種だから、全国各地のソメイヨシノはすべて遺伝子が同じクローンの挿し木だそうだ。

そうだとすれば、散る桜 残る桜も 散る桜 と詠んだ良寛?が見たサクラや西行や在原業平が見上げたサクラは、いま見ているサクラとは別種の違ったサクラだったことになります。

願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの もち月のころ    (西行)
世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし    (在原業平)

サクラが好まれるのは、その咲き方、散り方がパッと咲き、パッと散るので、古来から日本人の死生観、無常観とマッチするといわれていますが、本当かどうか。友人からのメールに「あと何回の桜?」とありました。サクラに重ねて、来し方行く末を思う気持ちがあらわれています。

サクラは確かに美しいけれども、モクレンもコブシもハナミズキも似たような開花と散り方をします。春の花は、おおむね似ています。

古来、日本人が好んだ花は梅と菊だといい、好んだ樹木はモミジやキリ(桐)だといいます。菊は皇室や皇族の紋章であり、いちばん格が高い。キリも硬貨や勲章などの紋章に使われていいます。サクラをいまのように特別な鑑賞樹木に持ちあげ、特別な精神的意味合いをもたせたのは、おそらく明治以降のことではないか。それ以前はもっとひっそりと山間に白い花を咲かせていて、一部の好事家に愛されていたのではないか。

いまのように花見が盛んになったのは、クローンで育成が簡単になって各地に広がった。それとともに、庶民の安直な物見遊山の場となり、満開を心待ちする気持ちがふつうになったに違いありません。

明治になって、新渡戸稲造がでっちあげた「武士道」のような精神主義的な観念がサクラ花の生態が似ています。つまり、天皇の
ために命を惜しまぬ忠誠心が富国強兵の精神的支柱とする国是となり、その精神鼓舞の風潮と歩みを重ねて、サクラの落花の風情を尚武の気風、潔きよさなどの美学と賞揚したからではないのかな、と考えたりします。

ちなみにサクラは大日本帝国海軍の紋章であり、いまも自衛隊や警察のような武力組織の分野では階級章に使われています。国民学校の校章にも採用されてました。

いずれにしろ、サクラにすれば知ったことじゃない世界で、日本人の独特な思い入れが醸成されて行ったと思うと、興味深いものです。「サクラサク」が入学試験の合格を伝える電報の文言だったのも、いまや昔語りとなりました。

頑張れ、金本阪神

プロ野球のぺナントレースが今夜から始まります。
金本阪神の船出が楽しみです。

wst1510190057-p1[1]


今年のストーブリーグでは、マエケンのメジャー移籍くらいしかビッグニュースはありませんでした。各球団の戦力に大きな変化はなかった。そのなかでも阪神は投打の要を手放しただけに戦力ダウンが大きい。金本采配が、それをカバーして力を発揮するかどうか、いちばんのポイントですね。

それにしても、残念なことに野球賭博、声出し祝儀、高校野球賭博などの不祥事がつぎつぎ明るみにでて、この世界の人たちは、世間の常識にそうとう疎いバカが多いことをさらしました。高校野球は教育の一環などいう高尚な精神は、身についていないようです。

こういう事態が起きても、みょうに納得するのは、連中は子どものころから野球漬け、成長の過程のそれぞれの時期でも、野球の上手さで、ずっとちやほやされてきたにちがいなく、まともな常識を身につける余裕がなかったからと合点します。

その意味では、アタマでっかちも同類です。中高一貫の進学校から東大法学部とか難易度の高い医学部というようなコースの人たちのなかにも言えることで、こちら側の人たちは、権力と金権への上昇志向ばかりが強く、少数派や社会的な弱者に冷たいところがあります。タコつぼ状態という点では、体力派も知能派も変わりありません。

いずれにせよ、相撲取りの世界がよく言うところの「心技体」の充実とか、学校教育の場で言うところの「知育、徳育、体育」のバランスを取るというのは、難しいものです。

それはさておき、オープン戦が終わり、我らのタイガースは、12球団の勝利率では一位となりました。勝ち数では、そう多くありませんが、引き分けが多く、率が上がりました。まあ、負けない、粘れることを立証したようなものです。幸先のいい出足です。なんせオープン戦の成績はけっこうペナントレースにも反映されていますからです。

金本阪神、いきなり優勝してほしいものです。ルーキー監督が優勝というのは、昨年のヤクルトの真中監督、西武の工藤監督 2012年の日本ハムの栗山監督といった具合に珍しくありません。不可能なことではありません。

沖縄キャンプで見た金本阪神は、オー・スンハンとマートンという投打の中心が抜けたあとを、攻める野球でカバーしようと、元気でした。投手陣では、復帰した藤川が先発をこなせそうだし、ドミニカ共和国から来たドリスがセットアップ、マテオが抑えとうまく回れば、昨年より厚みが出ます。

金本監督に期待したいのは、前任者のような消極的な野球をしてほしくないことです。
勝つために攻める野球を徹底させてほしい。
投手が好調なら5回とか100球で交代させるな。
走者に送りバントで進塁を図るような作戦を序盤からするな。
打ってつなぐスカッとした攻めに徹してほしい。
もっともっと果敢に盗塁を狙え、
ベテランに遠慮したり、個人記録に気配りをしすぎないこと。

オープン戦では高山が六大学野球でヒット数を塗り替えた安打製造機らしさの活躍でしたし、三年目の横田が持前の長打力を発揮しています。これに陽川もはつらつとしていました。若手に期待したいものですが、一昨年に伊藤、昨年の江越みたいに途中で息切れしてしまうかもしれない。

阪神は逸材をほんとの逸材に磨き上げるる養成力がありませんので、心配です。これまた一新されたコーチ陣の踏ん張りに期待したい。

閑人の期待する先発ベストメンバーは、こんなところです。
右端は、次善の代替選手。

1、高山(左)
2、上本(二)    西岡
3、鳥谷(遊)
4、ゴメス(一)
5、福留(右)    横田
6、ヘイグ(三)   今成
7、大和(中)    江越
8.投手
9、梅野(捕)    岡崎




追記 金本阪神は初陣を飾れませんでした。しかし、若手を起用、果敢に走る野球を見せました。
先発メンバーは、以下の通りでした。ヽ( ´_`)丿
新加入を3番まで並べ、打順を一新したのが新鮮でした。

1、高山(左)
2、横田(中)
3、ヘイグ(三)
4、福留(右)
5、ゴメス(一)
6、鳥谷(遊)
7、西岡(二)
8、岡崎(捕)
9、メッセンジャー(投)

(写真は、Google画像検索から引用)

経営者の思い上がり

経済人というか、財界人というか、この分野の人物たちは、ようするにカネ儲けしか頭にないのか、住民の生命や暮らしは、どうでもいいのかと思われる言動をすることが、このところ目立ちます。

正邪の判断が、時の権力者べったりであったり、利権へのこだわりだけであったりして、人間としての品格に悖ります。企業の社会的貢献ということをはき違えています。

企業経営者が、利潤追求にせっせと励み、そのために組織防衛に懸命になるのは、それが資本主義の原則ですから、当たり前のこととはいえ、その原則は、あくまで憲法はじめ各種の法令や公序良俗の範囲を守り、三権分立のシステムを尊重しながらの企業努力であります。法治国家の成員としての活動です。

ところが、連中の本性は、なりふり構わず、ただただカネ儲けしか頭にないことを示す発言を繰り返しました。国民多くの願いを蹂躙するような発言です。コトは、原発再稼働問題です。

先日、関西電力高浜原発3、4号機の運転差し止めを求めて住民が申し立てた仮処分について、大津地裁が差し止めを決定、運転停止となりました。

フクシマ原発事故いらい、国民の間には、原発への不信感、再稼働反対が拡散していますので、この判決を評価する方が、評価しない方よりも相当多くいると思われます。再稼働の是非を問う世論調査では、企業擁護新聞である日経はじめ、全国紙も地方紙もつねに再稼働反対が多いのです。*1

しかし、この判決についての財界人の発言は、ほとんど電力消費者、つまり国民への脅しであり、安全安心を求める国民の気持ちを逆なでするあくどいものです。

関西経済連合会の角和夫副会長(阪急電鉄会長) 「憤りを超えて怒りを覚えます」、「なぜ一地裁の裁判官によって、(原発を活用する)国のエネルギー政策に支障をきたすことが起こるのか」、「こういうことができないよう、速やかな法改正をのぞむ」。

森詳介会長(関電会長) 「値下げができなくなったことが関西経済に与える影響は小さくないと考えており、一日も早く不当な決定を取り消していただかなければならない」。

沖原隆宗副会長(三菱東京UFJ銀行特別顧問) 「理解できない」。
佐藤広士副会長(神戸製鋼所会長) 「(大津地裁のように)裁判がいろんなところで次々に起こり、電気の安定供給に不安が出てくるのではないかと懸念している」。

判決当日、関電幹部は、原発停止なら電力値上げもありうるとほのめかしたが、その後に撤回した。森会長は、「逆転勝訴したら、住民に損害賠償を求める訴訟を検討したい」とまで言い放っている。明らかにタチの悪いスラップ訴訟に言及する始末です。

スラップ訴訟というのは、政府や企業が、その権力、金力でもって、反対や批判する市民や弱者に言論封殺を狙って起こす損害賠償や名誉棄損の訴訟で、口封じの常套手段のこと、関電社長は、どこまで傲慢なことか。

フクシマいらい、原発について、国民はたくさんのことを学んだ。

原発は、今の科学技術水準からしても万全な装置ではないこと。
ひとたび事故を起こせば、取り返しのつかない子々孫々まで被害をもたらすこと。
そのため巨額の修復対策費用がかかり、それでも万全な原状回復はのぞめないこと。
結果として安価な電力でも安定的な電力でもないこと。
核燃料廃棄物を最終処理できる安全策がないこと。
地震列島、津波列島のこの国に不適切な発電装置であること。

経済界のの連中の発言は、裁判所が決定の理由に述べた「原発の安全への説明が十分尽くされていない」という観点からの反証ではありません。一般社会に広がる原発不安感を払しょくするものではありません。

彼らには、一地方裁判所ごときと見下した司法制度への軽視、電力費用の軽減ができなくなったとする不利益への感情的な不満が底意があります。その発言の裏には再稼働を推進するアベ政権への追従も見られます。

企業が司法不信を煽り、国民を恫喝してどうするのか。連中が、これほどまでに傲慢であるのなら、消費者であり、利用者である国民は、財界人たちの企業活動が生み出す、製品やツールについて不買・不利用でもって対抗するしか手段をもたない。

阪急には乗らない
関電の電気は買わない
三菱東京UFJには預金しない
神戸製鋼所の企業イメージは地に墜ちたとの笛を吹く

いま原発再稼働停止で憤懣をぶちまけている財界人たちが、本気で原発への全幅の信頼があるのだとしたら、おそるべき職業的錯誤に陥っているだろう。やむえない企業悪として多少でも煩悶しているのかどうか。

国民の命、生活や安全よりも企業優先というなら、それは戦前の軍国主義、あるいは北朝鮮の先軍国家と変わりがない。あなたたちは、死の商人なのですか。

*1 2016/2/29付日本経済新聞 朝刊
   http://www.nikkei.com/article/DGXKASFS28H1F_Y6A220C1PE8001/
   原発再稼働に反対6割 本社世論調査
   政府の復興対応「評価せず」52%

 

  

400ccの水

女優の大地真央さんは、毎朝起きぬけに、冷水400ccを飲みます。
新聞のTV番組紹介のプロフィル欄*1にのっていたのを読んで、
なぜか感心しました。
それを夜更けの布団の中で思い出しました。

水を大量に飲む。なんのためか。
それが元気の源だそうです。
その後にスムージーやスープや玄米ごはんをしっかり食べるとあります。
体調管理は朝食がポイントだそうです。

アルコールにせよ、甘いジュースにしろ、400ccは相当な量ですから、
水だけを飲むというのは、これは、つらいんじゃないかな。

だいいち美味しくもないだろうなと思ってしまう。
それとも、なにか特別な仕掛けで浄化したり、
サプリメントのような栄養を加味した水なんだろうか。
顔を洗うにも冷たい寒い朝なんか、飲むのは苦痛じゃないかな。

60才にして、なお、ぴちぴちの美形がウリの女優業ですから、厳しい自己管理が
いるみたい。人知れず努力を継続しているというのはエライ。
これも自己研さんといってよい。

ひたむきにとか、一途にとかといった突っ張る姿勢というのは好みじゃないけれ
ど、自らにハードルを高くして、それを超える努力を継続しているのは立派なも
のです。

どんな分野でも、そうした陰徳ならぬ、志操高い人は尊敬しますね。
夜更けに、そんなことを、ふと思い出して、
さて自分は、これまでどんな努力をしたことかと顧みます。

こどものころのこと、中高校生のころのこと、大学生のころのこと、
就職してからのこと、いろいろ、あれこれ、つながりもなく浮上してくる
記憶をたどっているうちに寝てしまいます。

早く三寒四温の季節が終わればいいのにと思っています。

*1  3月13日 毎日新聞日曜版

3.11に想うこと

3.11から5年。追悼や反省や教訓をマスコミはわんさか取り上げています。
巻き込まれた当事者たちの涙や痛みが胸を打ちます。

大きな惨事が起きた記念の日として、いろいろなイベントが行われました。
当然の営みでもありますが、同時にどこかむなしく、切ない思いがあります。

一言でいえば、センチメントな話題が多く、このような災難を招いた無策、無防備への批判、そこからの提言が少ないのです。ですから、これからも、性懲りもなく、国民は「想定外の天災だった」「まだ科学技術が及ばぬ、やむ得ない人災だった」などと言う政府や当局者の釈明を繰り返し聴くことになりそうです。

表情豊かな四季、海と陸と山、大きく繊細な自然に恵まれた列島は、同時に自然災害にしばしば直撃される災害列島であります。古来からすこしも変わらぬ列島の環境であります。ここがポイントです。古来から災害から逃れられぬ地形、地質なのです。

しかしながら、日本人は、自然を暮らしに生かすためにやってきたことは、ありのままの景観をいつくしみ、あるいは侘びや寂びを観じ入ることにふけり、マイナス面からの防御については、ほとんど成り行きまかせでした。雨風も津波も地震も、自然の振る舞いであって、どうすることもできないと諦観、無常観で向きあってきたと思います。心情としては、十分に理解できます。

しかし、地域的な災厄については、地域の篤志家たちが、河川をつけかえたり、濠を作ったり、山を削ったりした物語はいくらもありますが、国家による大局的な国土強靭施策として、実効ある措置を取ってこなかった。戦後、高度経済成長を果たすさなか、列島改造論議でも、ビル建設や高速道路をあちこちに敷設するのに熱心でしたが、あれほどの熱意で防災施策を重点的に行うという施策は行われることはなかった。防災については、おりおりの事案に対症療法をしてきただけです。

話は人災に変わりますが、この国は誤った国策の結果、無謀な戦争を遂行し、犠牲者は死者だけでも310万人に上った過去を引きずっています。広島・長崎に投下された原爆の犠牲者も、統計のまとめ役や時期で多少のずれがありますが、両市合わせて34万人が痛恨の不合理な死を迎えています。

近年のことといえば、阪神淡路大震災では、死者6400余人、そして、東北大震災では津波と原発の複合事故で、消防庁調べで震災関連死19、418人、行方不明者は、警察庁調べで2、562人に上っています。

しかしながら、戦争という最悪の人災について本当の意味での反省はなく、この国は米軍の強大な核の傘に入り、軍事基地とカネとヒトを提供し続けて、さらにアベ政権によって、再び兵を戦地に送り出す国策を打ち出しています。

唯一の被爆国で大量の犠牲者を出しながら、拡廃絶や反戦への教訓は生かされていないどころか、米軍の核抑止力に依存しています。日米原子力協定(なんと正文は英語だけで、日本語文は仮訳という)には日米の安全保障が盛り込まれ、明らかに平和利用が豹変する可能性を残しています。歴史的にも大津波に襲われ、地震列島であるにも関わらず、海辺にある原発を再稼働させることに汲々としています。

敗戦記念日や原爆忌や多くの災厄の記念日も、セレモニーとしては様式化されておりますが、セレモニーの意義が本当にいかされていない思いがあります。つまり、過去を顧みることは、明日に活かすという歴史を学ぶ基本姿勢が欠落しています。

「世界でいちばんビジネスのしやすい国にする」などと言うアベ政権では望むべきもありません。憲法が自分たちの考えと合わないのが厄介だとして、憲法順守義務があるのに、勝手に解釈を変えてしまうようなアベの独断専行は、国家と国民に重大な人災をもたらしつつあります。

「世界でいちばん天災、人災から安全な国にする」を掲げる政府の登場が待たれます。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる