EU離脱

イギリス国民は、EUからの離脱を選びました。
有権者4650万人。離脱派が約52%、票数にしてわずか120万票余りの僅差で、この歴史的な審判が下りました。たとえ1票で多い方に民主主義の正義があるとする二者択一方式の国民(住民)投票の威力です。

どこやらの住民投票を強行して敗れたハシモト某とちがって、言い出し兵衛のキャメロン首相はいざぎよく辞意を表明しました。当然の成り行きです。

キャメロン首相が国民投票に踏み切ったいちばんの争点は、次のようなものでした。

「どんどん外国からの移民を受け入れると、われわれの仕事が奪われる」
「安い移民労働が増えれば、われわれの賃金が上がらない」
「元からいる国民の福祉や医療や住宅までがダウンする。移民受け入れ政策をやめろ」

EUは第一次、第二次世界大戦で廃墟になった欧州が再び戦禍にまみれないように、「一つの欧州」を目標に仏独主導で組織化されました。ゆくゆくは政治経済、安全保障の面から”超国家”になるという壮大な試みです。そのため、加盟国間では、ヒト、モノ、カネ、情報を共有しようという課題を、次々と実現してきました。統一通貨、ユーロを生み出したのも、その大きな成果とされました。

イギリスが毎年どんどん移民を受け入れていますのは、このヒトの移動・定住の自由を規定するEU法のためです。水が低きに流れるように、加盟国のうちの貧しい人たちは、豊かなイギリスを目指して移り住む。

イギリス国民から湧きあがった移民政策への不満は、実はイギリスのもならず、仏独やベルギー、北欧にとっても、同じ問題です。しかし、ヒトの交流を自由化するというのは、「一つの欧州」にするために避けて通れません。これに門戸を閉ざすかたちで収拾すれば、壮大な実験は失敗です。

確かにヒトの自由往来は、当初から懸念されていました。テロリストや犯罪人、麻薬や武器などの禁制品の密輸出入が容易になり、安全保障面で問題があるといわれていました。、

なんとも悩ましい課題をキャメロン首相は、国民投票というやり方で収めようとしたわけですが、「仕事」「給料」といった切実な不平不満に理性的な理解を求めることはむずかしかった。

ざっくばらんに言えば、「アイツら邪魔なんだから、受け入れるな、追い払え」。この自国民優先の排外主義的感情は燃え上がると、なかなか沈静化しない。この感情を煽って、EUからの独立を叫ぶ右翼政党や団体が輩出しました。残留を訴えた女性議員を射殺する事件まで起きたのは、この熱狂のせいでしょう。

その意味では、移民受け入れを認めて、共存もやむなしとする残留派がほぼ拮抗したことは、イギリス人の賢明さだと思います。正式な離脱がスタ―トするのは、およそ2年後となるそうだ。欧州で二度と戦争を起こさないとして、当時のエネルギー源、石炭の共有管理から始まった欧州統合というEUの理想は危機に瀕しました。

人類は二度と戦争をしない、戦争はできない。そういう国際的な誓いを装置にした国連は、とうに行き詰ってしまった。EUも崩壊の危機に立つ。主権国家があり、その国家の権利を、他の何を措いても絶対視するかぎり、このような問題は永遠になくならないかもしれない。そう思わせる離脱です。


舛添辞職の陰で

いまどき、政治家を尊敬なり、信頼なりに値する人物ないし職業だと思っているのは、学童レベルでも珍しい。

masuzoe.jpg


ざっくり言えば、国政から市町村政まで同じです。いつのころからか、政治家はウサンくさい人物が、公金にたかるパラサイトに成り下がりながら、エラソ―にする存在と見られるようになりました。

トウキョウの舛添辞職へ*1の一番の功績は、そういう十把ひとからげの政治家像が間違いないと太鼓判を押したわけで、おめでたい限りです。

TVワイドショーで感化されたボクないしワタシたちの目に狂いはなかったと思わせる事柄は、昨今そうないので、ご同慶の至りです。みんな満足していることでしょう。とくにトウキョウの場合、石原慎太郎、猪瀬直樹、そして舛添要一と短い期間で、そういう見方を裏付ける貴重な社会的実験を見せてくれています。

世の中が広く複雑になってきてから、生まれついての王様や皇帝の統治なんかよりも、住民自身で住民の代表を選び、為政をまかせる方が理に適っているとして、民主主義政治が生まれてきましたが、どうやら、この仕組みも行き詰まってきました。そのことが身に沁みる舛添辞職です。この制度の大きな欠陥になってきたのは、住民の側にあります。

世は大衆情報化社会とあって、選ばれたいとしゃしゃり出た人物を、ふさわしい資質や能力がある人物かどうか、目を凝らして精査する姿勢がなく、TVでよく見た人しか眼中になくなったからです。舛添が当選した2014年の知事選**2では、良識ある元日弁連会長、宇都宮健児さんのような立派な人物も立候補していたのですが、TVの人気者ではありませんでした。

閑人は、意地が悪い方なので、週刊文春の報道いらい、にわかに巻き起こった舛添ヤメロヤメロ・フイバーの陰で、当面の重大問題の当事者と関係者が、頭をすくめてホッとしているだろうとにらんでいます。
順不同で並べれば、

.租税回避のパナマ文書に名が出たジャパン関係者、
.ISに捕囚の身にある安田さんの命に関心がむかないこと、
.五輪事前運動代2億2千万円問題、トキョウ五輪はカネで買った事情、
.G'7総括とアベノミクス失敗、世界が失笑した国際経済についてのアベ発言
.アベの消費税増税再延期、「お約束と異なる新しい判断」という厚顔無恥!!
..縄駐留米軍の地位協定問題、殺人者や酒気帯び運転米兵の処遇について
.辺野古基地移設反対の沖縄の声の矮小化
.改憲論議、安保法制隠し

いろいろいっぱいありますが、回り回って、政治家不信といえば、「現金授受などは政治家の矜持、美学に反する」などとほざいた挙句に自身のアマリなウソ八百を隠すためか、睡眠障害なる詐病を持ちだして国会を長期欠席していた甘利元大臣なんか、いちばん舛添フィバーを喜んでいたに違いない。

ほとんど舛添問題の陰に隠れ、その騒ぎが発端した頃を同じくして、検察は甘利元大臣と秘書たちを不起訴にしてました。アベ政権の思惑にオベッカした検察です。政治家と同じように検察を法と正義の砦と信じるものはだれもいなくなるに違いありません。

甘利トンデモ元大臣や検察の弱腰について、なぜ、どうしてフィバーをなんで起こさないのか、いまどきのマスコミは?!

舛添辞職で、また約50億円もの公金かけて知事選をやり直し。これに伴う有象無象の候補者選びや選挙戦が連日、大騒ぎとなるに違いありませんから、上に列記したような重大問題は、マスコミ報道の片隅に追いやられるに決まっています。

(写真はGoogle画像検索から引用)

*1 2016年6月15日午前の段階では、ご本人の辞意表明は出ていませんが、都議会の動向から舛添が追い詰められていて時間の問題と見られています。
*2 2014年1月11日付け本ブログで「都知事選の顔ぶれ」を寄せています。宇都宮健児さんを評価し、舛添を論外の人物であるとしています。

金本阪神 超変革はどうなのか

セ・パ交流戦の半ばとあれば、年間ペナントレースも半ばでもあります。

「超変革」。鳴り物入りのスローガンを掲げて開幕した金本阪神は、うまく行っているのか。
プロ野球フアンは誰しも好んで話題にしていますが、おおかたの意見は、シビアーです。過日の一杯のみの席での友人たちのコメントです。

61nFSaw4dKL__SS400_.jpg


「いろいろやろうとしているが、いまいちや」
「あない打順を日替わりにしたら、おちつかへん」
「若い連中、こき使われて、いまに疲れ果てよんで」
「ピッチャーの交代どきがわかってへんな」
「マートンとオ・スファンが抜けたところが修正されてない」
「結局、一年目の金本や、様子みたろ、ということになるな」
「長い目でチーム立て直してくれたら、いいやんか」

閑人の感想も同じようなものです。いまのところ、特段に強くなった証もないが、弱すぎることもない。和田監督の昨年もこうだった。ただ、何かやってくれると金本監督に大きな期待をかけたフアン心理からすれば、期待はずれの成績です。残念です。

積極的な若手起用が、まだ十分な効果を発揮していない。きれいなヒットや思いがけない好投なんかで、試合ごとにファンの興味をつないでくれています。その点では従来の阪神にない目新しさがありますが、持続的な戦力にはなりきっていない。一試合かぎりの線香花火みたいなはかなさです。

6月8日現在、阪神は
リーグ5位
公式戦61試合 28勝30敗 引き分け3 勝率.483 
首位広島とのゲーム差3.5 いわゆる借金は2です。

広島と2位巨人の2チームだけが勝率5割台ですから、少ないゲーム差のなかで6チームの混線状態が続いているわけです。これを超変革の成果だから、混線状態の輪にとどまっていると見るか、超変革にしては混線から抜け出せない戦力と見るか。

いまのところ、高山や北条、原口、岩貞のような若手の活躍が素晴らしいわりには、それが成績の向上につながっていません。斬新な選手起用の超変革と実績を上げる超変革との間には谷間があります。

というわけで、総合力という点では、まだ超変革は実っていない。
打でいえば、打撃ベストテンにだれも入っていない。5月月間MVPに選ばれた原口がいちばんの高打率ですが、まだ規定打席数が足りない。

打撃率一覧を見ると、15位に福留、22位のゴメス、26位に高山が入っている程度。一見、清新な活躍をしているかのような若手たちは、日替わり打線のせいで、規定打席数が及ばない。つまり、まだ安定した打線力ではないわけ。

ホームランの数でも阪神は40本で、リーグ5位。広島の59本に比べても破壊力に欠けます。チーム打撃率では、..245とあって4位に沈んでいます。開幕当初、メッセンジャーが果敢に盗塁して、これが金本野球か、超変革かと話題になりましたが、その盗塁数も
決して抜け出したものでなく、33本で3位という状態。

投の方では、めぼしい補強をしなかったので、ベテランが一つトシをとっただけ投手力に不安がありました。復帰した藤川には往年のスピードも体力もなく、先発から抑えに変わりました。金本監督の思惑ははずれましたが、すぐに起用法を変更したのは、いい判断でした。

本来の抑え、セットアッパーに見込んだマテオ、ドリスは、いまのところ助っ人というような頼りがいがある投手ではいようです。メッセンジャー、藤浪、能見、岩田の先発陣のうち、岩田が脱落。他の3人も好不調の波が多い。こんな投手陣に加えて岩貞、岩崎、青柳といったファーム育ちが頑張っています。とくに岩貞が藤浪同様に4勝を上げているのは頼もしい。

つまるところ、投手陣が頑張っても日替わり打線の援護がない。延長戦をはじめ接戦を落とす試合は、いつも、あと一本ヒットがでれば勝てた、という試合運びが目立っています。若手起用だけでは打線がつながりません。超変革の戦略、戦術が望まれます。

スポーツは、正直に力の結果がわかります。選手個人の成績はもちろんです。とりわけ野球の場合、他のチームプレ―スポーツと違って、監督が選手の一投一打に直接采配をふるえます。それだけに監督の才覚、技量が問われるスポーツです。

ペナントレースの後半戦、金本監督の頑張りに期待したい。

(写真はGoogle画像検索から引用)
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる