あっぱれ 『通販生活』

お客様大事の企業というのは、少々タチの悪いクレーマーとわかっていても、平謝りします。コトを荒立てたくないからです。ですから、傍目には卑屈というか、姑息なまでに恭順の意を示して、お客様は神様です、そういう姿勢を見せることがあります。

そういう一般的な風潮にあって、編集の方針を掲げて、理解を得られないようなら、もうお客様でなくなっても構いませんと開き直った雑誌がありました。一陣のさわやかな風ですね。

商品カタログ雑誌で知られる『通販生活』(カタログハウス社刊、年三回発行)は、16年冬号で読者の一部から届いた<抗議と購読取りやめ>の手紙に対して、以下のような「ご報告」を載せています。


戦争, まっぴら御免

原発、まっぴら御免

言論弾圧、まっぴら御免

沖縄差別、まっぴら御免

通販生活の政治的主張は、ざっとこんなところですが、こんな「まっぴら」を左翼だとおっしゃるのなら、左翼でけっこうです。(中略・引用者)

永年のお買い物、本当にありがとうございました。



実は前の16年夏号で同誌は、「特集・7月参院選挙」と銘打ち「自民党支持の読者の皆さん、今回ばかりは野党に一票、考えていただけませんか」と呼びかけた記事を掲載しました。


tuuhan.jpg

同誌によると、これに反発した読者172人から届いた批判的意見を大別して
①買い物雑誌は政治的主張を載せるべきでない

②政治的記事を載せるのなら両論併記で載せるべきだ

③通販生活は左翼雑誌になったのか、、、という抗議を受け、なかには購読を中止する読者もあったという。

上に引用したのは、その③にあたる抗議についての回答です。腹のすわった見事な覚悟ですね。

『通販生活』は、良質の電化、衣類、家庭用品などを紹介、販売しています。たとえば一つの分野から一商品だけを紹介するのが特徴で、網羅的になんでもかんでも載せる他のカタログとは違います。

バックナンバーを見ればよくわかりますが、これまでも反原発、反安保法制、民主主義や環境を守る問題などで積極的に掲載しています。人々の暮らしと命を守るための、ごくまっとうな記事や対談ばかりです。永年の読者なら、そのスタンスを承知しているものと思っていましたが、これを偏向という意見を持つものがいるとは!?。

人は政治の影響をもろに受けて暮していますけれど、どういうわけか、政治的な意見を立場の表明には黙っているか、あいまいな態度をとりがちです。政治や宗教はパーティの話題にしないという暗黙の約束が欧米ではあるそうですが、この種の話題は党派性や排他性が強く、かんかんがくがくの議論に陥る可能性がありますので、避けたいという配慮でしょう。狭い人間関係なら、そうであっても、公益性、公共性がある雑誌は違います。

①の抗議に対して同誌は、「音楽に政治を持ち込むな」と同じような意見になるのかなと回答。②については、「対立する異論を理解し合う形式」として実行してきましたが、憲法学者の9割が違憲としたほどの「安倍内閣の集団的自衛権の行使容認に関する決め方」は両論併記以前の問題と考えたとしています。

抗議している人たちの手紙の文面が紙面に16通紹介されていますが、共通した論調は通販雑誌なら通販記事だけにしろ、政治的偏向だというものです。これは女は女らしく、芸人は芸人らしく、分相応に、らしくやれとか、主流に反する異見は、みんな偏向だとする考え方と同じです。たぶん神前結婚し、クリスマスを祝い、仏式葬儀を行う柔軟な人たちにして、このかたくなな主張です。

サラリーマンも家庭の主婦も八百屋さんも豆腐屋さんも濃淡の差があっても政治的な意見を持っています。パーティの約束のように口に出していわないのは、日常の人間関係の利害をおもんばかる風土が、この国に強くあるからです。政治的なメッセージが満載のボブ・ディランの歌は快く聴いておりながら、、。

『通販生活』の意見紙面というのは、たとえて言えば、ジョージ・クルー二―が熱心な民主党支持を明言し、オバマ大統領選挙を積極的に支援したり、ロバート・デ・ニーロが「トランプはペテン師、顔を殴ってやりたい。ヒラリーに投票を」とインタビューで発言する政治的自由を、実践しているのに過ぎない。

『暮しの手帖』は商品テストをやって業界から風当たりを強く受けました。『通販生活』は、国民の安全安心を案じていることで政治的偏向だと言われています。まったく的外れな指摘と受け止めて編集方針を説明しています。

カタログハウスの経営者は社民党に親和性をもっているようですが、ここに挙げられた「まっぴら御免」のすべては、まったく当たり前の正当な考えです。読者への適切な対応に感心しました。

(写真はGoogle引用)

けったいな街やねん、大阪

長い人生。ほとんどを大阪(府・市)で過ごしてきました。この地域が47都道府県のなかで、ひときわけったいな、異質の土地柄なんだなと思うことが、しばしばありますね。人並みに愛着を感じてはいますが、もうちょっとなんとかならないかな。つくづく、そう思うことがありますね。

世に公表されている組織・団体の見解や社会統計を見ると、そういう個人的な体感を裏付けてくれているような感じが強まります。最近、老舗の経済誌『東洋経済』*1が発表したランキングも、そうでしたので、少しばかり調べてみました。

人口50万人以上の都市は、全国に20都市あって、府県並みの行財政能力を持つ「政令都市」とされています。あらゆる分野のランキング評価に伝統のある『東洋経済新報社』が今年明らかにしました「全国政令都市幸福度ランキング」によると、大阪市はダントツの最下位とあります。

主に健康、文化、仕事、生活、教育の5分野を調べてランキングしたもので、大阪市は健康、生活、教育の3分野で最下位となり、総合で20位でした。

ちなみに、同誌は昨年も「全国47都道府県幸福度ランキング」を公表していますが、大阪府は44位でした。市・府ともに居心地のよさ、住んでみて幸せという点からすれば、底辺の地域と位置づけられています。

どうですか、この評価。市といい、府といい、あのハシモトの維新の会系が、もう8年も行政を握っていて、この有様です。むろん調査項目や方法あるいは認定の仕方について、いろんな考え方があるのは承知していますが、ここでは認定には、一応の合理的な意味があると受け入れて話しています。

ことし法政大の研究グループ*2が発表した「47都道府県の幸せ度ランキング」によりますと、「生活・家族」、「労働・企業」、「安心・安全」、「医療・健康」の4分野にわけて、社会経済統計を活用して分析した結果、ここでも、最下位は大阪と出ました。

つまり、幸せ、幸福度という住民にとってもっとも大切な指標なのに、我らが住まう大阪は、サイテ―と評価されているわけです。

そこで全国統計で他の分野の目安*0を調べますと、、出るわ出るわ、大阪1位が出てきます。

都道府県の刑法犯罪発生率        大阪1位 (2014年)
ひったくり認知件数             大阪1位 (2014年)
性犯罪発生率                大阪1位 (2014年)
重要犯罪認知件数             大阪1位 (2014年)
殺人事件被害者数             大阪1位 (2014年)
児童虐待相談対応数            大阪1位 (2014年)
救急車出動数                大阪1位 (2014年)
生活保護世帯                大阪1位 (2014年)
高齢者の生活保護世帯          大阪1位 (2014年)
一世帯あたり負債額            大阪1位 (2014年)
自殺者数(人口10万人当たり)     大阪2位 (2012年)

つまり、住民は貧しく、借金が多く、そのためか、子どもをいじめたり、痴漢やひったくりなどの犯罪に走る人たちが突出していて、
下記にみるように子供たちの学力が劣り、気持ちのゆとり、情操を育てる機会もないところ、そうみられても仕方がないようなデータです。

警察庁が初めて実施した「体感治安」調査*3によりますと、47都道府県のなかで、最下位は大阪でした。

この調査は「地域の治安はどの程度だと感じるか」という安心度を尋ねたもので、裏返せば、警察への信頼度を意味しています。つまり、大阪の住民は、ひったくりや痴漢や泥棒なんかがしょっちゅうあって、おっかないなと思う一方、そういう犯罪をいっこうに抑え込まない警察も信頼していないというわけです。

なんとも住みにくい社会環境にあることがうかがえますが、別の観点からみます。教育と文化です。文科省が行った2016年度都道府県別全国学力テスト*4の小中学生の国語、算数(数学)テストの結果で、小学生は45位、中学生は38位です。トップ県から周回遅れです。

ハシモト維新の会は、教育に特別な関心をもっているかのように教育行政をコロコロ変えたり、教職員をいじめたりしてきましたが、子どもたちの学力向上にはなんの役にも立っていないようです。

関西経済同友会*5は8月、大阪府や大阪市に対し、芸術や文化関連の予算が少ない、もっと増やせと提言しました。 同友会によると、芸術文化費は、大阪府では2014年度で7億円。住民1人あたり、たった79円。全国平均の600円を大きく下回っています。

大阪市の場合は814円だが、政令指定都市では低い水準だと指摘しています。大阪府には芸術文化、情操の涵養なんかには、なんの関心もない、ハートがスカスカ首長が二代続いています。
 
大阪には、独特のごちゃこちゃと活気に満ちた喧騒猥雑な文化がぎょうさんあり、それなりに盛んな経済活動もありますけれど,街の品格、都市格というものがあるすれば、残念ながら、とても優れているとはいいがたい。

なにか全国的に変わったトップがないものか、調べたら、ありました。

「都道府県別統計とランキングで見る県民性」*6によりますと、総務省選挙関連資料から割り出した直近10年間の選挙におけるおおさか維新の会(維新の党、日本維新の会)の比例代表得票率の平均値を見ると、大阪府は全国1位の32.97% で、全国平均の14.32%をはるかに上回っています。まったく特異なローカル現象です。

上に掲げたような数々の不名誉な全国1位の指標と、この維新得票率との相関関係は、とうぜん密接な関係にあると思います。相関というよりも因果関係があるとみてもいいのではないか。

維新の支持者が増えれば増えるほど、いい加減な政治家たちが増えて、その結果、大阪をよくするためにはなんの寄与することもなく、実現不能な都構想とか、ありもしない二重行政の解消とかを声高に叫んでいるばかりです。かの国のトランプが日々馬脚を現したことに支持者が気づき始めたような昨今ですが、大阪ではいつになったら維新熱が冷めるのやら、見守りたいですね。



追記 上のような感想をつづった四日後、けったいな街やねんのけったいな人たちの言動を、まさにライブで見るような”事件”が起きました。

沖縄・高江地区で米軍ヘリパッド建設に反対する沖縄県民に対し、全国の警察から応援警備している機動隊員のうち、よりによって大阪府警の若い隊員二人が、「シナ人」とか「こらっ、土人が」と暴言を吐きました。

公務員による明らかな沖縄県民への蔑視差別発言です。20代とみられる隊員が、死語に近い「土人」なんていう言葉を咄嗟に吐くところに、差別意識の深さがわかります。「シナ人」などいう、いまや極右の石原慎太郎くらいしか常用しない言葉を吐いて罵倒したのも仰天です。一体、大阪府警は、日ごろどんな教育をやっているのか。

政府も警察庁も平謝りというのに、若い隊員の雇い主である維新のマツイ大阪府知事は「一生懸命に職務を遂行している。出張ご苦労様」とツイッターに書き込み隊員を擁護しました。暴言にあえて触れず、慰労している始末。これに抗議が殺到したら、こんどは「売り言葉に買い言葉だったのだろう」とまた弁解。言っていいことと悪いことの区別がつかない、バカ知事。この親にして、この子あり、といった感じのお粗末です。




*0 都道府県別統計とランキングで見る県民性 http://todo-ran.com/
*1 東洋経済オンライン   http://toyokeizai.net/articles/-/137680
*2 日本で一番幸せな都道府県はどこだ? http://www.japan-now.com/category/11966021-1.html
*3 毎日新聞2016年8月31日 大阪最下位、東京29位 警察信頼度に比例 警察庁初調査
    http://mainichi.jp/articles/20160831/ddm/012/040/035000c
*4 全国学力テスト正答率 http://todo-ran.com/t/kiji/12090
*5 朝日電子版 2016年8月5日付 大阪府市の芸術予算けちらないで 関西経済同友会が提言
   http://digital.asahi2016年8月5日付け.com/articles/ASJ845489J84PLFA00V.html?_requesturl=articles%2FASJ845489J84PL   FA00V.html&rm=310
*6 都道府県別統計とランキングで見る県民性 http://todo-ran.com/t/kiji/18447





午後の内輪話

のどが渇いたので、通りすがりのコンビニで缶ビールを買いました。
レジにもっていくと、お兄さんはが年齢確認を押してくれという。白髪頭、白ヒゲが前に立っているのに、まるで見ていない。ㇺッ。たじろいでいると、重ねて催促する。タッチパネルの「20歳以上」を押さないと売ってくれない。融通の利かない話です。

単なるマニュアルで、誰かれなしに押させているのか、アルコール商品の売り上げカウンターになっているのか、よくわからないが、けったいな違和感をビールとともに飲み込みました。

自転車のタイヤがやわく、すぐに空気が抜けるような感じ。自転車屋さんで見てもらった。おっちゃんはタイヤから抜いたチューブを手際よく水にくぐらせた。穴はあいていないし、ムシも大丈夫だといい、圧縮空気を勢いよく注入してくれた。手慣れた職人ワザで流れるような作業に感心しましたが、その間も切れ目なくしゃべっていたことには、ちょっと違和感ありでした。

「空気が抜けたから、空気入れ貸してと言いながら、入れすぎてパンクさせてしまい、文句をいう客がいまんね。もうタイヤが古くなって空気圧に堪えられんのやね。そんなボロ自転車にのって、タダで空気入れ借りておきながら、文句いう。けったいな客がけっこういまんねん。そんなふうに見える客には文句いわれんように、こっちも(空気)圧を下げときまんねん」
「ほな、どないなります」
「すぐ抜けますな、あはは」

サウナで、裸のお年寄り二人の話が聞こえてきます。
「晴れてても、リュックにカッパは入れときます。靴は底のギザギザの深いのがいい。そう、ポケットには、小銭も多めに入れて、、、どこで何が起こるかわからへん」
「用心いいですな。よう行きますか」
「あそこの公園? あの公園はトイレは何か所かあるし、ぶっ倒れても、いつも誰か通ってるから、安心や。その点、あの寺に通じる坂道は、どうかすると30分くらい人と会わん。転んだりしたら、そりゃーアブナイところや」
「そやなあ、転んだら、おしまいや」
七十代らしい爺さんたち、汗まみれになりながら、散歩道の心得を交わしていました。身につまされます。

「改憲はできませんよ。アメリカが認めません。」
思想家、内田樹さんと正統右翼の木村邦男さんが対談した本*1を読んでいたら、こんな会話がありました。目からウロコ。アベは改憲へ前のめりになって、着々と布石をすすめているようにみえます。危機感を強めていましたので、なるほど、そういう見方もありか、です。

改憲派議員の3分の2超えなどいった国内の政治情勢ばかりに気を取られていました。しかし、考えて見ると、改憲というのは、憲法制定に深くかかわったアメリカの了解なしに、アメリカの制定に関与した趣旨に逆らうことを意味しています。宗主国、アメリカがやすやすとメンツをつぶされることを容認するか。

アメリカの国益からすれば、アメリカのいいなりになってくれる属国は、都合がいいのに決まっています。属国が宗主国の意向を忖度することなしに重大な国策を変えられるはずがありません。必ずやご意見拝聴しているはずです。それが両国の力関係でしょう。

憲法をわざわざ変更しなくても実質的に自衛隊は世界第四位の軍事力を持つ国防軍だし、いったん有事になるや米軍指揮下に入ることが、すでに決まっているのなら、なにも改憲することは、あらへんやないか。英語では、こういう気分をどういうのか知りませんが、そういった感じをアメリカが持っていても不思議でありません。

憲法9条はじめ基本的人権の尊重、国民主権、平和主義、みんなそのまんまにしといて、必要なら「解釈かえたらいいんやないか」というのは、実は宗主国の知恵だったのかもしれないです。改憲論議をいったんひっこめて、あの集団的自衛権の行使容認を急に閣議決定したことも、そう考えると腑に落ちます。

アベが、最近しきりに改憲発議は国会からとか、争点の条文は憲法審査会で、などと口走るのも、そのせいかもしれません。自身の信念ではなくて、民意が改憲に向けて沸騰するとすれば、アメリカさんも、しぶしぶやむおえないなと。そう思わせる状況を作った方が、御意に適うと思っているのかもしれなませんが、いくらなんでも、それはないと思います。 

宗主国は、この国を便利使いしたいけれど、二度とアメリカの脅威になるような軍事大国、ましてや核兵器を保持するような核大国になるようなことは断固阻止するでしょう。米軍駐留の瓶のフタ論は健在です。*0 9条を廃止して軍政を大ぴっらにさせると、そのへんの危惧が増長することを宗主国はわかっているのにちがいありません。

閑人は、問われたら、護憲、専守防衛で十分、近隣諸国と仲良く、みんが三度三度、しっかり食べられて、ゆっくり眠れるようなら、なお十分。アメリカと組んで世界の覇権国になりたい、安保理常任理事国になりたい、アジアのリーダーになりたい、中韓のアタマを抑えこみたいとか、そんなひそかな野心を隠して、国際社会で責任を果たすなどと勇ましいことをいうのは、やめた方がいいと答えたい。戦後70年という歳月は、そのためにあります。

*0 1990年3月,在日米海兵隊司令官(少将)の発言。「もし米軍が撤退したら、日本はすでに相当な能力を持つ軍事力を、さらに強化するだろう。だからわれわれ(米軍)は(日本の軍国主義化を防ぐ)瓶のふたなのだ」
 
*1 『慨世の遠吠え 強い国になりたい症候群』 (内田樹 木村邦男 鹿砦社刊)

兵馬俑展

遅ればせながら、会期終わり近くになって大兵馬俑展を見てきました。


P1040408.jpg



空模様が心配されたのに、会場前では驚くほどの長蛇の列。ふだんなら、どのようなことでも、列に並んでまでなら、ゴメン蒙りたいところなんですが、西安に行きたしと思えども、西安は遠しと思うような、老いのコンディションなので、この機会をのがさじと、やむなく並びました。

中は超満員で、ガラスケースに展示された装飾品に近づくにも、一歩一歩すり足状態。説明文をろくに読む間もありません。人と人の間に首を差し込んでみる始末。それでも紀元前200年、300年も大小の壺、矢じり、首飾り、穀倉庫、水道菅などを見ると、精巧精緻、彩色されたものもあって、高度な技術や造形力に感嘆しきりでした。

圧巻はやや広いコーナーに展示された兵馬俑。一体ごとに距離をおいて展示されているので背後まで仔細に鑑賞できます。将軍俑、軍吏俑、歩兵俑、跪射俑、立射俑、さらには軍馬。実際の人間よりもやや大きめのようです。一体ごとに顔が違い、表情が異なり、身につけている冠や衣装まで違います。

秦始皇帝陵からはいまも新たな兵馬俑が見つかっているといいますが、すでに8000体が発見されているそうです。あまたの副葬品の数々。古代の権力者による不老不死願望のパラダイスのようです。

展示の最終コーナーでは左右に多数の兵馬俑が立ち並んでいます。映像なんかで見る兵馬俑坑の姿をしのばせてくれました。ここでは写真撮影もOKしていました。

焚書坑儒をやった暴君という一方で、万里の長城を完成させたり、漢字や度量衡の統一化を計ったりした始皇帝については毀誉褒貶がありますけれど、現代から見れば、人智を超えたような圧倒的な造作に息をのみます。とにかく人類の偉大な遺産としかいいようがないものでした。

こういう文化文明を誇る古代の国家、たとえば、ギリシャ、エジプトやイラン、イラク、南米の諸国など再び世界をリードすることはないだろうと思われていますが、隣国の中国に限れば、いずれ米国をしのぐ超大国となり、再び世界を牽引するだろうと予想されています。*1 

ただ、日本だけは、そうならないとみている人が先進諸国などでいちばん多いという調査があります。この日本人の見方
の方が世界の潮流に逆らってます。おりしも中国元が世界通貨として円を抜きました。隣国を侮り、脅威を煽るアベ政権と
その扇動に惑わされている国民が多いことを物語っているのでしょうね。

*1 『「対米従属」という宿痾』(飛鳥新社刊 鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀著) 247頁

                  米 英 独 仏 露 中 日
     追い抜く         46 65 61 72 45 63 37 
     追い抜けない      45 26 34 28 30 17 60

  (出典 2011年 PEW ”china seen overtaking US as Global Superpower”)
 
   引用者注 国名の一部は漢字表記に直しました。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる