”忖度だんだん”劇

imagesAAP59UVW.jpg

例の森友学園への国有地払い下げ問題。
25日の週末までに行われた証人喚問、参考人喚問で、わかったことは、すべてアべ政権の”忖度だんだん”で進められた結果、国民みんなの財産が、極右教育ビジネスに激安でたたき売られたということです。

想定されるシナリオを要約すると

愛国教育を自慢する幼稚園.。保護者からアキエへ一度視察に来られては、、、という誘いがあり、それにのって、アキエが籠池の塚本幼稚園を視察。教育勅語の暗唱や「アベ首相がんばれ」の大合唱に感激して、これぞニッポンのあるべき教育とアベに進言した。アベもまた「私の考えに近い教育と共感」し、視察と講演を約束した。ここまでが導入部。

一方で籠池夫婦は、幼稚園だけでは満足せず、ゆくゆくは小学校から高等教育までの一貫教育施設の開校構想をアキエに語り、アキエも当面、開校予定の小学校の名誉校長に就任を引き受ける。このような意気投合の場面だから、例の100万円の授受も、想像に難くない。

むろん籠池側が計画している国有地の払下げについても、それなりの協力を言葉あるいは態度でみせた。籠池夫婦を、そう”忖度”したにちがいない。

籠池側は29年度開校で児童募集を開始。ところが、肝心の国有地払下げの実務処理に手間取った。「開校に間にあわない」。ここから籠池夫婦は教育方針で同志になったアキエへお願い、陳情のラッシュが始まる。

やり取りを通じて、アキエはいつしか籠池夫妻と昵懇の仲となり、いっぱしの「政治家的」(籠池証人の言)気取りで、関係省庁へ「内閣総理大臣夫人付秘書」を通じて声をかけるなり、問い合わせなりをして、協力した。籠池が証言した「神風が吹いたかのように急転直下の動きとなった」とは、このことだろう。

「内閣総理夫人・アキエ」と「内閣総理大臣夫人付秘書」が動くと、関係官庁の役人は、ためらうことなく、忖度につぐ忖度を積みかさねたと見るのが自然。役人は保身が身上なのだ。

しかし、妙なところに妙な名前の学校建築が進む現場を不審に感じた一人の豊中市議が土地払下げについて近畿財務局へ資料開示を求めたところ、購入者名までが黒塗りされた文書が提示されたことから、世にも不可解な払下げが露見した。ここから新たな展開が始まった。

こうした経緯をみると、「アベの肝いり」、「アキエが名誉校長」、「総理夫人付秘書からの照会」。こんなキーワードが付く案件を関係官庁の役人が忖度しないはずがない。この国の役人は、こうした横車を無視して、法令を遵守する公僕である。国民は誰一人そう信じていない。

忖度とは、あまり普段遣いする言葉でないが、この国に蔓延している人間関係に欠かせない心理状態のこと。一時はやった”空気を読む”と同義語です。古くからある”阿吽の呼吸”もそうに違いない。

たとえば、暴力団の組長は、ライバルをやっつけるときに子分に対して「やれ」とはいわないもの。子分が勝手に殺意を「忖度する」のです。無能社長が毎度同じことしか言えなくても、社員は苦労して真意を”忖度”せざるを得ないのです。企業では忖度上手が出世すると言っても過言ではありません。

ネットの類語辞典シーソラスによると、忖度とは「相手の立場を考えて物事を行うこと」とあり、その類語として、次のような言葉を上げています。

「気をまわす ・ 気遣いをする ・ 気づかいをする ・ 勘ぐる ・ 斟酌する ・ 思いを汲み取る ・ 思いを汲む ・ 思い遣る ・ 思いやる ・ 気を利かす ・ 気遣う ・ 気を利かせる ・ 心を汲み取る ・ 気持ちを汲み取る ・ 気持ちを推し量る 」。

かつてハシモトが大阪市長のころ、厳しい内容の職員基本条例案を提案したとき、「組織(市役所)自体が市長の顔色をうかがわないで誰の顔色をうかがうのか。僕の顔色しっかりうかがってもらって、方針にそって組織を動かしてもらえばいい」とのべて物議をかもした。ハシモトは公務員は、全体の奉仕者、市民のためにあることを、とんと理解していなかった。(*1)

権力者が、これほど露骨に忖度を強要することはマレだが、アベらは、下僚たちが忖度することをを重々承知しながら、問題について「関与」も「圧力」も「口利きもなかった」と言い張っています。まさに唾棄すべき傲慢横暴です。

民進党の議員が、参考人に呼ばれて、天井を見上げながら憮然とした役人たちを前に「こんなアベ政権の尻ぬぐいをさせられて可哀そう」と言っていた。

「忖度」についてアメリカ人放送プロデューサーのデーブ・スペクターさんは以下のように話しています。
 「忖度(そんたく)」は、便利なようでずるい日本語。「よろしくお願いします」って、色んな意味を含み過ぎて英訳できない。その悪い部分が前面に出たのが、森友学園の問題なんだと分かった。当人たちはその自覚もなさそうで、なおさら怖い」。(*2)
 
ユダヤ人数百万人を組織的に虐殺したナチ親衛隊のアドルフ・アイヒマンは,死刑になる裁判で「私は命令に従っただけで、歯車の一つに過ぎない」」と弁明した。忖度は命令ではない。不可解なことに加担した役人たちは、こういう命令だったと弁明の声を上げることさえできない立場になる。

アベはムキになって「密室でのやり取りだから水掛け論だ」とか「仮に100万円寄付しても違法性はない」など”だんだん”という趣旨の答弁をしているが、こういうのを語るに落ちるというのだろう。

「忖度」も「空気」も「阿吽の呼吸」も、物証ではない。物証が無ければ逃げおおせられるとタカをくくっている連中に鉄槌がおりる日が近いことを期待したい。なにしろ、ほとんどの国民が、アベの口利きがあったと”忖度”しているのですから。

(写真はGOOGLE画像検索から引用)


*1 moltoke_Rumia1pのブログ
   http://ameblo.jp/moltokerumia1p/entry-11222745415.html

*2 【森友学園】「忖度」は英語でどう通訳された? 籠池氏会見で外国人記者に
   http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/23/moritomo-sontaku-in-english_n_15572790.html

営業右翼

いま沸騰した話題の渦中にある神がかり的狂信教育の学校法人「森友学園」というのは、”営業右翼”の典型です。

つまり、右翼、それも過激な極右姿勢を売り物に教育ビジネスをやっている手合いのようです。右翼連中が大好きなのは「ナショナリズム」と「愛国心」と「皇室」。これを前面に打ち出し、園児たちに教育勅語を暗唱させたり、「アベ首相頑張れ」と唱和させるなど”かわゆく”パフォーマンスさせれば、時流を先取りしたビジネスになると踏んでやっているのでしょう。

「瑞穂の國記念小學院」。わざわざ旧字体の漢字を使う新設予定の学校名をみても、胡散臭いけれど、右翼連中なら随喜の涙を流しそうなネーミングではないか。生徒募集ポスターには靖国神社らしき鳥居と教育勅語、、、。「全国唯一の神道系小学校ビジネス」は採算が合うと読んだのに違いありません。

籠池某という理事長は、本名のほかに通名を二つも持ち、学歴・職歴を詐称したり、いかにも食わせもの風の人物。妻の父が経営する幼稚園を引き継ぎ、しかも妻が病気か事故をきっかけに入信したとされる「生長の家」にかぶれたころから、影響を受けたのか、右翼思想の幼稚園教育に手を染めたらしい。

それまで理事長個人には思想的な活動は全然見られなかったと伝えられています。「生長の家」は、大東亜戦争肯定と天皇国体護持を主張していた宗教団体。

彼がこんな小学校を開校しようと目論む背景には、アベ政権のような排外的な国家主義を目指す権力になびく連中が増えてきていることを意味しています。極右団体「日本会議」は、「生長の家」が母体。再び神道の国家神道化を図る神社本庁と結んで運動体を作り、その目標は戦前の天皇中心の”神の国”回帰にあります。

籠池某は、この団体の大阪地区幹部(当の日本会議は最近、彼は6年前に退会したと発表していますが)。アベはその日本会議国会議員懇談会の特別顧問です。

正体は営業右翼に過ぎない森友学園理事長。こんな男を増長させたのは、日本会議に群れる、いわゆる保守政治家、論客やコメンテターたちが、こぞって愛国教育の幼稚園を称賛してきたからです。なかでもアベの妻、アキエはわかっているだけでも三度も訪問し、講演し、涙を流して名誉校長を受諾し、(問題発覚後は辞任)、しっかり広告塔の役割を果たしています。(*1)

akie.jpg


公開された動画によると、講演で「せっかく芯のあるいい教育をしても公立小に進むと、ゆらいでしまう」という趣旨のことを述べ、公然と公立学校を批判しています。この国の首相夫人は、公立の教育を平然と非難しているわけで、恐れ入った演説ですが、こういう空気を政治家や官僚たちが忖度したのが今回の国有地払下げ問題と考えられます。

PTAの保護者の母親の一人は、園が発行する「おかあさん新聞」で、それを見て「すごい幼稚園だな」と感激したそうな。こんなカルト教育する園に通わす母親も母親だが、この母親並みに感激して、小学校設立パンフでヨイショをしているような極右連中の罪も深い。

森友学園の教育を「私の考えと近い」、「素晴らしい教育」と絶賛していたアベはじめ、講演に訪れ、臆面もなくほめたたえた連中のなかには、中山成彬、櫻井よし子、渡部昇一、中西輝政、百田尚樹、青山繁晴、竹田恒泰、、曽野綾子、そして田母神俊雄……。
ぞろぞろと極右の面々が並びます。

彼らは払下げ問題が明るみに出ると、手のひら返すようなコメントを述べています。極右論客で、アベのブレーンともいわれる京大名誉教授、中西寛政は、「学園の思想性がない。教育勅語の唱和はだれかに見せるためのショウ―みたい」。

同じ仲間の麗澤大教授、八木秀次も「学園はなんちゃって保守だ。ひとくくりにされたくない」。竹田恒泰は「動画で公開された運動会の宣誓はやりすぎ」、桜井よしこは「この問題で明らかにすべきは政治家のあっせんの有無だ」と一転冷ややかなコメントを述べています。(*2)

彼らは右翼雑誌「正論」、「will」、「月刊hanada」などの常連筆者。これらの雑誌は毎号、日本人の民族優越性を称賛し、中韓を中傷誹謗、大東亜戦争を聖戦と位置づけ、改憲し、皇室を尊崇する国家主義こそこの国の明るい前途があるなどと繰り返し掲載しています。こんな風潮を森本学園は商機をとらえ、トンデモ小学校を開設する気になったと考えられます。

要するに、カネはなくとも、アベ政権へ向けて右翼教育を売り物にすれば、覚えめでたく、国有地の激安払下げや補助金をいっぱい引き出せる錬金術が可能だと証明したスキャンダル。

右翼セールストークに乗せた籠池某がうまいのか、乗せられたアベら右翼連中がバカなのか。アベ政権の幕引きのきっかけになれば、森友学園にとっては想定外の展開になることでしょう。

(写真はGoogle画像検索から引用)

*1  Youtubeにアキエが学園訪問の際の動画がたくさんあります。
    https://www.youtube.com/watch?v=wzTCSk0yGdk
     https://www.youtube.com/watch?v=qjnfU-gYNk4
     https://www.youtube.com/watch?v=lQSR1Kpvlbk
*2  2017年3月17日 毎日新聞朝刊

また入院

おごれるものは、久しからず。ただ春の夜の夢のごとし、とか。

あのアベ・シンゾウとアキエ。国有地破格払下げ問題に端を発して馬脚を大きくあらわし、その権勢が著しく衰退、取り巻きの”営業右翼”(*1)の連中ともどもに選挙区である長門国下関の壇ノ浦に沈む形勢が濃厚になってきました。盛者必衰の理がリアルになりつつあり,喜ばしい。

なんちゃって成り行きを期待しながら、病院のベッドでうんうん苦痛に呻吟していました。過日の午後、猛烈な下痢と嘔吐を繰り返し、ダウン。あいにく週末だったので、2日間は自宅で死んだも同然、ひっくりかえっていました。明けて月曜、最寄りの病院に行くと、腹部膨満、腹痛を伴う腸閉塞と診断、即入院とあいなりました。

まずは、最初の1週間、絶飲絶食、栄養補給は点滴のかたわら、鼻から2メートル20センチ(最終的に、さらに20センチ延長)のイレウス管を腸内に留置、チューブを伝って、ベッド脇の袋のどんどん腸内異物が溜まってゆきます。

もちろん、その間にも採血、レントゲン検査、CT, 内視鏡検査が続きます。レントゲンはほぼ毎日あった。点滴とイレウス菅でつながれていますから、動くに動けません。

つくづく老体になってきた感懐に落ち込みます。この数年間の四度も入退院を重ねています。少しずつ小規模の崩壊を繰り返しつつ、どーんと破局を迎える崖の土砂崩れをわが身に重ねます。こっちの感懐は、諸行無常の響きあり、という感じ。

点滴を引きずって、歩けるようになって、4人部屋が続く病棟内を歩いても、どの部屋もご老体ばかり。女性が多い。目立つのは、骨折患者たち。腕を吊り、よちよち歩き、足を引きずり、杖をつく。おそらく骨粗しょう症なのではないかな。

15日間、相部屋(4人)になった人たちは、入れ替わり含めて、延べ7人。閑人とおなじ消化器内科系が5人、整形外科系が2人だった。男性が年を取り、体に疾病を抱えると、どういうことになるか。

献身的な看護師や理学療法士に、いつも感謝の言葉を口にして、指示をしっかり守り、おとなしく療養に努めている良識ある人物は2人いました。患者の鑑です。ムダにトシをとっていません。

しかし、医師指定の痛み止めではなくて、坐薬を出せ、オレを朝まで寝させないのかと野太い声で看護師をしかりつけるおっちゃん。夜中に尿瓶を床に落として、ベッド回りを尿の海にしたおじさん、一晩中、菓子袋やレジ袋をカサカサ、ぐちゃぐちゃ、引き出しを音を立てて開け閉めするおっさん。見舞いの家族と口喧嘩が絶えない爺さん。いやはや”百鬼夜行”です。

おおむね、高齢者というのは、人の迷惑なんかどこ吹く風といった”無分別人間”に変身してゆくものらしい。やはり、いちばんの理由は、心身の劣化現象ではないか。

とくに長命というのは、本人の意思が及ばぬ現象だから、成り行きに任せていたら、精神のタガが緩んでいくようです。自戒を込めて、そう思いましたね。


*1 もともとしっかりした思想信条にもとづく右翼、極右ではなく、権力者がそうなら、そうした言動をとる方が世渡りの得だとおもねっている人間のことと理解しています。

先の大戦は、アジア解放の正義の戦争だった。新憲法は押し付けられたもので改憲は当然、東京裁判は間違っている、教育勅語こそ道義大国になる根本精神などと言い募って、アベに群がる連中のこと。おべっか政治家、御用学者、評論家などのほか、サンケイ、読売はじめ右翼雑誌などマスコミにも目立つ。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる