FC2ブログ

君君たらずとも

サガワ某の証人喚問は、予想どうりの茶番劇でありました。サガワは上には忠誠心をいかんなく発揮し、すべての責任は部下にあり、自分は立場上、たまたまその職にあったため責任があるといえばある、という逃げの証言しました。

むなしい一幕が終わると、いろいろな有識者がもっともらしい見解を述べていました。自民党幹部のように、「これで一件落着した」という発言を除けば、いずれも当たらずとも遠からずです。おしなべて証人喚問の限界に不満を抱く内容です。

そのなかで、核心部分の経緯や理由について回答を避けるサガワの姿勢を批評した前文科次官、前川喜平さんの言葉が心に残りました。前川さんは、こう述べています。

「封建時代の君主に仕える家来のイメージで見ていた」と説明。「『君君たらずとも臣は臣』とも言うが、どんなに主君がひどい人でも、仕える者は命がけで仕えるんだという封建時代の倫理を感じた」と語った。

(*1)

サガワにとっては、「アベ一派のお家大事」が第一であり、次にそうすることによって「家禄」を守ることに必死だったというわけ。21世紀のいま、国民のためではなく、一部の権力者へのへつらい、わが身の保身だけを汲々と語る時代錯誤の公務員の正体を見せられたもので、すこぶる後味が悪い。

公務員は国民全体の奉仕者であり、一部の党利党略に加担するべきものでない、という民主主義の原理を口に出すのもアホらしいような話です。あれほどまでしてアベ一派への忠誠心をあからさまにし、保身を図りたいのか。権力者の威を借る役人へ憐憫の情さえ浮かびます。こうした気分のときの憐憫の情は、軽蔑よりも、なお深い感情です。

喚問する側だった国会議員、なかでも自民の質問は語るに落ちた。ここでも民主主義を語るのがむなしいほど、堕落ぶりでした。国民の共有財産であるべき公文書が行政の都合で改竄されているのを知らされず、一年以上、国会で議論をしていた。

政権と行政が裏で手を結び、国会、つまり国民全体をだましていたことに何の怒りも反省もなく、騙されていたことを容認する自民党とは、いったい何なのか。

自分の責任について、たまたま破格払い下げが発覚したから、仕方なく自分の責任を認めただけで、ほんとうは、そうではないというニュアンスが込められていました。これは、サガワにすれば、巡り合わせが悪かったという気持ちなんだろう。

実際、サガワが財務局長になったときは、すでに取引は終わっていたからです。改竄の件の前に破格払下げがあり、この点はサガワの前の局長であるサコダが噛んでいるのは間違いない。カゴイケの愛国教育に共鳴したアベとアキエが総理秘書官、イマイやアキエ秘書、タニサエコを操り、暗躍したのもサコダ時代です。

悪いヤツをいつまで眠らせるのか。


*1 https://www.j-cast.com/tv/2018/03/29324848.html?p=all






記憶がございません

忖度官僚の鑑、前国税庁長官サガワ某の証人喚問が27日と決まった。すったもんだの末、自公が折れた。

逃げられるものなら逃げてみようとあがいたが、支持率急落などの世論の動向をみて、折れたふりをしたわけ。アベ政権はサガワを人身御供に出して沈静化するのなら、お安い御用だと腹の中では、ほくそえんでいるかもしれない。

なぜなら、証人喚問は、これまでの例からいえば、実効性がないからです。議院証言法に基づき、虚偽の陳述は致しませんと宣誓するけれど、傍に弁護人をおき、「刑事訴追の恐れがありますので、お答えを控えます」、「記憶がございません」、「記憶にありません」と連発すれば、それ以上の深追いができないからです。

そんな記憶にございませんは、衆目には”ウソにきまっている”と強い印象を与えますが、議院内では物的証拠や別の証言など立証材料を提示できる仕組みになっていない。なにより、記憶があるかどうかは、証人のアタマの中の問題であるため、最終的には他人がうかがい知れない領域だからです。

サガワが恥も外聞もなく、あるいは厚顔無恥にも、それを連発したら、サガワ個人の人格はもちろん財務省の信用失墜にかかわりますが、敢えて、そうするに違いない。こんなばかげた予想が当たることは、国民にとっても大不幸なんですが、、、。

追及する側ができることは、そんな陳述で逃げ切ろうとする証人が、ウソをついているという悪性の度合いをアピールすることしかありません。

こうした証人喚問は不毛の議論の場であることは、1976年、あの大疑獄、ロッキード事件でロ社とタナカ・カクエイの贈収賄を仲介した政商、小佐野賢治が、このフレーズを連発していらい、ずっとそうです。

サガワが良心の呵責を感じて、真相を明かすことは考えにくい。公文書偽造・行使等の罪で刑事訴追(起訴)されたら、最高懲役10年以内の罰をくらう。退職金5000万円はフイになる。天下り先の面倒もなくなる。36年間の役人人生を棒にふる、、、、、どう考えてもサガワが、すべてをどんでん返しという挙に目覚めるとは、思えません。

冒頭、アベ自公政権が証人喚問を了承した裏には、”記憶喪失術”で逃げ切れると読んでいるからでしょう。野党ができることは、アベとアキエが国有地払下げ問題の主役であることを、この証人喚問の場を借りて、サガワ答弁とは別に立証していくことです。

さらに、たとえ記憶喪失術であろうと、アキエ、タニサエコ、サコダなど重要関係人物を喚問の場に引き続き、引っ張りだすことでしょう。積み重ねれば、必ずボロを出します。世論がわきます。支持率は下がります。

そして、大阪・東京の両地検特捜部が、検察の汚名返上のためにも乾坤一擲の強制捜査に出るべきです。こんな総理大臣の国有財産私物化問題に手をだせないようなら、司法は死んだも同然です。

続々 トカゲのアタマを切ろう

本日(3月15日)発売の週刊文春のトップ記事の大見出し「安倍夫妻の犯罪」。安倍のあとに小さく「首相」と申しわけに付いています。

かつてロッキード事件の主犯、田中角栄を退陣に追いやったのは、文春の記事でした。リクルート事件でタケシタ内閣が崩壊したのは、朝日の特報からでした。そうです。マスメディアの存在意義が本領発揮するときです。今回も核心はアベシンゾウと・アキエにあります。

さて、佐川が、佐川がと口をひん曲げて責任転嫁、開き直っているアソウ。そのアソウをかばう一方、改竄は財務省の独断であったかのように印象操作する狡猾アベ。あいかわらずノーテンキなアキエ。本来の主役たちが浮き彫りにされてきました。

前回のこの欄と同様にネット上に投稿された絵解きを引用してみましょう。

佐川ら財務相一派が文書改ざんを始めた時期は、アベのこの発言(*1)のあとからと一致しています。佐川国会答弁に足並みをそろえて改竄したのではなく、そのまえのアベ答弁がきっかけです。忖度、もしくは改竄指示です。

DX__bZsU0AADN9n.jpg

アベとアキエは教育勅語を唱和させ、アベ崇拝を園児に教育するカゴイケに共鳴、カゴイケもアベ威光の利用した。はやくからカゴイケは安倍晋三記念小学校を計画していたことが分かる看板、また父母への寄付申し込み書にも、そう書いてあります。その証拠が下の二枚。アキエが感涙した所業です。

28685424_1974691389525354_4071835219972774287_n_201803151109290b2.jpg

28782753_1974691526192007_6834281542185534860_n.jpg

カゴイケなんか知らんといったアソウも二年前、にこやかにカゴイケと、その娘といっしょに記念写真撮っているじゃーありませんか。(*2)

DYFfp1lVAAA68iq.jpg

アキエは小学校予定地をみたとき、「いい土地ですから、前に進めてください」とカゴイケ夫妻に話しています。(*3)今回、削除されていますが、この話はカゴイケが国会で証人喚問されてとき、カゴイケが証言していた。ちなみにカゴイケが暴露したアキエから100万円もらったという証言は、いまもって偽証罪で立件されていません。つまり、カゴイケ証言は間違いないのです。

DYD62UwUMAAd9zh.jpg

削除個所280-300個所という今回の改竄から、重要ポイントを取り出したのが、下のイラスト。民主国家の根幹を揺るがす前代未聞のスキャンダルであることが明々白々です。(*4)

29216697_1665021750259448_33696340230238590_n.jpg

国会に召喚すべき人物はまだまだいます。最初の近畿財務局で対応したサコダ元理財局長、小学校開設条件を緩和したハシモト
許可したマツイ、アキエと財務省の交渉役、タニサエコらも欠かせません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*1 市民メディア放送局 2017年10日国会答弁
https://www.facebook.com/shiminmedia/videos/1691039354275823/

*2 著述家、菅野完氏がカゴイケ書類から見つけたもの。

*3 NHK WEB NEWS 3月13日
   全文書公開 「森友」文書書き換え 財務省調査結果
   https://www3.nhk.or.jp/news/special/moritomo_kakikae/

*4 フジテレビ系 グッデイ調べ

続・トカゲのアタマを切ろう

前回のこの欄で「トカゲのアタマを切ろう」を書いた翌日、毎日新聞朝刊は「財務省、森友文書の改ざん認める」と大見出し。一面トップ横断の「黒地白抜き」文字が躍動しています。ついに出ました決定打です。

国家の行政決済文書を為政者が、あと知恵で都合よく改ざんする。泥棒が足跡を拭いて回るような、歴史的事実を自己都合に修正するような、いうまでもなく法治主義の根幹を揺るがす、トンデモナイ事態です。

昔から一枚の写真は、百万言の言葉を語るといわれます。きのうきょうのFB(フェースブック)には、この問題の本質をまことに的確に表現したイラストと写真が出て,います。

閑人の駄文なんかよりも、いっそう訴求力が豊かです。出典を明記、シェアーさせてもらい、拡散すべく紹介します。



    (http://bogonatsuko.blog45.fc2.com/ ぼうごなつこのページ)

アベが、国会答弁で自信満々に「妻や私が関与してたら議員を辞める」とまで公言したため、役人たちは、それに寄り添った答弁なり、改ざんなりをせざるをえなかった物語です。

28872858_1698612193565712_6400417391859204096_n.jpg

            (10日 日テレBreakingNewsの一場面)

直属上司であるアソウの責任を問う論調がありますが、行政上の最高責任者はアベであり、また問題そのものもアべとアキエの国政私物化にあります。

最終的責任はアベにありますが、当人は財務省官僚のせいにして逃げ回るつもりのようですから、なお、追討の手を休めてはなりません。

なお、アベ翼賛雑誌 「Hanada」の表紙写真を投稿していた方もあります。いいタイミングです。あのおぞましい常連の執筆者たちと、そのお題目の醜悪なこと。記憶にとどめておきましょう。

ついでに、閑人の嫌いな元市長、ハシモトが,文書改ざんを特報した朝日についてツイッターで「朝日の大金星」」と称賛しているのには笑えます。勝ち馬に乗りたいのでしょう。年末恒例のアべとのメシ食いは、もうダメね。アベは消えているはずですから。(*1)

29066807_1699593003467631_1538513467894398976_n.jpg


 *1 「俺も政治家のときにはメディアと散々喧嘩をやったけど、やっぱり民主国家においてはメディアは重要だ。しかもきっちりと調査できるメディアがね。野党は全く力不足。今回は朝日新聞は大金星だな。これまで徹底した調査の陣頭指揮をとらなかった安倍政権の政治責任は重い。— 橋下徹 (@hashimoto_lo) 2018年3月10日」


トカゲのアタマを切ろう

53229.jpg


悪徳忖度長官、サガワがクビを差し出しました。本意ではないだろう。この”知りすぎた男”は詰め腹を切らされたのです。モリ・カケ問題で追い詰められたアべが、いわゆる「トカゲのしっぽ切り」にでたのです。

シンゾウの父、外務大臣だった故安倍晋太郎は息子シンゾウを表して「政治家に大事な情がない」と案じたとのエピソードが伝えられていますが、シンゾウは乳母日傘で育った人にありがちな無教養な自己中心人物です。(*1)

さて、トカゲの頭は逃げ切りを謀っています。ここで逃がしてしまうと、またまたシッポが生えてきます。ここはトカゲ退治の正念場です。

同じ日、近畿財務局で例の国有地払下げを担当していた部署の国有地管理官なる役人が、官舎の自宅で首をつって自殺していたことが明るみにでました。ネットメディアでは、決済文書の原本と上司の名前を上げた遺書が残されたとあります。財務省が遺族の口封じにでたとのニュースもあります。ぜひぜひ公開が望まれます。(*2)

元特捜部検事は「自殺者がでる事件は本物である」と冷徹だが、真実を物語るコメントを出していました。(*3)そうです。モリトモへの国有地払下げ問題が明るみに出たときから、これは疑獄になると、おおかたが直感しましたが、遅ればせに本来の疑獄になる展開を見せ始めました。

自殺者の上司の一人で払下げ当時の近畿財務局管財部長は、まだ50代後半にもかかわらず、はやばやと天下り、いつのまにか月収100万円以上という独立行政法人「水資源機構」(埼玉)の理事に収まっていたとメディアが伝えました。(*4)

サガワと異なるかたちでの”論功行賞と見られています。これはアキエと財務省を取り持たされたノンキャリの女性秘書が異例の一等書記官としてイタリア大使館に昇進、出向したケースと似ています。

この問題にかかわる役人たちは、すべて何らかの厚遇を得て、しかも表に出ないところに潜みましたが、サガワだけは立場上、矢面に立たされました。遁走劇を続けましたが、矢尽かされました。

ただ、サガワが国会で「知らぬ、存ぜぬ」とシラを切っていたのは、誰の目にも、それはバカ殿シンゾウとその天然妻、アキエをかばうためです。忖度役人の真骨頂をみせていたのです。いわば安宅の関で主君義経に対する弁慶を演じたにすぎないのです。核心は、なぜウソ答弁をせざるを得なかったか、です。

朝日新聞が2日朝刊で特報した「森友学園国有地売却の経過を示す公文書が書き換えられていた」記事に続いて毎日新聞も別の公文書でも書き換え疑惑と追及。この問題隠しのため昨秋、必要もない衆議院解散、総選挙と国費の無駄遣いをやって逃げ切りを謀ったアべの陰謀が再び燃え上がりました。

国政は停滞し、法治国家である民主主義的手続きがないがしろにされ、権力に群がる連中のために国家の財産が私物化されるなど、およそ先進国家とは思えないような醜態、堕落、不公正、不平等ぶり。これらのすべての責任は長期政権に胡坐をかいた、シンゾウとアキエのバカモン・コンビにあります。

アベの専横と、その威光に膝まづく連中、おこぼれ頂戴の輩があふれる異常な事態が続いていますが、モリトモが終息しても、続いてカケが再燃するでしょう。もはや二人目の自殺者が出ないまえにアベは退陣するときであります。

時あたかも、外交面では、アベが国難、国難と危機感をあおって政治利用した北朝鮮はちゃっかりアメリカと首脳会談を調整し、”アベ型圧力鍋”の頭越しに対話路線をもう展開しています。アベのやることは、すべてからくムリなんです。

(写真はGOOGLE画像検索から引用)

*1 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-7193.html
   安倍晋三は「おまえは政治家として最も大事な情がない」と父・安倍晋太郎に評されていた

*2 2018年3月9日 http://tanakaryusaku.jp/ 田中龍作ジャーナル
    【森友・公文書改ざん】書き換え役の近財職員が自殺 「原本」と遺書見つかる

*3 https://twitter.com/maedatsunehiko
    前田恒彦 -元特捜部主任検事のつぶやき
     つらい話ですが、特捜部では「自殺者が出る事件は本物だ」と言われています。ただ、他の関係者は「死人に口なし」を好     都合として自殺者に全責任を被せようとしますし、キーパーソンであればあるほど捜査も困難となります。連鎖自殺も懸念さ    れます。

*4 3月9日 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/224678
    決裁文書改ざん疑惑のキーマンは財務省から消えていた




飛蚊症

朝、目を覚まし、そのまま白い天井を眺めていたら、視野の先がいつもと違います。天井にコウモリのようなかたちの小さな影が見えます。目を動かすと、黒いコウモリもいっしょに動く。

若いころから飛蚊症を持っていますので、小さい虫のようなものが飛ぶのにはなれていますが、こんなかたちのモノが目に現れたのは初めてのこと、飛び起きました。

なにしろ左眼が三年ほど前、突然、失明した身。このうえ、見えている右眼にも異変が起きたら大変とあって、恐ろしくなり、行きつけの眼科医へ。

なにやら薬剤を点して20分ほど右眼を閉じていたあと、眼球の写真を撮り、簡単な診断の結果、そうとう年配の医師の診たてでは、「飛蚊症ですな。飛蚊症には大小、形もさまざまあるが、この程度なら、大丈夫。網膜剥離なんかにはつながらんでしょう」。

というわけで一安心。飛蚊症には生来のものと疾病のものとがあり、疾病のものは網膜の膜が大きく剥がれたり、黄斑部がはがれると、視力低下、失明という事態に進むらしい。そうなると、目先が真っ黒になるそうだ。怖いなあ。

医師は「僕にも大きな飛蚊症を持ってますよ」と笑っていた。ふだんぶっきらぼうの老医師は左眼失明いらいの付き合いだから、おもいやってくれたようです。

司馬遼太郎のエッセイには、よく自身が飛蚊症であることを書いています。たいがいは自力では、どうしようもないことのたとえに使っていたような記憶があります。

天変地異の自然災害はじめ、神も仏も及ばぬ事柄は森羅万象に多々あります。西洋文化はそれらを科学的、合理的に解析、抑え込もうと挑みますが、東洋の文化では、諦念をこめて受容し、共存しようとつとめます。

とはいうものの、さる高僧ががんになったとたん、慌てふためいたという逸話や、さる実業家が病床につくや、山のような大金を積んで特別な治療を懇願したという体たらくもあります。要するに、往生際になると、受容と共生の東洋文化もあったもんじゃない、欲望丸出しというのが現実のようです。葉隠れの武士道なんて、ありもしない建前といっしょで、内実は、ガタガタです。

右眼まで失明するのかと心配しだすと、恐ろしさが止まらないだけに、この新しい飛蚊症の出現には驚かされました。春なお浅い朝の一幕でした。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる