FC2ブログ

平和の詩 「生きる」

爽やか、すばらしく、心打たれましたね。
沖縄全戦没者追悼式。中3少女の「生きる」という自作の詩の朗読。

近年ずっと何を言っても、何が発覚しても、世界の情勢が動いても、ウソ、ごまかし、はぐらかし、、、腐臭ふんぷん、不誠実なアベ政権。うんざりするような脱力感に陥るなか、泥池に咲くハスの花を見るような清らかな朗唱でした。

沖縄をこころから愛し、過去の悲惨な歴史を乗り越えて、平和な未来を希求する気持ちがほとばしっています。耳を傾けながら、前後9回訪れたことがある沖縄の海と空、平和の礎、辺野古の工事現場、延々と続く普天間基地などの風景を思い出していました。

まだ幼さが残る小柄な相良倫子さんは、祖母から聞き及んでいた沖縄戦の記憶をもとに、多くの無辜の人々が亡くなり、美しい海と大地が壊された事実を訴えました。7分半の長さを思わせない優れた内容でした。

来賓席。抗がん剤治療の副作用か脱毛した頭に帽子をかぶった翁長知事が厳しい表情で前を向いていました。すぐそばに沖縄の衣装、かりゆしふうの黒い服に身をつつんだアベが座ってました。せんだっての大阪地震の被災者を見舞ったときは、もっともらしい青い作業服姿でした。

TPOなんてという気の利いたものではありません。その場かぎりの服装が物語るように、アベは、直近の問題に全力をあげるふり、見舞うふり、悼むふりをしています。国民の好感度を得るための着ぐるみたいなものです。

アベのやることなすことは、すべてより良き指導者の「ふり」であって、本性では地震の被災地のことも沖縄のことも「わたしは、どうでもいい」(トランプの妻、メラニアが先日、移民の親から引き離された子ども収容所を見舞った際にきていたジャケットの背中の文字、I  REALLY DON'T CARE, DO U?、、、、、、、、)のでしょう。

そうなければ、あれほどは諸事万端に口先だけの言葉で、責任を取らず、言い逃れたり、開き直ったりする不誠実な立ち居振る舞いができるはずがない。トランプのポチであることだけが政治生命の延命になると信じているような愚かな人物です。

相良倫子さんのまっすぐな詩がきわだって意味深い。大切であることが分かります。全文を引用させてもらいます。

safe_image.jpg


私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。  

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、
何と美しい島だろう。
青く輝く海、
岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、
小川のせせらぎ、
畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、
優しい三線の響き、
照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、
生まれ育ったのだろう。
ありったけの私の感覚器で、感受性で、
島を感じる。心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが
この瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり
私の中に広がりゆく。
たまらなく込み上げるこの気持ちを
どう表現しよう。
大切な今よ
かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。
 
七十三年前、
私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、
光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。
火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、
懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。ただ、それだけで。
無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。
 
摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、
心から、誓う。

私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。
全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。

あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、
私と同じこの瞬間(とき)を
一緒に生きているのだ。
今を一緒に、生きているのだ。
だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。
平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。  

私は、今を生きている。
みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。
一日一日を大切に。
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。

大好きな、私の島。
誇り高き、みんなの島。
そして、この島に生きる、すべての命。
私と共に今を生きる、私の友。私の家族。
これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。
真の平和を発進しよう。
一人一人が立ち上がって、
みんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。

(*1)

(写真はGOOGLE画像検索から引用)

*1 6月24日 毎日新聞電子版

初めての顔合わせ

"老いぼれ"と”ちびのロケットマン”による初めてのご対面劇 in シンガポール。
鳴り物入りの前評判に比べると、中身はいまいち。
肉なしのサンドイッチ、あるいは、薄味のアメリカンコーヒーといった印象。

でも、幕間の感想とすれば、(まあ皮肉をこめて)、よかった、よかった、としましょう。なぜなら、ご両人が会って、握手を繰り返している限りは、小競り合いも衝突も当面、回避できるからです。政治ショーであれ、なんであれ、お芝居を演じている間は、戦争にはならない。ご両人の効用は、それがいちばん。

ご両人は、これから先、ずっとなんにもしなくていいから、機嫌よく握手をして、ハーゲンダッツのアイスクリームをなめ続けてほしいものです。そうすることで、世界に波風が立たなくて済みます。

fc2blog_2018061411050274a.jpg


もともと、どっちも信頼できない、嫌われものの指導者同士。お互いアタマに血が上って、チャンバラごっこに走れば、北東アジアどころか、地球に破滅的な悲劇を招くきます。こんな悪役同士のメンツの張り合いに巻き込まれると大変なことになります。

あの合意文書についても、あいまいな約束事を書き連ねただけで、具体性に乏しい。北が約束したとされる「朝鮮半島の非核化への道」についても、こんなことが可能かどうか。いちばん肝心な検証可能な方法や期限については触れていません。ザル約束です。

金委員長は先刻承知のはず。あのリビアのカダフィ大佐、イラクのフセイン大統領。ともにアメリカの圧力に屈して、核開発から手を引いたあと、抹殺されてしまった。金委員長は、しっかりこうした故事を踏まえているにちがいありません。

ですから、なにをなんと言われようとも、乏しい国富を出し切って、核抑止力を昨年末に達成させた。その余裕でもって、韓国とアメリカの誘いにのってきてます。今度の狙いは「核抑止力による相互平和」の見返りに体制保証と経済支援を引き出すことでしょう。

合意文書には「北朝鮮の非核化」とは言っていません。「朝鮮半島の非核化」です。このことは、北ばかりでなく、在韓米軍をも縛ります。3、2000人も駐留する在韓米軍が核兵器を所有しているのは間違いないでしょう。少なくとも戦術核(普通、射程500キロメートル未満の核兵器)は保有して、北とその背後にいる露中に対峙しているはずです。

非核三原則を国是とした日本。その国内でさえ米軍は核を持っていたのですから、韓国でも当然持っていると推測されます。朝鮮半島の非核化というなら、北は当然、米軍にも約束の履行を迫ることになるわけです。

非核化について「段階別、同時行動の原則」という文言が文書にあります。こっちもカードを切るから、そっちも同じカードを切れという意味だと解されます。そんなことをアメリカは受け入れられるだろうか。

当初、指摘されたCVID(完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化)について合意文書に記載がないのは、この点だけを見ても、分かります。厳重に条件を付ければつけるほど、アメリカ側も首を絞めるので、記載がむずかしくなるのは当然と思えます。

日本人の拉致問題については、トランプは金委員長に伝えておいたと言う感じ。アベがうるさく言ってくるので、ガキの使いを買ってやった。あとは当事者同士で話し合え。そういった語り口でした。

トランプは人権問題なんか、なんの関心もないのです。就任いらい黒人射殺事件へのコメントやらメキシコ国境の塀づくりとか、海外移民の受け入れ制限など、彼のやったことを見ればわかります。

ただ、アベが手柄顔でトランプに頼んだと、なんどもしゃべったことは、結果的に「拉致問題は最重要課題」と言ってきたにもかかわらず、アベが、なんにもしていないことが、はしなくもバレたことを意味した話でした。

アベにとっては拉致問題というのは、北の脅威について国民感情をあおる政治利用にすぎない。昨年の総選挙まえの「国難」と同然です。すでにそういう指摘は被害者家族からも公然と批判されています。

在任5年、内閣の最重要課題だと口走りながら、北とまともに話ができる窓口一つ作っていないのです。こういう口先ばかりで、しかも平気でウソを重ねる、頼りない指導者を金委員長どころか、トランプも見透かしていると思われます。

朝鮮半島に冷戦構造の遺物、分断国家がある遠因に大日本帝国の誤った国策があったことを認めようとしないアベでは、拉致問題の進展はのぞめない。トランプが右(首脳会談開催)だといえば右を支持し、一転、左(中止)だといえば左を支持、二転、やっぱり上(開催)といえば、上だと右往左往のアベを世界は冷笑しています。

(表はGOOGLE画像検索から引用)

フラストレーション

巷に欲求不満と不機嫌があふれています。みんさん、便秘か頭痛もちみたいに見えます。
なにかといえば、例のアベ夫妻案件である「森友学園」についての、「お上」のホコの収め方です。

一つは地検の捜査。もう一つは財務省の責任の取り方。双方とも、いわば真相に迫らぬ幕引き。だれもが、納得できない顛末について、国民はいらだち、怒っているのです。心底そう思います。

大阪地検特捜部は告発された6つの容疑について、なんと関係者38人をいずれも「容疑なし」、「容疑不十分」と認定しました。地検は容疑の構成要件をひねくり回して、できる限り狭く厳しく解釈して立件を見送った。公務員によるあれだけの不正について、いずれも法令の趣旨を枉げていないとしたわけです。

検察は、ふつうなら狙った事案とあれば、多少の拡大解釈をしてでも、起訴に持ち込むのが常道なのに、今回は告発をうけていやいや捜査したようで、財務省への家宅捜索さえ行わない腰の引けたやり方。逃げ道をわざわざ広げてやったように見えます。

この案件の表徴、「忖度」ということばが、地検の捜査にも及んだとしかおもえません。やはり、検察には政権側にたつ「国策捜査」への配慮が脈々と流れているのだと思わせられます。特別な使命をもって編成された特捜部の看板は、いまや名ばかりです。

この国の司法は制度的には三権分立といっても、事実上は行政府の官僚にすぎない。裁判官も検察官の法務省の役人。検事が起訴すれば99%以上の事案が有罪となる実情。ですから、検察は裁判所の仕事も兼ねているようなもの。今回のは裁判所のシロクロ判断を仰ぐこともなく、38人を「無実」としたわけです。

民主国家の根幹を揺るがす国会での虚偽、文書改竄、廃棄、隠蔽の数々、国有地の不当払下げ、、、、何もかも、みんなそろって、罪にならないのですって。あらゆる法令を駆使してでも立件すべ巨悪の事案なのに、、、、、呆れてものがいえない。

これほど悪しき前例ができると、全国の公務員諸氏は、こんご自由自在に安心して、公文書の虚偽、改竄文書を作成できるようになるのではないか。こんごは、「公文書には、ご注意」あるいは「信用できないことの代名詞」という世の中になりそうです。

地検の判断について、さっそく、東京と大阪から検察審査会での審査要求が出されたが、当然の流れとはいえ、審査資料を提出するのは地検側だから、どうなることやら、この国の法と正義は生きているかどうか。特捜部の主戦派(いるとすればですが)が、検察審査会の起訴判断をひそかに待つ、という構図を期待しますが、ムリか。

財務省の処分について。あの虚言官僚、サガワが停職3カ月。退職金から天引きするだけ。5千万円弱の退職金からたった3か月の給与棒引き。アソウに至っては殊勝にも一年分の閣僚給与を自主返上だって。銀座の酒場で年間、数百万円飲み食いする手合いだから、173万円くらい、おそらく内心はへとも思っていないだろう。

国民が知りたいのは、バカ大臣の「どや顔」パ―フォマンスなんかじゃなくて、即辞任、政界引退なんです。アベといい、アソウといい、「努力せずとも報われる」世襲の愚かなアホボン連中に、この国が牛耳られています。

ただ、財務省も本丸に火の手が迫らぬように四苦八苦の忖度をしたあげく、忖度協力した側だけが、一応の責任をとらされたことには、大きな不満が組織内部に浸潤するにちがいない。今後、財務省による暴露やサボタージュで反撃を期待したいが、ムリか。

法が裁けぬ、正義が克たないならば、時代劇なら必殺仕掛人なり、西部劇ならガンマンが登場するのだが、民主国家は、そういう問題解決者の存在を認めていない。

三権分立制度は、権力の相互牽制によって、法と正義を自浄するのが仕組み。それが正常に働かないと、もはや国家とはいえない。この国は、そこまで腐敗、逸脱して来ています。アベ政権は国民をなめ切っています。

怒れ、有権者たち。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる