建前のこと

ウルマなる元警察庁長官上がりの官房副長官が「なに、この件は自民党には及びませんよ」という趣旨の発言をしたと伝えられる.。オザワの第一公設秘書が、政治資金規制法違反で逮捕されたときのオフレコ発言である。民主党サイドにとどまる不法行為であると、いち早く捜査の見通しを開陳したわけだ。

これはひどい。ひどい話だが、政権側にとっては本音だろう。不人気の政権にとって、敵失はありがたいから、ついつい、はしゃいで洩らしたのかもしれない。

民主党サイドから、時局に照らしてみても、これは民主党とオザワを貶める国策捜査であるし、政府与党と検察の出来レースだと抗議の声があがったのはムリもない。

ところが、政府・自民党の政治家たちは検察は不偏不党 法と正義に基づいた公正な捜査をするところで、そのような疑問を持つこと自体、三権分立による民主主義を否定するものだと反発している。

こういうときに、こうした建前を持ち出してモノを言う連中は、本心では、そう思っていないということの裏返しである。検察や警察が必ずしも法と正義にのみ基づいて捜査しているとは誰も思っていない。
過去にも明らかな政治判断で捜査を頓挫させたことはあるし、組織防衛のため捜査をウヤムヤにしたことがある。そうした判断したことを当の検事総長が退職後に回顧録を書いたこともある。

昨今はやりの「国策捜査」なる言葉もムネオと組んで逮捕された外務省情報分析官、サトウを取り調べた際、担当検事が洩らした言葉であることは、サトウの本「国家の罠」に書いてある。検事の方から捜査の本質を述べている。

さて、ウルマは検察当局から情報を取って言ったのか
警察上がりの政府高官として、権威づけのハッタリを効かせたのか
ほかのなにかをケンセイするつもりで言ったのか

真意を追及されるや、例によってウルマは「記憶にない」と逃げ切ろうとしている。
当の検察当局はウルマ発言は検察捜査を侮辱したものだと捉えて、ここは一つフンドシを〆直して公正な捜査に力を注いでほしいものだ。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる