起訴

オザワの公設第一秘書は政治資金規正法違反(虚偽記載)とかで起訴された。この秘書のほかには波及しないままに終わったようだ。こうなると、強制捜査の時期の妥当性について合点がいかぬ結果である。

総選挙はどんなに遅くとも9月にあるし、場合によっては直ちにあってもおかしくない。そういう時期に政権交代を担う野党第一党の代表の秘書を槍玉にあげる以上、国会議員のあっせん収賄とか脱税、あるいは多くの同様行為者の摘発等を狙ったものと受け止められた。それほどの反響が沸き起こる摘発であった。特捜部が乗り出していることに国民の信頼や期待がある。

しかし、いっちゃなんだが、ネズミ一匹でしかない。これでは検察があろうことか、政府、政権党に与して、野党第一党への信頼や評判を貶めて、政権党の利益擁護に走ったのではないかみられてもおかしくない。虚偽記載などという容疑は、どんなに悪質であっても現行犯ではない。形式犯であって、場合によっては強制捜査を伴わずに規正できるものである。検察はまさか野党第一党の選挙資金断ち、つまり兵糧攻めをするのに手を貸したのだろうか?!。

いらぬ勘繰りをされないために捜査の時期は選挙後であってもよかったのだ。検察は珍しく捜査に触れて記者会見をし、捜査の意義を強調していたが、多くの国民はやはり今回の結果で終わるようなら、合点が行かないだろう。特捜部の面目、士気にもかかわる結果であった。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる