JR西のダーティー対応に思う

大量の犠牲者を出したJR福知山線の脱線転覆事故を調べる国交省の事故調査委員会が、調査内容をJR側に漏えいしていたことが明るみに出た。事故調側委員が飲食の接待などを受けて、報告書の内容を洩らしていた。おそらくJR側は不利にならない論述の仕方まで要請したにちがいないと想像される。

このニュース、「やっぱりね」というのが第一印象。

大きな企業の不祥事を、国が委託した調査委員会が、法と正義に基づいて調査するとは考えられないからだ。犠牲者の側は個々バラバラの素人集団であるから、コトの本質がわからない。

この事故調には、JR出身の委員が含まれている。かれらが出身母体に公正、公平であるとは、おそらくダレも思っていない。かくして事故調査に対するjR側と犠牲者の遺族の力関係がすでに偏向している。

企業エゴというのは、企業の利潤追及、組織防衛のときに最大限に発揮される。死に物狂いで手を尽くす。この際は、暗黙のうちに法や規則やモラルさえも無視される。深く潜行して、いかなる汚い手をつかっても、社内では容認される。いかにダーティーな手段方法であっても、結果がうまく行けば、是認される。「愛いヤツだ」という評価に繋がる。

「そんなことまでして、いいのですか」などと言う者は、弱いヤツ、忠誠心に欠けるヤツとされ、結果を問わず、のちのちまで冷や飯を食わされる。うまく行った場合は、その立案、実行した連中が一種のマフイア的結束でひそかに連帯、勝ち組人事に群がる。

問題が起きると、だいたいこんな構図が社内にできる。jR側の出方は、そうした構図どおりであった。
バレたら、「軽率でした」、「不適切でした」を連発するが、むろん本心ではない。彼らは会社防衛に力つきた「社神」であるから、ひそかに企業は面倒をみることになろう。

これからは問題が発生すると、問題究明のために調査委員会設置。さらに、この調査委員会を調査するシニア調査会、あるいは調査委の上級監査委員会を設置しなければならない。これも信用できないとすれば、もう一段階上の最高調査委員会を設置する必要が生じるかもしれない。

マジメに取り組むとすれば、しだいにマンガチックになってゆく。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる