「ウイニー」無罪

昼のニュースをTVで見ていたら、パソコン・ソフト「ウィニー」開発者に対する著作権法違反で大阪高裁は無罪判決を出したとあった。

何をどのようにして生み出すのか、理屈は知らないが、多方面のソフト開発者のおかげで、いろいろなフリーソフトをダウンロードして、パソコンを楽しんでいる者にとっては、ごくごく当然の判決であろうと思う。ウイニーを使っていないが、ソフトには変わりあるまい。

この開発者が問われた容疑は、著作権違反を幇助するという罪だが、判決は悪用される畏れがあるとは考えていたようだが、進んで幇助するつもりは認められないというものである。

当たり前である。刃物やクスリの製作開発というのは、使いようによっては凶器にも毒物にもなる。だからと言って、悪用したヤツが出た場合、製作開発者が銃刀法違反や薬物使用の教唆や幇助に当たると罪に問うことはない。そんなことを言い出したら、なにも発明、開発はできないではないか。世の中、善良な人と善良でない人で成り立っている。有為の人が、なんで無分別なバカの責任を負わなければならないのか。

原爆を作った連中は、明らかに最大限の効果がある大量破壊兵器を意図したのに違いない。これは罪に当たると言っていいが、ウイニーの開発者は、意図に反して悪用されることで、大いに迷惑を感じたとしても、なんの利益も得ていない。起訴自体がおかしい、無罪は当然と思える。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる