鳩の失墜を笑えるか

普天間の基地移設問題は、振り出しに戻ってしまった。
このため鳩山さんは四面楚歌、痛烈に批判されている。史上最低の首相だと唾棄する評論家もいる。野党の自民党にいたっては、敵の大失態を拍手喝采している観がある。

しかし、批判している評論家は、鳩山さんが企図して挑戦しようとした試みを、これまで主張したことがあるのか。メディアは、鳩山さんが試みた米軍普天間基地の県外移設、国外移設を推進する言説をしたことがあるのか。多くの国民一般は、沖縄の苦渋の軽減にふだん関心をもったことがあるのか。

戦後の政権で、沖縄の米軍基地を移設、縮小を図った政権はない。
橋本政権のとき、普天間縮小案がでたのは、米軍の改変上の都合であった。

沖縄の人たちの米軍基地による重荷を軽くしてあげようと考えた政権はない。いつも米国のいいなりで、この件については触らぬ神にたたりなし、の傍観者であった。

タチがわるいことに、自らの利権に関わることは、むしろ積極的に関わったし、沖縄県民の犠牲を承知しながら、米軍に阿諛追従、すりよっていっそうの便宜をはかった政治家が少なくない。


一般の国民も距離的に遠い沖縄のこうした問題には無関心であった。せいぜい観光で訪れる、ちょっと本土とちがった文化と歴史を持つ異境という感覚でしかなかった。

そんな歴代政権とふつうの国民が、今回の鳩山の失敗を非難する資格があるか。
戦後60余年、ほったらかしてきた日米同盟の大きなひずみを質そうとした鳩山さんは動機といい、志といい、その限りでは正しかった。沖縄の人たちのこころに歩み寄ろうとしたことは正しい政治であった。

鳩山さんは、独立国家として、安全保障に関して自国が主導権を握るというあるべき姿を取り戻そうとしたが、自らが設定した{5月末}という性急なタイムリミットと強固な日米両国の現状変更を嫌う官僚組織に阻まれた。日本の外務、防衛などの官僚たちは、米国国務省の一部局員である。

前回の選挙で、民主党が全国的に大勝した原因は、なにも沖縄問題の解決策だけによらなかった。普天間の基地移設案件はむしろ沖縄県民への強いアピールであったが、沖縄問題は多くの公約の一つであった。

それだけに十分な準備なしに政権の最大の公約課題に押し上げてしまったのは、民主政権の失敗だった。もっと慎重に腰を据えて取り組むべきだった。成算のある対米対策を策定し、深く広く根回しをして、四年間の政権任期のあいだに解決を迫るようにするべきだった。鳩山さんが、非難されるのは、この点の甘さである。施策の方向性そのものではない。

例えていえば、竜馬でも松陰でも、彼らが目論んだこと自体は、彼ら自身の手で実現しなかった。しかし、いまも彼らの志は大きく評価されている。鳩山さんは、出直すべきである。

それにしても、一挙に内閣支持率が20%(毎日新聞調査)に下がったことをもって、退陣論がうんぬんされているのは、なんという野党やメディアのポピュリズムだろうか。困難な問題に取り組まない方が、失敗しないでいいというなら、万事に変革はない。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 前記の三日後、6月2日、鳩山さんは退陣を表明した。

この結果、こんごいちばん懸念されることは、米軍基地の移設・縮小問題が政治的なタブー化されることだ。ここに手を突っ込むと、米国は死にもの狂いで反発し、首相のクビの挿げ替えを要求するということ。

いまひとつは米軍にとって沖縄の基地には、明らかにされたくない(明らかにしたくない)通常兵器以外の兵器を装備しており、これが日米共同の抑止力になっているということが、今回の騒動でかなりはっきりと浮上したこと。

おそらく日本の憲法上では疑義がある戦略配置に当たるではないのか、と推察されるが、鳩山さんは、これを呑まされたのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる