晩夏怪談三題

その一、国定忠治やショパンと生まれがおないドシ!!。200歳をはじめ、スーパー老人が戸籍上では生きていた。こんな幻の超高齢者が全国各地で続々見つかっている。113歳の「白骨の父」の年金をアテに暮らしていた長女や孫らが東京で逮捕された。

死ねば、火葬、埋葬するためにも死亡届を出す。出された届は年金とか国保とか、役所内の各部署に通知されて確認されるだろう。身元不明の行路病人でも埋葬されるが、自宅で死んだあと、家族が死亡届を出さないケースはたしかに把握が難しいのはわかる。

しかし、役所の担当者は実務をしながら、明治の初期や幕末の生年月日である住民が生きているのかどうか、一度も疑問を持たなかったのだろうか。まして電算化する際などは、そういう機会であったはず。

役所の弁明に、罰則がないもんで、というのがあった。ミスしても不作為でも役人は責任を問われないのだ。いまどき無責任が問われない組織・団体というのは、役所、役人くらいなものだ。税金食い野郎どもは、住民の動向に一片の愛情も持っていないのだ。

そのニ、権力抗争に明け暮れている民主党。もともと主義主張が異なる寄り合い世帯なんだが、政権についたトタン、むき出しの腕力闘争。二年任期の代表選が回ってきたからといって、わずか三カ月前の代表選出の首を変えようとしている。ならば、三カ月前のは、なんだったのか。政権交代から一年で、三人目を担ごうとしている。自民党の政権たらい回しをあれほど批判していたのに、この始末。今回のは、官房長官、幹事長ポストをカン側が独占しているのが不満の元らしい。権力に目がくらんで、政策不在、国民不在。これでは、口すっぱく改革の旗印にしている官僚主導を助長しているようなもの。キャリア官僚たちは高笑いしているだろうな。

その三、プロ野球のセ・パともぺナントレースがドングリの背比べ状態。TV観戦をすることが多いのだが、あのプロ野球解説者のいい加減さは、なんとかならないのかな。だいたいTV画面を見ているのだから、アナだけ十分、状況解説は不要なんだ。それでも解説者というのがいる理由がわからないが、彼らのおしゃべりの不勉強なこと、場当たりのこと、ウルサイこと!!。

チームや投手、各選手の前回対戦など成績や内容も把握しないまま、毎回同じセリフばかり繰り返す解説者。ここでホームランを打てば逆転(あるいは同点、あるいは反撃のチャンス)などとバカなことを大真面目に論評する解説者が多すぎる。その程度のことは野球好きの学童でもわかっている。なるほど、そうかそうか合点!と感心するようことを言う解説者は皆無だ。だいたい往年の名選手が、いい解説者とは限らない。

「今日は負けたが、明日、明後日勝てば、三連戦は二勝一敗だから、まずまず大丈夫ですよ」
 こんな当たるも八卦、当たらぬも八卦、「もし」「たら」ばかりの予想なら、だれでも言える。こんないい加減、ノーテンキな解説者なんか、いらない。

 TV、ラジオ局は実況中継に解説者がつきものという悪しき慣習を見直すべきである。それともアナだけでは力不足なのかな。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる