検察不祥事

トシとって感性が鈍っているけれど、今回の検察不祥事には信じられないことと驚かされた。

同時に新聞記者になりたてのころを想起した。研修があった。新米記者は主要な取材先めぐりを先輩記者に連れられて回る。そのなかに司法官庁の見学もあった。

裁判所のあと、大阪地検の建物に入った。先輩記者は、検察庁は政界、財界、大物たちの巨悪を暴く最後の砦だ、最強の捜査機関だ、などと説明した。あの先輩は、その後上京して、いまでは政治評論家で、メシを食っている。

若かった小生は先輩に尋ねた。「検察官が不正をしたら、誰が調べるのか」
先輩は、たちどころに答えた。「検察官が不正をすることはあり得ない」

絶大な権力機関が、なんの突っ張りもない信頼関係だけで成り立っているのは、おかしいな、政府機関は三権分立でチェック・アンド・バランスをとるのが民主社会なのにと思ったことだった。当時は生意気盛りだったが、いまでも素朴だが根本的な疑問だと思っている。捜査そのものが適正であるかどうか、チェックする方法が欠けている。(裁判の有罪率とは別の問題として)

もっとも、その後の取材経験からして、警察サイドの法令違反、道義逸脱の事例は山ほどみたきたが、検察官の不祥事はまずなかった。あったとしても、有罪判決を下された一派らによる検察陣の不正捜査と言った、タメにする論評のたぐいであった。巨悪の摘発でもって検察は威信を高めた。捜査手法が難詰されるようなケースはほとんどなかった。

それでも、検察は歴史的には、警察以上に政府権力の防御装置であって、いざとなると権力の番人の急先鋒になるものであることはおいおいに分かってきた。それにしても、悪法も法なりの範囲内での拡張解釈くらいであると思っていた。

まさか検察官の側が証拠を偽造、変造、隠滅に及んで、容疑者の悪性を立証しようというのは、想定外の奇奇怪怪である。こんなことが罷り通るなら、国民全体を捕まえることさえできてしまう。検察横暴で済まされるものでない。

今後の推移についてだが、
功名心に駆られた一検察官のせいにすることなく
検察庁上部に及ぶ責任問題、
検察一体の機構的問題
捜査手法の構造的問題、
など、検証して刷新しなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる