[DATE WITH DREW}を見る


drew



アメリカ映画には、たまにドキュメントタリーの手法で
面白い作品を創る。マイケル・ムーアーの諸作や「デブラ・
ウインガーを探して」やゴアの「不都合な真実}もそうだっ
た。

この映画は監督・主演しているブライアン・ハーズリーガーの
少年のころから持ち続けている夢を果たす「冒険の旅」一部始終。

冒険といっても、大それたものではなくて、5,6歳のころ見た
映画「E.T」に出ていた子役の少女、ドリュー・バリモアと一度
デートしたいという他愛ないもの。

現在、ドリューは子役で登場してからスター街道を驀進して、美人女
優のトップクラスになっている。(なぜか日本では公開作品が少ない。この女優は一時品行がよくなかった)

27歳になったブライアンはTVのクイズ番組で獲得した1,100
ドルの賞金を資金に、30日間にドリューに連絡をとり、デート
する計画を立てる。クイズの最後の正解がドリューの名前であった
ことに運命を感じ、ドリュー熱が再燃し、彼女とのデートを企画、
その言動を記録することになる。

30日間というのは、買った撮影用のビデオカメラが返却保証期間
(つまり、タダで使い、要済みで返せる。30日間もあるとは驚きだ)
であることと、無職が遊んで暮らせるギりギリの期間である。

こうしてブライアンは友人の手を借りて、思いつく限りの手立てで
ドリューに会う機会を策謀する。ドリューの映画プレミアムの
会場にニセプレスカードを作って侵入したり、会いたいという熱の
こもったDVDを送りつけたり、ホームページを開いたり。一方、
会った時のために腹筋のシェイプアップしたり、体毛を抜いたり。

ところが奮闘努力の甲斐もなく、期限の30日は来て、カメラを店
の返しに行くハメに。これで計画は挫折したのかと思ったとき、一
転して、幸運が舞い込み、凄い成り行きに進展してゆく。ここが実
に面白い。ネタバレを紹介するわけにいかにので、ストリーはここ
まで。

なんともノー天気というか、あっけらかんのお話だが、見ている
うちに、ブライアンの少年時代の夢が実現できるように応援したく
なる、楽しい映画。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる