オザワ起訴

検察が狙い定めて立件しようととして、二度挑戦して不起訴。検察審も二度審議。やっと起訴に決めたのが、オザワ問題。解明は裁判所に舞台を移すことになった。

検察の威信が地に落ちてはいるものの、総力を挙げて側近の代議士、秘書を起訴においこんでも尚、十分にオザワの嫌疑を立証できなかったのだから、これは検察側の致命的な一敗地。もう場面を劇的に転換できるような悪性の証拠や、適用できる法があるとは思えない。深追いするのは、いざぎよくない。言葉はよくないけれど、この勝負は、オザワの逃げ切り勝ち。

そもそも政治資金規正法の不掲載なんていうトガで、立件しようというのは、よほど検察が政治目的か、手柄争いにはやっているからだろう。こういう形式犯なら、上から下までいっぱいあるだろう。任意に標的を選び、事件にするかどうかは検察にゆだねられている。その自由な選択をやってみて、失敗したのだから、万事休すである。

いまやオザワが本当に企んだのか、隠蔽したのか、初めから何もなかったのか。いまとなってはわからない。裁判の推移も見当がつく。オザワ側が一切、否定し続ければ、新証拠、新証人が出ない限り、嫌疑不十分であろう。

罪が重いのは、知らぬ存ぜぬのオザワよりも、絶大な捜査権を行使しきれなかった検察の方である。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる