大災厄

史上最大クラスの大地震、
史上最大クラスの大津波、
我が国初の原発の炉心溶融、爆発。
万人規模の死者不明数、
最大規模の救援動員体制、
途絶する交通機関、届かぬ救援物資、食糧、医療。
立ち往生した社会活動、

いやはや空前の大惨事が発生、国家のあらゆる活動が、事態の掌握、対策、再建復興への一点に集中してめまぐるしく活動している。その責務にある人、組織がフル回転で動いている。ここは命がけの奮闘で頑張って貰いたい。救命救援を待つ現地の人々のために最大限の活動を期待している。

この際、日常の思想信条、党派性は、一時休戦、不急不要の産業経済社会活動などは後回し、あらゆる障壁を超えて立ち向かってほしい。問題によっては超法規的措置をとってでも、やるべきことをやってもらいたいものでやる。国家的な能力が問われている。

こういう事態が起きると、災厄の現場から遠く離れて、安全なところにいる者は、ただ、祈るしかない。あれこれ事態の推移について批判や批評する時期ではあるまい。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる