またまた戦争

(カダフィ大佐)
(写真はGoogle引用)

北アフリカで戦争が起きている。米英仏からなる多国籍軍がりビアを奇襲攻撃した。トマホークを打ち込み、緒戦に戦果をあげたと伝えられる。アフガンもイラクもまだ終息していない世界で、第三の戦争である。

国連安保理が承認した武力制裁とはいえ、他国の内戦に国連が介入するのは基本的におかしいことである。チュニジアのジャスミン革命に端を発した北アフリカ異変の一つだが、カダフィ大佐の暴虐政治に怒った国民評議会による反体制軍と政府軍側とが内戦化している。確かに伝えられるカダフィイの国民弾圧はすさまじいが、国連が国民評議会側を民主化の旗手とみなして、カダフィ体制崩壊を公然と支援するのは、やはりおかしい。

その国の体制は、その国の人たちが決めることで、一方に加担して開戦してまで政権倒壊を図るのは、いかがなものか。理不尽である。

そういう介入が可能であれば、米英仏が協調すれば、彼らが気にいらない国家体制をとる他国を民主化支援、国民保護の名目で武力攻撃できることになる。あの北朝鮮には、どうして、その論法で臨まないのか。結局、多国籍軍の攻撃の裏にあるのは、後ろ盾がない小国の世界第8位の石油埋蔵量にたいする利権の確保なんだろう。

もともとリビアは核開発放棄と引き換えに「テロ支援国家」の看板をアメリカに外してもらってはいるけれど、憲法も議会もない独特のカダフィ長期独裁政治を世界は快く思っていなかった。胡散臭く思っていたので、この内戦化した国内の現況に乗じて、カダフィつぶしをもくろんだ戦争であろう。

いかなる理由にしろ、ノーモアー戦争、というのは、しょせん絵空事か。大国にとっては、都合がいい戦争、不都合な戦争があることを示している。わが日本は未曾有の大震災、原発爆発で、それどころでないかもしれない。遠い対岸の火事であるのか、TVのひな壇論評家もおとなしい。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる