本 『証拠改竄 特捜検事の犯罪』(朝日新聞取材班・朝日新聞出版)

この本は朝日新聞取材班が、検察史上最悪の不祥事をスクープしたときの記録です。

いうまでもなく、厚労省の現職の女性局長逮捕(のち無罪)にまで発展した郵便証明書不正事件の捜査過程を発端から裁判で無罪放免されるまでをフォローした取材記者たちの目線から描いている。調査報道のすぐれた記録で、大変面白い。

筆者の現職のころでも、警察は極めて恣意的に捜査を行い、基本的には政府権力サイドの擁護に立ち位置を持つ捜査機関であることは、自明のことという認識があったが、検察庁の特捜部だけは法と正義の最後の拠みたいな信頼感を持っていた。なにしろ、ローッキード事件で元首相、田中角栄逮捕の一報を職場の宿直で叩き起こされて知った経験があり、特捜の強大な捜査力に感嘆したものだった。

その特捜部も近年は、政財界の巨悪やバッジ(国会議員ら)を挙げるような実績が乏しく、佐藤優元外務省情報分析官が言うように「国策捜査」と見られても仕方がないような政府施策に協力する事件を処理している。

ただ、ここでは特捜部そのものの組織の硬直性や検事の腐敗を慨嘆するつもりはなく、元取材経験者としては、なんといっても朝日の取材陣が、いかにして特捜部の鉄壁(と過大に評価されてきた)保秘の壁を突破できたか、というストリーに興味を持ちます。

やはり、いたのですね。あの「ディープスロート」が。ウオターゲート事件で米国史上初の現職大統領・ニクソン辞任に追い込んだワシントンポスト紙の特ダネを影で支えた内部告発者のことなんですが、朝日の特ダネにも、「その人」がいて、「一回だけしか言わない」と断って、検事の証拠改竄の事実を裏付ける発言をした人物がいた。前後の文脈から明らかに検察庁サイドの人物です。本のなかでは「その人」のプライバシー、取材源の秘匿を守るためか、それ以外にはほとんど紙幅を割いていない。

「その人」の発言を引き金に問題の隠滅されたFD(フロッピーディスク)の所在を探し、見つけたFDを高度な解析技術を持つ研究所に持ち込み、日付改竄の事実をつかむあたりが、ハイライトの面白さがある。特捜部長、副部長の連鎖的な逮捕は、このスクープを踏まえて露見した不正であったわけですから、やはり、不正の根幹にかかわる
「その人」証言は重要だ。

 早くから今回の郵便不正事件についてあの主任検事による強引な捜査と内部の風評、初公判いらいの証拠不採用、証人否認など特捜ストリーの破綻を思わせる不審な点が随所にあった。ここで「なんかヘンだな」と周辺を嗅いで回ったからこそ、「その人」に遭遇できたわけで、朝日取材陣は取材の本道を意一歩一歩踏んでよくがんばった。ちかごろ稀ないい調査報道だった。調査報道が実績を挙げるほどに、新たな「その人」を生み出すことができる。多くの「その人」を引き出すことは新聞の存在理由にもかかわることだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる