本 『エベレスト登頂請負い業』 村口徳行著 (山と渓谷社)

m_E382A8E38399E383ACE382B9E38388E799BBE9A082E8AB8BE8B2A0E38184E6A5AD.jpg

フリーカメラマンの著者は、日本人では最多のエベレスト登頂を5回果たしている。本物の登山家をしのぐ登山家カメラマンである。カメラマンの活動分野は多岐にわたるが、この人は世界一の高峰を極めたい登山者を追って、動画やスチル写真を撮りに同行し、あげくに御本人も登ってしまっているという稀有なスーパーカメラマンである。

著者はエベレストには十数回挑んでいるが、この本では三浦洋一(御本人は途中下山、エベレストはかつて海の底にあったことを証明するの化石調査隊は登頂)、野口健(七大陸サミッツを目指していた)、渡辺玉枝(女性では最高齢65才の登頂)、三浦雄一郎(70才、75才の二度登頂)、著者自身の記録を取り上げて、各自の登山タクティクス表を添えてある。

多くの挑戦者は5500mの地点にBC(べースキャンプ)を設営し、6200mあたりにC1(第一キャンプ)を置き、7500mのコルにC4のキャンプを設けて、体力、気力、気象条件などを勘案して頂上を目指す。常に崩壊の危険がある高層ビルのような氷柱、氷壁がそびえるアイスフォール、行く手を遮るヒラリー・ステップ、スパっと数千メートルの氷河の谷底を望むナイフリッジ、あるいは登山コースに放置されたままのむごい遺体など体感しつつ、筆舌に尽くしがたい凄まじい強風、雪と氷をついて登る。

そこに至るまでには約2箇月の準備トレーニング、遠征費用、装備食料、ポーターやシェルパの招集など大変な登山隊編成作業をこなさなければならない。著者は、その方面でもエキスパートになっているのだ。

諸条件がよければ、BCから4日間で山頂へ。三浦雄一郎の場合は、高齢者なので7日間で完遂している。いまさらながら、これらの人々の登高に驚嘆させられるが、なんでまた、そんなにしてまで登るのか、という心情にかかわる記述は少ない。むしろ血わき肉躍るTV番組の被写体になりたがっているんじゃないかと思ってしまう。

この人たちの動機がどうであれ、登山の記録はすべてTV番組化されている。いまさらながら、現代では純粋な意味でも冒険は行いがたい。世界最高齢登山者、女性最高齢、最年少七大陸サミット達成者などのタイトルを得る行為が、劇場化されているのであり、著者のすごい実績も、その冒険物語の記録をする目的のななかで果たされている。

そのことから、こうした業績を低く評価する向きもあるかもしれないが、ほんのすこし山歩きをする者にとっては、やはりエベレストは夢とあこがれの世界である。著者はエベレスト登山はある程度の体力と技術を持ち合わせていたら、果たせることだと言っているが、その「ある程度」のハードルはあまりにも高く険しい。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる