熱帯魚と原発

img7.jpg

蒸し暑さがぶり返した先週の二日間、趣味で飼育している熱帯魚が8尾も死んだ。かわいそうなことをしました。

原因は水槽の温度が高くなりすぎたせいです。熱帯魚といえども、30度を超すとダメですね。水温調節にはサーモスタット付きで普通は25度に設定していますが、外気が上昇すると、水温も高くなる。サーモスタットというのは上げることは、出来ても、下げることはできない。したがって、下げるために照明の蛍光灯を水面から高く離すリフトを使用したり、ガラスに保冷材を巻いたりしますが、水温を下げるというのは、容易でありませんね。

image.jpg


それで唐突ながら、今回の福島原発の事故を連想しました。原子炉の燃料棒なんか1800度くらいまで上昇して、高温の沸騰水を沸かしているのだが、これが事故いらい半年経ってもまだ冷却に手間取っています。原発は上げるのは得意だが、下げるのは、からっきしダメという欠陥装置であることが天下に証明されています。冷却水があると言っても、冷却水自体が300度位あるそうだから、一般のモノの熱を醒ますという感じのもでない。

考えてみれば、熱帯魚水槽だって水温を上げるのは簡単だが、下げるのは難しい。原発は温度を上げるのには成功しているけれど、それを冷却する手立てがなっていない。こんなヤバイ装置が、なぜ安心安全とされてきたのかしら。木に上るよりも下りる方が難しいという話が徒然草にありますが、似たような話じゃあーーりまんか。

ついでに言えば、そこでできたゴミ、つまり使用済み核燃料(放射性廃棄物)の捨て場がない。いまだにこんな議論があります。

再処理して気体、液体にして流してしまおうとか
水面下2000メートルくらいの海底に沈めようとか、
600-1000メートル下の地中に埋めようとか、
最近ではモンゴルの草原に埋設しようとか

政府は青森・六ケ所村に廃棄物処理場を建設、特殊な金属の箱に廃棄物を詰めて地中深く埋めようと試みていますが、半減期がプルトニュウム2万4000年、セシウム30年。さらに千分の一に減少するには、その十倍もかかるという放射能です。そういう長いスパンの間、安心安全であって、なんの地異天変、地殻変動がないとだれも保証できません。24万年先や300年先の日本人の安全をだれが論証できますか。

要するに、ゴミの捨て場を模索しているような段階にありながら、一方でこの地震国にどんどん原発をつくり、すでに54基もあります。

経済成長には原発は欠かせない。電源比率の3割を占めている。政府、電力会社、経済界、原子力ムラの研究者たち、マスコミが原発促進のスクラムを組んで、安全安心モードを作ってしまい、おおかたの国民は失礼ながら、特別な根拠もないまま原発促進派、容認派に巻き込まれていましたが、今回の福島原発の事故をきっかけに、そうした洗脳から覚醒することになった人も少なくないだろうと思います。

今となれば比率3割という数字も勘ぐりたくなります。火力や水力発電の操業を故意に停止して生み出した数字じゃないのかな、と。今夏、電力不足が喧伝されましたが、不足事態は起こらなかった。水力、火力の操業再開と節電努力があいまって奏功しています。

二酸化炭素を排出しないように、資源の枯渇を来さないように国を挙げて有効な電源開発研究に取り組むことが必要です。原発依存をから撤収すべきでしょう。冷やすこともゴミの捨て場もないような原発が、安心安全であるはずがない。!!クリーンな放射能なんかなかったのだ。

供給可能な火力発電のほか自然(太陽熱、水力、風力等)を電源にする開発を進めるといい。原発推進に投入したった巨額の費用をもってすれば、自然電源なんか開発できるはずでしょう。人類を危険にさらすようなヤバイ装置に頼らない範囲で経済成長を考えればいいんです。

                                            (写真はGoogle)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる