橋下さん考

大阪府知事、橋下さんは、この秋の大阪市長選に出るため一期目の任期を残して、知事を辞めるそうだ。辞めた後釜には、橋下さんが意中の人を押し出すという。知事からわざわざ市長に横滑りしてまで、やりたいことは、「橋下市長」と「擬似橋下知事が」二人三脚になって、大阪を「大阪都」にしたいと切望しているからのようだ。こんな話を過去に 聞いたことがないし、そんなことを可能にする法律もないから、これは、そうとう前途遼遠な構想じゃないですか。本来なら、先に立法しておかなきゃね。

私は府民の一人だが、なんでまた、そんなややこしいことまでして「大阪都」にしたいのか。さっぱりわからない。政令都市、大阪市と大阪府との並立では、いろいろとダブル部分が政策や予算面にあるから、ムダが多い、いっそ一つにまとめてしまおう、府より都の方がカッコいいではないか、ということなのかな。どのような分野にしろ、この一つにまとめてしまおうという全体主義的的な発想は、多種多様な個性や存在を封じるアブナイ発想だと私は思っている。地方分権というのは、ちっちゃい自治体や、大きいのが混在していてこそ、味がある。みんなが橋下さん好みのシャツを着せられるのはかなわない。シャツは色々ある方が楽しい。

東京都民の親戚友人がたくさんいる(た)が、都民であることを誇らしげに思ったり、都民であることから、ほかの地域より暮らしやすいとか、そんな話は聴いたことがない。慎太郎知事のもとでは都民でいたくないという識者もいるくらいだ。東京は、なにもかもの一極集中のおかげで税収だけは豊かだが、性懲りもなく五輪招致活動などムダ使いばかりしている。大阪が都になっても豊かになる担保はない。「大阪都民」になれば、どんなに暮らしやすくなるのか、そのいちばん肝心なことがわからない。都制が、そんなにいいなら、京都や奈良も都にすればいいのだろうが、そのような声を聴かない。

実は、TVを余り見ないものだから、橋下さんというタレント弁護士がいることを知事選に立候補するまで全然知らなかった。知人にも、そういう人がたくさんいる。過去には西川きよしとかノックとか、およそ政治家の資質があるかどうかと問われたら「?、?」と思われる人物を国会や知事に送り込んでいる実績が大阪の有権者にはあるので、TV知名度が高いのなら、橋下さんが知事になっても、おかしくはない。

おかしいのは、当選した結果、橋下さんは大阪の有権者の総意は、いつでも、何についても、橋下支持だと思い込んで過信を持っているふしが見られることだ。有権者は橋下さんに白紙委任したわけでない。例えば、圧倒手的大差で政権交代を果たした政権も、時間の経過とともに民意の発露である支持率がコロコロ変わっている。民意は移ろい易い。提案や発言は慎重で、わかりやすくしないといけない。そういう理解があるのか、ないのか、ないふりをしているのか。当選したからには、民意は我にあり、反対する者は許さない、敵だとばかり、その言論と打ち出す施策はきわめて挑発的である。なにより少数意見に耳を傾ける民主主義の手法に背をむけている。

橋下さんが知事に出馬する前から今日まで、どんなに破天荒な発言や提案を述べ、そのあと、こんどはそれらの前言をいち早く翻してきたか、その例は枚挙にいとまがない。ネット上の百科事典、Wikipedediaー橋下徹には、人物紹介としては異例の長文の書き込みがあるので、その事例の数々をお読みいただくことにして、思うに橋下さんの言説は、TVショー出演で身に付けたと思えるポピュリズム(大衆迎合主義の意で)の視聴率稼ぎの手法と似ている。

それは、人を驚かす思いつきを挑発的なモノ言いでし、一刀両断にしゃべること、とにかく面白いこと、気を引くことを激しい言葉で喋る。基本はウケ狙いである。橋下さんは、TV関係者が常に視聴率が下がることに恐怖感を持っているように、次々とマスコミ上での発言露出というパフォーマンスを演じ続けて、とうとう大阪都構想や職員基本条例案とか教育基本条例案にまでたどりついた。

二つの条例案なんかは、先に成立した、いわゆる君が代起立斉唱条例と合わせてみると、組織運営で人を屈服させるために懲罰をちらつかせるやり方を好んで取り込んでいる。橋下さんは実に全体主義的な統制論者、強権的な上意下達好きであることがわかる。前述のWikipedeiaによると、橋下さんは自著のなかで、お国のため国民のためなんてケツの穴が痒くなるようなことを言うのじゃなくて、政治家を志す動機付けに権力欲や名誉欲でもいいじゃないか、と記述しているそうだ。私は、こういうことを公言する人物は好まない。

もうそろそろ橋下さんは何をやっても、また、あの橋下流パフォーマンスかと、飽きられるんじゃないかな。TVショーは、視聴者に飽きられたら、オシマイということだろう。

ただ、ポピュリズムについて補足すれば、マスコミにも責任がある。公職者の発言は重い、社会的に意味があるとの認識から、マスコミが競って公職者の発言を取り上げる。発言し続ける当の公職者は常にマスコミに露出状態となって、社会意識になんらかの影響を与えがちになる。その結果が、また次の発言を招く。マスコミ報道は、むやみに発言をニュースとして垂れ流さず、しっかり吟味しなければ、ポピュリストを支えることになる。ワンフレーズで国民を煽った元首相、小泉さんの例が記憶にあたらしい。とくに選挙戦を控え、マスコミはいっそう冷静に慎重さが求められる。

                      ☆☆☆☆

上の記事を書いてから、約3週間。この間に橋下さんは正式に知事を辞職、大阪市長選に出馬することを表明しました。このような橋下さんの動向を踏まえて、マスコミは一斉に橋下さんの業績や過去を明るみに出している。
気がついた主だった雑誌の見出しは次のようなものです。

サンデー毎日  ハシズム、、、そんなアホな。橋下 大阪市長転身 「独裁首相」への一里塚
週刊新潮   「同和」「暴力団」の渦に呑まれた独裁者「橋下知事」出生の秘密
新潮45    最も危険な政治家、橋下徹研究
月刊文藝春秋  「大阪は独裁、橋下知事に屈しない」平松大阪市長、
フライデー   危険な政治家 橋下大阪府知事の正体

なぜ一斉に反橋下論調になったのか、やはり言論の自由さえも制約しようとする橋下さんの、全体主義の独裁者の
ような強権手法に強い反発が感じられる。この時期にこうしたマスコミ動向が起きたのは、橋下さんが、知事という権力の座を降りたことだろう。(10・29追記)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる