選挙の結果に思う

大阪市長と府知事選のW選挙は、維新派の二人が圧勝しました。維新派を支持しない立場でありますから、まったく残念至極でありますが、選挙の結果は厳粛に認めざるを得ない。

維新派の勝因を考えると、まずはワンフレース・キャンペーンが奏功した。「大阪都構想」という絵空事をまくし立てて、なにか市と府が劇的に様変わりするかのように訴えた。声高に提唱しているご本人が、中身はこれからだと先送りしている空っぽの構想にこれほど浮かれる連中がいるとは!!。この手法は、元首相の小泉純一郎が、郵政民営化一本槍で、「日本が変わる」、「日本を変えよう」と国民を煽り立てたやり方と同じ。あれから(2007年)から5年経ちますが、日本が変わりましたか。冷静の考えれば、郵便局をいじって日本が変わるわけがないじゃないかと自民党の元幹事長、加藤紘一が最近語っている通りだ。大阪の多くの有権者はまたこの手法にのせられた。

ついで維新派は、無党派の投票を必死で促した。都構想に反発する勢力を敵と見立てて激烈な攻撃をしたあと「投票に行ってください」」と呼びかけた。投票率が上がることは、風評や気分に左右されがちな浮動票を掘り起こすことにつながる。なにかやってくれるかもしれない幻影を振りまいた結果、投票率は維新派の思惑通り、市長選で60.9%(前回比17・31ポイント増)、知事選で52.38%(前回比3.93ポイント増)と上がった。大阪のような大都市で投票率が6割を超えるというのは驚異的です。こうして掘り起こされた票は維新派に流れたと思われます。流れた浮動票のみなさんが、失礼ながら、大阪都構想をちゃんちゃんと理解していたかどうか、わからない。だって中身がないんだから。賛意を表したのは、おもしろそうな絶叫イメージに対してに過ぎないんじゃないの。

さらに、維新派がうまく上昇気流に乗れたのは、いまの政治の現状があまりにも惨憺たる様相にあることが影響しています。国民の多くが政権交代に託した民主党政権が期待を裏切るお粗末さ、野党第一党の自民党の不甲斐なさに国民は不信感を強く持っています。多くの有権者に巣食っているやり場のない閉塞感。そういう世相にあって、威勢がいいキャンペーンが有権者の心を捉えたのだろうなと思います。この点の選挙戦略は巧みだった。既成政党は、まったく手をうった気配さえない。かろうじて共産党が、独自の危機感で戦術を大転換させたのが目立つ程度です。

これから維新派は、絵空事に現実の絵を描いてゆくわけですが、府と市を解体して、「新都」にしたときに、「新都民」の暮らしは良くなるのか、住みやすくなるのか、維新派代表が4年まえ知事選に挑戦したときのスローガン、「こどもが笑う街」になるのか、そうした一番重要なことが一切触れられていない。だいたい、表札を市や府から都に変えただけで、豊かになる経済や財政がどうやって降ってくるのか。そういうことには維新派は関心がないみたいだし、当選後の会見で一期で辞めると公言しているから、見届けるつもりはハナからないみたい。

ご当人からバカ新潮呼ばわりされている雑誌「新潮45」12月号では先月号に続き「続 危険な政治家橋下徹研究」を掲載している。精神科医、野田正彰は、北野高校時代の恩師が橋下をして「嘘を平気でつく。バレても恥じない。平気で他人が傷つくことを言い続ける」との記憶を再三引用している。暴利とあくどい取立てで問題になった「商工ローン」の顧問弁護士をやり、債務者を追いつめて示談に持ち込むのに精を出したことも紹介している。傍目には首を傾げざるをえない評判や事績の持ち主が、いまも本質的に変わっているとは思えない。

TVカメラが向くと満面の笑みをしてみせることがクセになったような、この維新派代表の個人的な権力欲、名誉欲(政治家志向のモチベーションと本人の言葉)を有権者の多くが寄ってたかって叶えてやった選挙でした。そう遠くない未来に、小泉郵政化のように失望しなければいいのだが、その前に無分別な既成政党が維新人気にスりスりして、動くような事態になれば、しばらくは、そっちが注目されるだろうな。

コメントの投稿

非公開コメント

共産党は疫病神

投票時間終了と同時に2人に当確が出るという既成政党離れが表れた結果でしたね。
 やはりと言うか共産党が平松派の応援に加わったことが結果的に民主党支持者の4割、
自民党支持者の半分が橋本へ流れたようですね。「あんな連中と同じ舟に乗りたくない。」
という感じだったのでしょう。 保守系現職候補に共産党が応援に加わることで元々の
支持者が逃げる現象は以前どこかであったような。

 もし平松氏が当選していたら共産党はどうするつもりだったんだろうか? 
「応援したんだからこっちの意見を取り入れろ。」と迫るつもりだったのか? 
まぁ結果的に以前どおり批判ブーブー言えるわけで良かったのかも。 節操のない政党
に成り下がりましたね。

昔 「褒め殺し」が話題になったことがありましたが、今まで敵だった者が急に
見方にまわることで結局ダメにしてしまう。そこが真の狙いだったりして。
 元々平松橋本両派共、共産党の票数は数から除外して計算していたわけで、
あとで約10万票増えまっせ。と言われても正直ありがた迷惑だったと思います。
それ以上を失う危険があったわけで共産党は疫病神だね。あほらしい。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる