近頃,けったいな話

近頃、愚かしい、おかしげなことが目立ちます。いわゆる「上から目線」でモノ申すというつもりはありません。たいがいの人々は、呆れたり、おかしげに思っていることなんでしょうけれど、いくつか取り上げます。

五輪で2連覇した傑物の柔道家、ウチシバ不祥事に対して、その出身地の熊本県は県民栄誉章を取り消し、かの人物の記念碑二基も撤去することを決めた。何事も優柔不断なおりから、まことに賞賛されるべき素早い対応で感心します。ウチシバは、当時の勤め先の大学の教え子を酔わせてホテルで暴行した準強姦容疑で逮捕されています。スポーツのなかでは、柔道はとりわけ道を極めたがります。心技体の充実、人格の陶冶なることが特に醸成されています。

なのに、なのに、道を極めたはずの指導者が、論外の堕ちた偶像ですね。スポーツの世界で第一級のレベルに達するには、子どものころから勝つための猛鍛錬に励みます。そのせいか、普通の人の社会常識や感性を具備せぬまま成人になるケースも少なくないようです。いわゆる視野狭窄気味の”スポーツバカ”が生まれる余地があります。それに関連することですが、最近、あるスポーツ研究者が、こう言っていました。音楽家やタレントのなかには、たとえば、東日本大震災などのような災厄が起きると、励まし支援活動やチャリティーを行うが、スポーツ選手個人はほとんど行動を起こさないし、有効な発言もしない。社会的な問題に無関心である、と。ウチシバもまともな感性が欠如していたのだろう。

スポーツにからんで言えば、「巨人の乱」が興味深い。発端はコーチ人事の起用方針をめぐってキヨタケ氏が公にしたのだが、その底流にある核心は読売グループのトップに君臨するナベツネに対する長年の鬱積が爆発したと思われる。プロ野球界の盟主をもって任じる読売巨人軍(今も軍がつくのが正式な商号、大仰な名前!)は、自ら常勝をチーム目標に掲げ、その実現を図る戦力アップのためなら巨額の金の威力を見せつけるほか、しょっちゅう敢えて横車も辞さなかった。大方のフアンが眉をひそめる事例が少なくない。

こうまで強者にこだわるのは、連勝連覇の進撃が続けば、フアンが増えて、その勝った、勝ったの記事満載の新聞がどんどん伸びたからであろう。巨人軍は親会社、読売新聞社の発展と表裏一体をなすからだ。「読売新聞の巨人軍」というよりも「巨人軍の読売新聞」と言った方は早い。そうして獲得した発行部数日本一の座を牛耳っているのがナベツネで、外にあって、あの大勲位元首相とも昵懇、政界にも顔がきくふりしているし、内にあって永年、最高実力者のポストにある。怖いモノなしに違いない。

この人物のやることが、傍目にも独断専横にみえることはあり、あの読売グループ内がよくまあ沈黙追従するものだと思っていたら、ようやく「たった一人の反乱」が起きたのです。ナベツネ側はキヨタケ氏を名誉棄損等で訴えました。おそらくキヨタケ氏も対抗手段が出ることでしょう。85才。私には老害と見られる人物はまだ退場する気がないようです。キヨタケ氏の踏ん張りを注視したいものです。

さて、巨額損失隠しで世界を驚かした光学機器メーカー、オリンパス会社の不祥事を調査した第三者委員会がこのほど報告書をまとめました。長い間、不正が露見しなかった背景には、「事を荒立てず”大過なく”職務を乗り切ろうとする意識があった」と指摘している。この会社ではエラくなったのは、財務不正を密かに知りうる者が出世、それを歴代がリレーしていたようだ。

この社内不正の共有というのは、一般に会社で出世する大きなカテゴリーに一致します。多くの会社には経営の過程で世間をはばかるダーティーな部分がありえるわけですが、このダーティー部分を共有する少数の社員がマフィア化して出世を分かち合う傾向が強い。そういう連中は組合幹部、同じカマのメシを食ったとする一部の職場に生まれる主従関係に起きやすい。オリンパスのケースでは財務部の一部が聖域だったようだ。この構図の極めつけは縁故関係。いわゆるネポチズム。血筋、姻戚、親族郎党、それらと縁戚であるような顔をするヤツも。

あの大王製紙の若き会長なんかが、血筋の典型です。大阪弁では、こうした男を”アホボン ”(阿呆坊)というのすが、アホボンと社内周知でもサラリーマンは見てみぬふり、面従腹背で対処します。こうした不祥事が起きると、評論家は「是々非々でトップに直言できる社内風土が望まれる」と論評しますが、サラリーマン気質をご存知ないノーテンキなことをよく言うよという感じ。欧米はいざ知らずですが、日本の企業のトップは、もうほとんど封建時代の殿様同然でしょう。本人もその気になって傲慢尊大になりますが、部下、側近たちの阿諛追従ぶりは、これまたほとんど忠臣並みですね。サラリーマンをやった人の多くは、もうサラリーマンはこりごり、と言いますね。代償に比べると、苦役なんですね、サラリーマンというのは!!。


イチカワなる防衛大臣に対して参院は問責決議しました。(同時にヤマオカも決議されました。この男も不可解な人物ですが、ここでは措いておきましょう)言うまでもなく、防衛大臣として不謹慎極まる発言が多く、自覚と資質に欠けるというものです。これまでの辞任、辞職例に照らせば、十二分に辞職に値すると思われますが、なぜかドジョウ首相は、この人物をかばってやまない。国の安全保障の舵取りにしろ、沖縄県民の嫌悪感解消にしろ、普天間問題の進捗対策にしろ、イチカワでは責任を持って職務をまっとうできそうもないのに、かばっています。

国政の安全運転に徹すると就任時に所信会見したドジョウ首相が、安全運転のためにかばっているのは、保身にすぎない。イチカワが首魁オザワ門下であること、そのオザワ門下トップのオキイシ幹事長がイチカワをかばっているからである。なんのことはない、イチカワを切ると、返り血を浴びる恐れがあります。首相はドジョウではなくて、オザワに睨まれたカエルなんだろうな。いちばん望ましいのは、イチカワが自ら辞めると言い出すことでしょうが、イチカワがそう言えば、派閥論理に背くことになるに違いない。オザワに恥をかかすことができん、ということになるか。まるっきりヤーさんの世界とそっくり。(ヤーさんも大阪弁かな)

ところで、昨年度、可哀相なことに、いじめられて死んだお年寄りが21人もいるそうだ。いじめたのは、家族や親族、介護職員だそうだ。怖いなあ。トシをとると、誰しも心身が衰える、判断力も体力も衰えて、心ならずも人様のお世話にならざるをえないことが必然ですが、それで殺されるのはたまらない。私も年寄りなんで、このような事実は「迫り来る危機」ですね。

この話、最近、厚労省が公表した高齢者虐待の実態です。21人の内訳は、殺人10人、介護放棄されて6人などという。驚くべきことにというか、殺されないまでも、虐待された高齢者は年間1万6764人に上るといいます。

身体的虐待が最も多くて63%。これは殴る蹴るということなんでしょう。
暴言などの心理的虐待39%。これは「クソジジィ。クソババー」と罵られているのでしょう。
年金や預貯金を使い込まれる経済的虐待25・5%。手帳や通帳を奪われて勝手に使われている様子が目に浮かびます。

なんとも悲惨な寒々しいデータです。役所が把握した数字でこうですから、実際にはもっともっと多いことがうかがえます。そして、さらに愕然とするのは、このような虐待を加える加害者には、
息子42%、
夫16・9%、
娘15・6%の順となっています。

おそらく虐待の態様は、どれか一つではなく、殴られ蹴られ、罵詈雑言を浴びせられ、巻き上げられる混合型の虐待になっているに違いない、と想像するのはかたくないのです。夫婦、親子間で暴行、脅迫、恐喝が常態化しているわけだ。長寿大国の裏面の人間模様に茫然としますね。
ああ、長生きしたくないもんだ。



コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる