越年雑感

sakana.jpg

「丹頂」という種類の金魚を飼っています。白肌に赤が鮮やかな。キレイな金魚ですから日の丸を連想する向きもあるかもしれませんが、私は「戦う日教組」」と言われたころ、保守反動派が、日教組のことを「丹頂」だと酷評していたことを思い出します。そのココロは、頭(トップ)だけアカだというわけでした。いまでは労働者の組合組織率は、すべての組織、団体を包含しても18%と弱体化しています。バブルで骨抜きになった企業労組と革新政党の凋落が響いています。ここでも昭和は遠くなり、ですね。


さて、毎日紙朝刊に川柳欄があり、この一年間に6000句も掲載されたそうだ。そのなかから選者、仲畑貴志さんと編集担当が厳選した100句が昨日の夕刊に載っていました。「暮らし」、「社会」、「政治・国際」、「経済」、「スポーツ」のジャンルに分けてあります。

この厳選句のなかから私好みの10句を任意に選び、部屋の後片付けも済んだので、歳末雑感のひとときを過ごしました。

「暮らし」
テレビ消すこの安らぎはなんだろう (東松山 コタツむり)
孫にとりジジババずっと伊達直人  (仙台  加藤信子)

(寸感)テレビは高齢者が見るべき番組がほとんどない。紙芝居以下のチャチなドラマか常連タレントのおふざけ番組しかない。しつこい番宣。NHKも番組予告ばっかし。NHKまで視聴率競争に参入する必要はない。BS各局の自然紀行、旅情案内くらいしか見るものがない。TVは自滅した。伊達直人は昨年末に多数出没しましたが、ことしは音なし。大震災支援疲れかな。 

「社会」
東電でなぜ引き取らぬ核のゴミ (福岡 村上照勝)
原発の大本営に似た発表    (横浜  パパじいじ)

(寸感)「安全神話」は原子力ムラが寄ってたかって作り上げていたこと露見しました。「想定外」の事故だと逃げ回るムラ関係者、誤った国策にたじろぐ政府、ムラの強力な協力者だったマスコミ。いろんな構図が浮き彫りになって、国民は、だから国は信用できないという不信感を改めて強く持つ羽目になった。東電社員にはボーナスの現物支給としてゴミを持ち帰りねがいたい。事実を伝えないばかりか、故意にウソをつきまくった大本営の発表が今も生きていた。

「政治・国際」
嗚呼ついに支持する党も人もなく (藤枝 寺田 克)
本当は支持率じゃなくて期待率  (北海道 マーちゃん)

(寸感)前者はもう断末魔の悲痛な声ですね。政治不信が極まったトシです。ノダヌキの重い顔をみていると、この国の展望は絶望的ですね。あの政権交代も今回のハシモト登場も、いわば期待率の現れなんでしょうが、そのうち尻すぼみ、投げ出しという経過をたどりそうですね。政治と政治家ほど、国民に嘲笑されている事象は、他に類をみない。

「経済}
月収じゃないよこれ年収よ    (千葉、斎藤まち子)
上司よりグーグル頼る新社員   (鎌倉 晨ちゃん)

(寸感)どちらもわかりやすい句。扶養控除外せぬ主婦バイトに毛が生えたみたいな低額で働かされている人が数百万人を超えるとか。コイズミ改革解放のあおりが連綿と続いている。国民を安く使って疲弊させ、購買欲をなくさせて、大手も中小企業もどんどん海外へ。なんじゃ、これって。後者、たしかになんでもググちゃうな。本棚の分厚い辞書類も使わなくなてしまった。まずはググッてみる昨今ですね。

「スポーツ」
あの歳で球団仕切る凄さ知る   (さいたま やっかみ男)
関係者似たよな顔のすもう社会  (横須賀  おたふく)

(寸感)ナベツネの老醜を笑う。乱を収めるには優勝してハナを明かすとばかり、その後は、ゼニに糸目なく日本一チームなどから大物取り。これだから嫌われるのが、わかってないみたい。関取OBたちには失礼ながら、自浄能力がないじゃん。文科省にいいように振り回されている。自浄能力なんてのは、おそらく一番、得手じゃないだろうな。相撲協会を管理部門と現業部門に分けて、管理部門は別会社にするくらいの荒療治がいるね。

なでしこの活躍なんかは、あまり川柳にならないようだ。川柳には多少の辛みや毒があるからか。アップル創業者、S・ジョブス氏死去もアラブの春も詠われない。キム・ジョイル死去というのは、川柳欄の期限切れのことか。

さて、来年は、どんな川柳が詠まれることでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる