異常な「市長と維新の会」報道

マスメデイアに橋下大阪市長と彼が率いる維新の会の活動のあれこれが連日報道されています。異常な過熱報道であります。毎日紙は就任1ヶ月に特集面をまとめています。中身は新味がなく、従来報道のまとめに過ぎませんが、一市長の就任1ヶ月特集をするなんて、異例の報道です。中身がないだけに無定見に呆れますね。

こんな異例なことをやるのは、橋下市長の特異なキャラ、ぶち上げた大阪都構想、それを支持したとされる「民意」への関心と迎合でしょう。冷静にみて、まだなんにも決定していないのに、連日、「方針」、「検討」、「構想」をまさに「決定したら、実現すれば」の「たら・れば」ペースで報道するニュース価値があるのだろうか。

ある日の毎日紙は、一面トップ、二面、社会面、地方版に維新の会ならびに市長の関連記事は掲載されていました。異様な展開です。市長と維新の会の機関紙みたいなものです。電子版で見る限り、他紙もいっぱい書いています。おそらくメデイアは、過熱報道競争の渦に巻き込まれているのでしょう。

けさの毎日紙の一面トップは市長が主宰する政治塾(まだなんのかたちもない)から300-400人の立候補者を立てて次期国政選挙(まだなんの予定もない)に臨み、都構想に反対する候補者(まだ誰も言っていない)には刺客(このコイズミ好みの刺激的な表現をわざと使う!!)を立てる「方針」だと伝えている。典型的な「たら・れば」を維新の会の思惑通りに伝えています。こんな記事を大々的二一面トップに扱うと、結果として維新の会と市長への応援歌になっています。市長並びに維新の会の観測気球、政治的ブラフの片棒を担っているような記事で、いつから毎日紙は市長派の広報宣伝紙になったのかな。

ナチス・ドイツの天才的宣伝相、ヨゼフ・ゲッペルスは「ウソも百回つけば本当になる」という意味のことを信念にヒトラーの政権拡大、維持政策を着々と進めたとされる。そのような手法に照らして言えば、マスメデイアが市長と維新の会の「方針」やら「検討」やら、「構想」やらを連日垂れ流すことに加担していると、まるでそれらの「方針・検討・構想」は、既定の施策、決定事項のような効果を生んでいくのにちがいありません。マスメデイアは、いつから市長並びに維新の会肯定派になったのかな。

昔といっても米ソ冷戦のさなかのことですが、米下院議員、マッカシーが、根拠を示さずに国務省にソ連スパイが多数潜んでいると発言、マスコミが飛びつき、言論史上に汚名を残す「アカ狩り」旋風が吹き荒れました。マッカーシズムと称されて社会科学の勉強にはきまって出てくるお話です。

公職にある者の発言は、それなりに重要、意味があるとしてマスメデイアは彼の発言のたびにを大々的に報道しました。人権無視、根拠がないアカ退治・追放の熱気は全米に広がり、それ行け行けドンドンのパニックに陥れました。彼の舌鋒は言論界やハリウッドにも向けられ、多くの監督や俳優が犠牲になりました。あのチャップリンもアカとされて、米国から脱出しなけれななりませんでした。このマッカシー旋風がストップしたのは、著名なTVキャスター、エド・マローが、マッカシーを偽りの政治家と番組で批判したことからです。熱気のなかで冷静に判断して、このような見解を表明したマローの勇気は賞賛されています。

無論、市長と維新の会は、マッカシーではありませんが、公務員いじめ、教職員いじめ、労働組合いじめ、それらとともに府、市組織いじりを矢継ぎ早に打ち出して、「敵を成敗するドラマ」を演じている手法は似ていますね。視聴率を気にするテレビ関係者は「悪評も評判のうち」」という独特の価値観をもっています。話題にさえなればいいと思っています。テレビタレント出身の市長は、常に記事掲載、TV露出していなければ落ち着かないのでしょう。このテレ・ポリティクス(テレビ利用の政治)に現状ではマスメデイアがまんまと、その思惑にはまっているとしか思えない。

公職にある者、公的な性格をもつ組織、団体の発言や思惑がどこにあるのか、自ら冷静、的確に判断することなく、「そう言っているからそのまま報道しただけ」と右から左に伝達するだけのメデイアであっていいのかな。こどものお使いみたいなメデイアでいいのかしら。次から次と「方針」、「検討」、「構想」発言を続ける彼らをマスメデイアはダボハゼ状態で飛びついています。実際、「たら・れば」でつないだ砂上の楼閣のような「方針」なんか、とうていストレートニュースとして一面トップ扱いではないと思いますね。

伝えるのに値するニュースかどうか、冷静に判断して報道してほしいものです。「検討」や「方針」の特ダネ競争なんかが行われているに違いないと思いますが、そのような記事がもたらす影響や効果を吟味してほしい。市庁舎の組織いじりなんか、誰が興味を持っていると思っているのでしょうか。市長と維新の会に擦り寄っているのは、既成政党どころか、マスメディアそのものじゃないですか。テレビ視聴率というのは、ネコが見ていても視聴率を上げている。この際、マスメデイアは、市長を支持したとされる「民意」を今一度分析してみたらどうか。国内外にもっと大切で、読者に伝えるべきニュースがあるはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる