タイガース・キャンプ

aP1010940.jpg

沖縄・宜野座村営野球場で春季キャンプ中の阪神タイガースを見に行ってきました。今年から高知・安芸キャンプを止めて、沖縄一本でやるとのことなので、安芸には行けず、沖縄まで仕上げぶりを観察してきました。宜野座参りは二度目です。野球場についた途端、和田監督が出てきた。さっそく写真をとっていたら、近づいて来て、ご本人のサイン入りプロバイドを手渡してくれた。ラッキー。

キャンプ応援ありがとう。今年は「和}を大切に「熱く戦う」というコメントが裏面にありました。頼りにしてまっせ!!

阪神フアンというのは、アホがなるんや。いや、阪神フアンをやっていたら、アホになるんや、、、という書き出しの宗教評論家、ひろさちやさんの阪神タイガース賛歌の本があります。ひろさちやさんも熱狂的なタイガースフアンなんですが、フアン心理をこんなふうに自虐的に言うところが、タイガースフアンの持ち味ですね。タイガースフアンは、熱狂と冷静さが同居しています。

阪神フアンの心には、いつも対巨人意識が伴います。巨人フアンは、球界の盟主、常勝球団との自覚のもと、フアンも強くなったような、エラくなったような心理状態にあるらしいが、タイガースフアンは、熱狂しつつ醒めている。ここが尊大で、権威主義的な、オラが大将的な巨人フアンとは大違いですね。阪神フアンからすれば、常勝を守るため、金にあかして、汚い手口も敢えて行い、他球団の有力選手や、有望新人をカッさらう巨人という球団に愛想づかしています。なにがプロスポーツや、と思っています。

たかが野球やんか、正々堂々、フェアープレイでやらんかい!!というのが阪神フアンの正しい立ち位置ですね。
ですから、昨年度日本一のソフトバンクから一番手と二番手のトップ投手を引き抜くという、恥も外聞もない補強策をやる巨人に比して、今季の阪神は、新人選手いがいが、昨年度の戦力のままという潔さ。(ほんとは球団編成陣が弱体化しているのと、カネ不足なのだろうが、、)そういえば非常識を怒号するナベツネと、異常な対人攻撃をしてやまないハシモトとは、似ているな。

さて、楽天との練習試合の前には、ブラゼルがレフトに入ってフライを受け、二塁、三塁に送球していた。長髪になった城島が、一塁で捕球を受け、フィルーディングを繰り返していた。金本不振を見越してブラゼルと城島を両立して使う苦肉のコンバートですね。三塁では新井兄と黒瀬が元気がよかった。

試合では、打っては、新人伊藤隼がトップに入ってい最終回まで打席にいたが、力量を発揮する場面は見られなかった。マートンが3番をやっていた。4番に大型長距離ヒッターの片鱗がうかがえるという中谷が入っていたが、いいところはなかった。阪神は浜中といい、桜井といい、大型化するヒッターの育成がヘタだ。

先発は、あの小林宏。移籍してから、いまいちの彼は今回もカウントが乱れ、そのあげく打たれていた。奮起が望まれるな。二番手は安藤。これはよかった。昨年ゼロ勝だったのだから、一層の頑張りを期待したい。あと二神、筒井、渡辺も無難に投げて、最後は久保田がしっかり抑えていた。

試合は負けたが、調整中という状況をマに受ければ、まあ、こんなものだろう。和田監督については、彼の引退試合の挨拶が、行き届いた100点満点の内容だったことを思い出すと、きちんとした性格の人物ななんだろう。大いに期待したい。昨今では、口ばっかし達者で、3年連続最下位に終わった野村監督(彼を名将という人がいるが、どこがやねん。インケツな男じゃないか)を下回る監督には、まずならないのだから、のびのびやって欲しいね。

タイガースフアンとすれば、もちおん優勝を願うし、和田も采配を任されて以上、優勝を狙っての意気込みがあるだろう。阪神生え抜きの強さを発揮してほしい。

aP1010869.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる