ミサイル騒動

北朝鮮が人工衛星と称するミサイルを発射するという騒ぎが、事なきに終わった。当たり前であろう。騒ぎすぎたのである。騒ぐことで、この際、存在意義を誇示しておきたい連中と組織がいるのだろう。

その後、インドも弾道ミサイルを発射した。こちらも北京や上海をゆうに射程距離にできる弾道ミサイルだそうだが、北問題で騒いだ連中は、知らんぷりしている。

ここで異を唱えたいのは、なんで北朝鮮のミサイルはあれだけ非難轟々、マスコミも大騒ぎしたが、インドの発射には、まったく冷静、報道も事実を短く報じただけ、政府に至ってはコメントさえ発表しなかったし、自衛隊の反応もゼロでした。

この差はなんなのか。はじめにお断りしますが、北朝鮮のキム王朝三代にわたる世にも不思議な”ならず者国家”を支持しているわけではありません。こんな体制の国家は一日も早くリフォームした方がいいと思っています。しかしながら、同じミサイル発射実験について、北とインドで、ここまで温度差があるのは、頷けない話です。国際的な公正さを欠いていると思います。

こうした差が生まれるのは、簡単は図式が描けます。北朝鮮は国際社会に残る数少ない社会主義と計画経済を柱とする異端国家。自由主義国家群にとって、体制の敵であり、一方のインドは民主主義と市場経済を取り入れた国家で、現在国際社会の流れに同調しているからである。「仲良し仲間」か、「けんか相手」かの違いです。

政治的に相容れない国のミサイル実験は許さないけれど、仲間うちのミサイル実験には目をつぶる。かつて核実験でもそうだった。アメリカやフランスの核実験はやむ得ないが、ソビエトや中国のそれには大反対。さらにはクリーンな核実験とそうでない核とがあるなどと、まことしやかに核実験を行う理由を正当化したものだ。本来、核そのものについては政治的色あい抜きに危険なのですが、、、

インドが撃とうが、北朝鮮は撃とうが、ミサイルはミサイル。なぜ国際社会や日本政府は、かくも裏表があるのか。毎日紙のワシントトン特派員のレポート(フォーサイト電子版、4・17)によると、北の発射前に開かれた主要8ヶ国外相会議では、当面の国際問題について6時間の議論が行われたけれど、北のミサイル非難はたった30分の論議にすぎず、残る大多数の時間は反体制弾圧が続くアサド政権のシリア情勢、イラン問題、ミャンマーの民主化問題に向けられたそうだ。

この会議を日本のニュース報道は、北朝鮮の問題を大きく報道し、あたかも世界中が北朝鮮の無謀実験に怒りをあらわにしているかのように伝えられているが、ほんとうは世界の関心はシリアやイラン問題に比重がかけられているのだ。

北のミサイル実験というのは、極東の些事であるかのような国際的関心にあるのだ。北の無謀な実験について日本政府は、国民の安全安心に意を払うのは当然であるが、今回のように日本の領土領海をひょっとしたらかすめるかもしれないけれど、しかし、予め、たいしたリスクがおきるとは思えぬ事態にもかかわらず、リスクを煽る本当の狙いは、

北朝鮮がいかに無軌道な悪性国家であることを宣伝したい
日米の軍事共同戦線が即応態勢にあるかどうかの訓練
自衛隊の防衛行動の実地訓練
にあることが疑いがない。

G20120330DDD1900848G2000000.jpg


ちょっと冷めた目で見れば、北が公表しているミサイル飛翔コースであれば、日本領土に着地する恐れも、ロケットの部品が落下する危険性も少ない。なのに、自衛隊が多くの部隊を動かして、モノモノしい地対空ミサイル迎撃戦略を展開する必要はない。あったのは、過剰な危険宣伝のもとに国防意識の高揚とか沖縄を守っているとするパフォ-マンスであろう。

インドの弾道ミサイル実験は、核搭載可能な射程距離5000キロというから全アジアを含み、むろん日本領土に届く。インドの開発は敵対するパキスタン、中国への抑止力と見られているが、日本は標的とされる心配はないから、ミサイル開発はいいんだというのは、不公正であろう。実際には隣のパキスタンとインドの「仲良し仲間」同士の確執は危うく、インドのミサイル開発は新たな火種になる恐れがあります。

20120423214732.jpg


ミサイルも人工衛星も打ち上げにロケットを使う。ロケットの殺傷破壊力を備えた武器を搭載すれば、弾道ミサイルであり、宇宙の軌道に乗り、地上になんらかの情報を送るものであれば人工衛星である。その差は、実地検証しなければわからない。北朝鮮は、過去に人工衛星と称して弾道ミサイルを発射したことから、国連安保理は北朝鮮に限って、ロケットそのものの打ち上げを禁止決議している。もちろん北朝鮮は受け入れていない。

弾道ミサイルのような大量破壊兵器について、その運用や理解が、これほどご都合主義という認識は、いつまで続くことか。果てしない不毛な問題提起のようで、虚しい話ですけどね。
                                         (写真はGoogle)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる