教育委員会

いじめ自殺に関して、おそまきながら大津の女性市長が、こんなものいらないと市教委をやり玉に挙げている。大阪のコスプレ大好き不倫市長は、知事時代から教委を「クソ委員会」などと存在を罵倒している。


二人が息まいていることは、教育委員の任命権は首長にあるが、任命した委員について、自分の指揮管理下に置けないことにある。つまり、首長が思うように学校運営や教科書の採択や教職員の人事や身分をいじることができない、ということにある。


当たり前だ。そのような制度であるから、政治の動向に不変の教育の安定性が保証される。教育への政治介入を認めないという仕掛けになっているのです。橋下や越が生まれるまえから、教委制度は設置されている。PTAと同じように敗戦後、GHQに導入を促されたものです。



20120719-00000769-yom-000-4-view.jpg
(越・大津市長 写真はGoogleから引用)
 


越も橋下も「選挙で選ばれてもいないのに、首長の言うことをきかない行政委員制度は、おかしい」と言っている。ということだから、その意見を裏返すと、二人は教育行政に介入できる権限を首長に寄こせと言っているわけで、これは危ない論理。制度発足の精神にまっこうから反対する意見です。



橋下や越が言うがままに教委に首長の口出しを許すと、ロクなことにならない。首長はいつも節度あるリベラルな人物とは限らない。すでに露見しているように橋下のような独断専行者の教育介入が起こる。通常、1期4年で交代する首長の党派的な信条や政治的主張に影響されて、教育がぐらぐら揺らいでは困るのであります。



過去に県教委や地方都市の市教委を仕事の場として、身近に見てきましたが、実際の教委は建前は建前として、政治介入はおおっぴらに横行しています。第一、3人から5人を委員の任命権を持っている知事なり、市長なりは、必ず自分の選挙功労者、資金援助者、地域経済界の支持者、天下り枠を既得権にしている職域団体、野ダイコみたいな教員上がりたちを選任していますので、首長の意向はツーカー、阿吽の呼吸で通じることになっています。



任命された教育委員は、たいがい月一回、登庁して、たいてい首長部局から転じている教育長(委員を兼務)が進行役で、当面の行政の報告をうけ、承認するセレモニーを行っている。そのあと昼飯を供されて、身辺談義をして終わり。なかには教員採用試験によろしく、というようなリストを渡したり。知る限りでは、委員が反対意見を述べて、事案が修正されたり、廃案になったりすることはない。おおかたの教育委員は、そのポストを社会的に成功した「俺・私」に与えられた名誉職と思っているし、だいいち月一の委員会で、コトがわかるはずもない。


私が勤めていた職場からはOBを市や府に教育委員を順番送り込むのを既得権みたいにしていましたが、送り込まれた人たちの顔ぶれを思い起こすと、みんな凡庸な出世主義者で、とくに教育について識見に富む尊敬に値する人物だったとは、とうてい思えない。ま、そんなものでよし、とされていたわけですね、行政機関全体からの位置づけというのは!!。



実際の教委には事務局があり、ここでは教員上がりはカゲが薄い。彼らは大過なく過ごして、評判のいい伝統校の幹部で現場復帰したくてたまらず、ここでは面従腹背。結局、首長部局からの職員が事実上の教育行政を握ったいます。彼らはいずれ首長部局へ戻り、出世昇進したいわけですから、まったく首長と首長が任命した教育委員の傾向を体して動いています。制度発足いらい延々と教育委員会を名あって実なしの形骸化して、しかも、それでよしとしてきたのは、首長部局の成果なんですね。(笑)



ですから、橋下や越が、いまさらにように教委はけしからんというのは、制度の実情を知らなさすぎる。彼らは不満に思っているのは、彼らが首長に選ばれる前に、先の首長に任命された教育委員がいることが不満なんだろう。橋下は知事時代に任期満了の委員に代えて、まったく恣意的にお気に入りの委員を次々に任命しているじゃーありませんか。すでに政治的であって、なにが教育的人事でしょう?



教委制度は制度疲労しているというよりも、いまのように盲腸のような、名前だけのような、ものにしておいた方が、楽チン、楽チンとしてきたのは、ほかならぬは橋本や越の先輩たち、全国の歴々代の首長サンだったんですよ。ついでに言えば、PTAを骨抜きにしておいて、PTA会合を儀式化した方が校長は楽チンだったのです。



有意義な制度を楽チン化してしまい、問題が起きた時だけ制度のせいにするんじゃあ、制度が怒りますよ。


本気で教委制度を改革するつもりなら、まず教育委員会を首長部局から完全な独立行政機関にすること、お飾りでない人格識見があり、かつ権限をもつ複数の教育委員(長)を公選し、事務局もまた首長部局から完璧に独立した公務員によって運営することなどをやることです。越や橋下が不満に思っていることとは真逆の道へ進むことでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる