映画「トゥル―・グリット」

truegrit_2.jpg

五輪のさなか、ひどい夏バテになり、体調絶不調。こうなると、五輪はもちろん、昨今のオスプレイ配備や消費税論議もタイガースの連敗続きなど、当面の話題にもまったく関心がなくなった。そのうえ、好きなビールも本も新聞を読むことさえ、興味を失った。若いころと違って、一点悪化すると、大仰に言えば、知的関心も感性も総崩れ状態になることが、改めてよくわかった。(苦笑)

さて、ややもち直して、レンタルDVDでアメリカ映画の西部劇『トゥル―・グリット』(2010年)をひっくり返って見た。これが実に面白かった。

牧場主の父が旅先で連れの雇い人に殺される。母は幼い弟妹を抱えて動けない。14才の長女、マティ(ヘイリー・スタインフォルド)が現地に乗りこんで、父の遺体の埋葬準備や債権をテキパキ処理、遺品をしっかり国元は送る手はずを進める。速射砲のような早口で交渉相手の大人を説得してゆく手際が素晴らしく、可愛い。

そして、乗りこんできた一番の目的、逃亡した父の敵討ちを加勢してくれる連邦保安官を雇うこと、、、、、ここまでトントン拍子に見ていて、やっと、この映画は以前見たことがあるジョン・ウエイン主演の『勇気ある追跡』(1969年、ヘンリー・ハサウエイ監督、この作品でジョン・ウエインはアカデミー主演男優賞)と同じだと気がついた。つまり、リメ-ク版でした。

yonew151.jpg


ちなみに『勇気ある追跡』は邦題であって、原作題はやはり『トゥル―・グリット』だった。原題の意味は、「正真正銘の勇者」である。邦画でもリメーク版が多く、『青い山脈』(古いな)や『忠臣蔵』なんか代表であろう。

今度の作品は、あの異色の兄弟監督、ジョエル・コ―エンとイ―サン・コーエン。この二人は先に『ノ―・カントり―』を作ってアカデミー作品賞を得ている。西部の素晴らしい山河を遠景、近景に生かして、血なまぐさい対決劇を
抒情あふれる映画にした。

ストーリーの大筋は前回と変わらないので、結末をばらすも、ばらさないもないけれど、なんといっても一番の見どころは、マティ役の少女の大人顔まけの行動力、矢継ぎ早な智恵と機転のすごさ。あとで調べると、へイリ―・スタインフェルドは、実際には13才で、この映画でアカデミー賞助演女優賞候補にノミネートされている。

sub5_large.jpg


時代劇にも西部劇にも復讐譚が多い。クライマックスの設定が簡単。探し当てた宿敵と、いよいよお互いの命を賭けた対決シーンへなだれこんで行くところがミソだ。ここでは人倫の反する、報復の連鎖だなどというのは、ヤボで、お話のでき具合を楽しめばいいだけだ。復讐物語は古今東西どこにもあり、動物同士が仇討したという話は聞いたことがないので、これは人類に根ざした闇の本性かもしれない。ブッシュだって、3・11の復讐にイラク崩壊を図ったじゃないのと、仇討の普遍性を援用するまでもない。

愛らしいヘイリー・スタインフェルドは、いずれエリザベス・テイラーやジョディ・フォスターのような大女優に成長してほしい。『フラガ―ル』で売りだし、大女優の道を歩む蒼井優とどこか似ている。

b06b2_298_truegrit8.jpg

imagesCA0LZOZQ.jpg



(写真はすべてGoogle)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる