ブログ接続が困難でした。

長い間、新規の記事がないものですから、読んでくださっている人たちから、
ご心配をいてだきました。まことに有り難うございました。

実は、理由が不明のまま、記事書き込みとか、過去記事をチェックする「管理画面」
が開けなくなりました。FC2が公表している、いろいろなサポートを元に復旧を
図りましたが、私のスキル能力では、うまく行かず、放置していました。

しかし、諦めきれないので、FC2へ直接、問い合わせした結果、きょうにになって
返事をもらい、その指示通りにやることで「管理画面」を開けることができました。

ふだん正常なら、なんの問題もないことですが、いったん不具合が生じますと、もう
完全にお手上げです。こういうことは、私の場合、クルマの運転でも、そうでして、
一度、エンジンあたりに不具合が生まれて、動かなくなると、どうすることもできま
せん。機械もののメカは、さっぱりダメですね。

多くの機械ものに囲まれて、いまの暮らしが成り立っていますが、ユーザ―の知識と
メーカーとの差は大きい。昔のようにトンカチで直すとか、箱を叩いてみたら直った、
というような牧歌的な時代がとうに通りすぎています。

実は、最近、外付けハードディスクをうっかり落下させて、動かなくなりました。い
ろいろなデータをファイルやフォルダ―に入れて収納していたのですが、うんともすう
んとも言わない。貴重なデータの取り出しができなくなりました。

それで大手と称するデータ復旧業者に相談しましたが、成功報酬で約21万円(最初は
なんと、約45万円)という話に驚きました。1万円足らずのハードディスクが壊れて、
中のデータ取り出しに、この値段とは!!

業者の話では、それだけ精密機械からのデータ復旧は難しい。また業者の見解では、
メーカーでもデータ取り出しは難作業なので、取り扱っていないのが実情とのこと
でした。容量を増やす販促競争は激しいけれど、いったん壊れたものの修復には
手を拱いているわけです。門外漢には、どうも納得しかねる業界事情のようです。

いっとき産廃処理が課題になっていたころと、こうした事情と似ていました。メー
カーはたくさんの消費をあおり、多くのゴミを破棄させましたが、最終処理には知
らん顔、、メーカーの姿勢が批判を浴びました。

これからも科学技術の進歩は目覚ましく、いろいろな機具機械が日常生活に入りこんで
くるでしょうが、入口ばかりでなく、修理や復旧、リサイクルなどを含む出口にもちゃ
んちゃんと配慮することが緊喫の課題だと思いますね。

多くの機械音痴がユ―ザ―に居ることを踏まえて、メーカーはサポート体制を親切にする
ことが、好感度メーカー・設置者という評価につながる時代ですね。FC2は、問い合
わせから三日目に返事をしてくれました。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる