師走寸感

一、ことしは、二度ダウンしました。夏と冬、いずれもノロウイルスに似た症状。あわせて40日間も臥床の身。こんなことは例年にないこと。昨年の帯状疱疹、脊柱管狭窄症に続く体調不良。これは、まあ、否応無しの経年劣化、確実に老いの坂を下っているのだろう。点滴さまさま、トホホ

2205.jpg


一、ダウンといえば、臥床の身に、愛するタイガースの惨めが敗戦続きは堪えましたね。ワダ監督は高校野球以下の拙い采配でした。金本、藤川、平野、ブラゼル去り、MLB出戻り組みの福留孝介、西岡剛、オリックスから日高剛来りて、春夏連覇の主戦、藤浪晋太郎が参入した。福留、西岡はかつて中日とロッテで実績を残したが、いまも力があればMLBにとどまれるわけだから、要する、落ち武者たち。こういう連中を助っ人にするより
上本や伊藤など素質がある若手をちゃんちゃんと育てんかいな。

無題


一、週刊誌の今週号の見出しによれば、「維新は犯罪のデパート」。幹部の学歴詐称も出てきたようだ。あの大阪だけ特化した選挙結果のあと、出るわ出るわ、維新候補運動員の公選法違反の逮捕者。橋下得意とする用語に「マネジメント」というのがありますが、自分の陣営のマネジメントもロクにできたてなかった証拠。キャンガル(宣伝キャンペーンガール)出身で、棒読み演説を5分間しか喋れないという女性候補(重複比例で復活当選)からも運動員が逮捕されてるじゃあ、あーりませんか。カネがないはずなのに、なぜか買収容疑ばかり。どっから出たカネかいな。それにしても、質問されたら「勉強して出直しますっ」と明るく逃げるだけの女を選んだ方の責任も、大いにありまっせ。まったくハシボウ(箸にも棒にもならない)のトンデモ政党です。

uenishi.jpg


一、漫画『はだしのゲン』の作者、中沢啓治さんが亡くなりました。広島勤務時代、職場の本棚にあって、何度もゲンを読みましたよ。全くの同世代ですから、彼氏の凄惨な被爆体験を、その被爆の地で読むのは、特別に身につまされました。訃報の記事は予想通りの展開でしたが、ほんとうはもっと生前に中沢さんの活動を熱心に記事にすべきでした。忸怩たる思いです。後で後悔し、赤面することばかりの人生じゃな。

mig.jpg


一、臥床して食欲がないとき、お粥かリゾットをよく食べました。お粥はいうまでもありませんが、伝統的な病人食でもあります。リゾットは、いうなれば西洋雑炊。これが彼の地では病人食にされているかどうか知りませんが、ホタテ味やトマト味にしたら、実に美味しい。やや水分を多めにすると、口当たりもよくて、一膳相当のご飯を食べきってしまう。筆者は夜はアルコールを飲み、朝は牛乳とコーヒー、昼は麺類を好んで食べるので、一度も飯をたべることがない暮らしをしてきました。老いて、食が変わるのはいい兆候ではないそうですが、なにをもう、今更という心境ですね。

11007024042.jpg


一、おそおそに安倍第二次内閣発足。顔ぶれをみると、安倍好みの右翼強硬派がずらり。いよいよ憲法、教育、安全保障などを改悪する準備に踏み出した。世襲三代目の政治家。大学入学も就職も、おそらく森永製菓社長ご令嬢のアッキーとの結婚も、そして初当選も、みんな血筋任せできた坊ちゃんが、なぜウルトラ右翼なのか。

彼は満州国という名の傀儡国家作りの寄与し、自ら副首相になった祖父、岸信介を尊敬している。戦争遂行の東条内閣の商工大臣、A級戦犯でハンギング(絞首刑)になる前、アメリカの政策転換から、あやうく釈放されて政界復帰、悪名高い安保条約改定を進めたときの首相だった。尋常な人間なら、そんな祖父を重荷に思い、「もう爺さんのことは爺さんのこと、わたしゃしらないよ」というセンスになるもんだと忖度しますが、坊ちゃんはこともあろうに、その軍国、皇国史観の戦前に日本を戻したいそうだ。彼はきっと、爺さんのようになりたーいと内心思っているのでしょうね。

wssk07-91770_pho01.gif


一、長生きすると、ロクでもない世の中の変遷を目の当たりにしますね。せめて同感される部分がありましたら、掉尾を飾る「拍手」をプチッとクリックしてくださいませ。読者諸兄姉さま

  (写真、イラスト引用はGoogle)



コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる