映画『東京家族』

tokyokazoku1030.jpg


山田洋次監督の映画『東京家族』を見ました。いうまでもなく小津安二郎監督の名作『東京物語』を下敷きにしたリメイク版です。結論からいえば、小津作品の方が厳しく家族関係の変容を考えさせられますが、山田作品は、ハッピーエンドの部分を加えて、甘い人情物語になっていました。

220px-Tokyo_monogatari_poster_2.jpg

小津作品は、昭和28年製作ですから、私はまだ映画館ではみておらず、その後のセカンドランやDVDで何度も見ています。高度経済成長が始まる前夜のころ、田舎から上京して、それなりに立派になったはずの息子、娘を頼って東京見物にきた老両親が主人公。子供たちにろくに構ってもらえず、逆にうるさがらて行き場がない。

面倒を親身にみてくれたのは戦死した次男の嫁だった。失意、落胆の老両親のうち母親は、田舎に帰るとまもなく病死する。葬儀のあとの形見分けや、男親の処遇をめぐって損得勘定むきだしの悶着もある。笠智衆と東山千栄子がいい味をだしていた。

一方、山田作品は、橋爪功と吉行和子のコンビ。東北大震災の一年後という時代設定。長男は開業医、長女は美容院の経営者、正業?を持たない次男という設定。みんな悪気はないのだが、仕事が忙しくて、上京してきた老夫婦の世話を焼けないのは、同じ。いちばん頼りにならないと思っていた次男は舞台美術稼業と分かる。この次男が、母親とは心を開く。次男の恋人も関わってくれる。しかし、母親は旅先で急死、遺骨で田舎の島に戻ってゆく。

ここから終幕にはいるのだが、小津作品は、男ヤモメになった爺さんは粛然と独りで生きてゆく覚悟だ。世話をしたくれた嫁は独り身の将来に暗澹としつつ泪にくれる。

山田作品は、愛犬の散歩から食事、洗濯、掃除までしてくれる隣人に支えられて、日当たりのいい島のミカン林の斜面で農作業に励む、次男とその恋人も気遣ってくれる。支え支えられる地域社会が生きている。

忙しい忙しいということが、成功した暮らしとされるような世の中がまともなのか。
たまに会う両親の面倒をみることさえ邪慳にならざるえない世の中がまともなのか。
そんな世の中で核家族が進み、親子の絆は希薄になるばかり、高齢化が拍車をかけて、
人間の一生の幸せとはなんなのか、、、といったことを小津作品は深い諦観とともに
示唆していました。

山田作品は、まだ暖かい人情が生きている田舎の人間関係のなかに爺さんを置くことで、とりあえずは不安がない老後を見せています。優しいはからいですが、そうした地域社会がほとんど失われたところで、頼るすべもなく、資産もなく、暗澹と老後を迎えている多くの高齢者には、絵空事のように思えてしまう。

山田作品の結末は、人生のエンドロールは、そうであってほしいという願いなのか、現実から目を背けた結末なのか、よくわからない。

思うに、いまどきの親は肉親の情は変わらないものの、実際の暮らしの心情としては、子供の世話になりたくない、子供に迷惑をかけたくない、親と成人した子供とは別々の生活があるのだと認識している。昔のように長子が面倒みる家族制度の導入などには関心がないと言っていい。

しかし、老親が健康、経済に不具合が生じた場合、どう自立していけるのか、
社会のセーフティネットがちゃんと機能してくれるのかどうか、の狭間で高齢者の心は揺れている。

結局、この世界に先駆けて長命社会を生んだのは、医療や食事など生活レベルの高水準にありますのに、それに比して政治や経済、生活全体のセーフティネットがあまりにも遅れているギャップが、「老後の不安」を生んでいると思います。

ざっくばらんに言えば、どんどん長生きさせておいて、ハシゴを外された状態です。ほんとの心のこもった高齢者対策がなく、その部分は、自己責任でやれというのなら、社会は索漠として、ピンピンコロリ願望が強まるばかりです。

(写真はGoogleから引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる