阪神タイガース 沖縄キャンプ

zP1020672.jpg


沖縄で春季キャンプを張っているタイガースの追っかけをしてきました。
練習試合ながら、対中日(北谷球場)と対楽天(宜野座村球場)を見ました。

結論の感想を申せば、今季の投手陣は、とくに中継ぎ候補の若い投手陣はさっぱりでした。二試合で合計22点というお粗末な失点ぶりでした。投げたのは、11投手。かろうじてスタンリッジ、秋山が打たれながらも頑張りましたが、あとは、散々でした。オリックスからきた高宮なんぞは「鳴尾浜へ帰れ」と手厳しいヤジを食らってました。

印象に残ったのは、やはり期待のルーキー、藤浪晋太郎投手。楽天戦の前に宜野座村球場のブルペン練習場に姿を表したときは、待ちかねてファンから歓声と拍手が湧きました。そのまえに今季はストッパーをやる予定の久保投手がきていたのですが、こちらの方は誰も拍手しない。ブルペンは4投手が4人の捕手を相手に投球練習できるところ。

久保、渡辺、福原といったベテラン陣に挟まれて、藤浪が投げる。一球ごとに歓声がわく。藤浪は小さい声を出して、ストレート、フォーク、ツーシーム、チェンジアップなどと球種を捕手に告げて投げてました。193センチの痩せた体を振りかぶって、大きく踏み出して投げるタマは確かに早かった。50球ほど投げた。途中から中西投手コーチと和田監督が背後に回り、この虎の子を見守っていた。並み居る選手のなかでは別格の扱いだった。

米大リーグから戻ってきた西岡は中日戦のとき二塁を守った。福留は楽天戦のときグラウンド練習にいたが守備には入らなかった。この出戻りコンビは、日本野球ではそれなりの実績を残しているが、手厳しく言えば、大リーグではお役ゴメンになって帰ってきたのだから、どのくらい活躍できるのか、まったくわからない。それなりに力があれば、大リーグが手放すわけはないのだから、複雑です。

まあ、我らの阪神タイガースの期待されるメンバーになったのだからマートン,良太や鳥谷らとともに打撃の方でがんばってほしいもの。大リーグ復帰組みにめぼしい再起選手がいないというジンクスを破ってほしい。

練習試合とはいえ、一番上本、二番大和は二試合とも固定していた。本番でもそうするのか、たぶんそうだろうな。元気がいい伊藤隼太は、外野のどこを守れるのか。右福留、左マートンとすれば、行き場が狭まる。タイガースは素質のあるいい選手を取りながら、育てるのがほんとうに下手だ。今季の先発ラインアップを推定すると、生え抜き陣の先発はいるのかどうか。

なにはともあれ、ことしこそ、Cシリーズに残れる成績を残してやー。

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる