閑話佳話

佳話をご紹介するまえに、私の嫌いな橋下が「慰安婦発言」でもって四面楚歌になった。いまや中韓はもとよりアメリカ、ドイツ、オランダなどの諸国からも発言の撤回と謝罪を厳しく要求されています。なにより私がいちばん嫌悪感を持っていた彼の品性下劣な独裁的な強権主義が天下に晒されています。自業自得です。

thumd0033.jpg


みんなの党のワタナベは「因果応報、お口でのし上がったものはお口で失敗する」と切り捨てたのは、言い得て妙ですね。日和見のワタナベは時々、一匹狼のような切れ味がいいコメントを発します。今週号の「週刊文春」は、橋下から「バカ文春」と日ごろ罵倒されていますので、ここぞとばかり「橋下徹の断末魔」特集をやっています。さすがの応酬です。週刊誌のなかでもっとも橋下総理実現論調を毎週張っていた「週刊現代」は知らんぷりで一行の記事もない。情けない週刊誌です。

images_20130524142752.jpg


この売れればなんでも持ち上げて、人気下落とみれば、素知らぬ顔をするのは、「週刊現代」ならずとも、すべての新聞、TVの現況です。高い支持率がそのまま読者、視聴者につながっているとして、昨年夏ごろには、橋下のハシの上げ下ろしまで、およそ報道の対象にならない児戯に等しい戯言までいちいち好意的に取り上げたマスコミの責任は重いのですが、本来、無責任なマスコミは、反省さえしないでしょう。

時にして時代の鑑、現代史の証言と胸を張るマスコミですが、人気者に嫌われないようオベッカ丸出しの余計なキャッチボールを続けた罪は大きい。ほんとうは、そのころは、橋下が政治家の資質に不適な人物であることや、なんの実績も上がっていなかった府政と市政に厳しい検証をすべきなのでした。

「急流にあがらって泳ぐアユのようだ」と持ち上げた昨年夏の毎日新聞の「Sストリー」など想起するだけでも赤面する評伝でした。彼の処世に関するエピソードを三つほど書き並べながら、たとえば、キズものの皮ジャンを法外の値段で売りつけて買うヤツの方が悪いと言ったり、法律事務所開業に伴い「広がる橋下ネットワーク」というチラシに架空の弁護士や税理士の名前を並べて平気だったりした非常識に一切の批判がなく、それらを果断な実行力、生活力、発信力とプラス評価するという熱に浮かれたような人気便乗のヨイショ記事でしたね。この記者の名前はいまも覚えています。

まあ、ワタナベの言う「お口でのしあがった」のには、マスコミが橋下ヨイショを垂れ流しで加担したことにあります。謙虚に反省するべきでしょうね。

まあ、橋下はこれ以上、世間に迷惑をかけることなく退場すべきでしょう。21世紀ニッポンの最悪の権力者の醜名は長く巷間に伝わるのは必至だし、大阪市弁護士会の有志は橋下に弁護士の品位をけがしたとして、懲戒請求を起こしているとのこと。天下に恥をさらしたうえ、資格停止まで受ければ、いずれ妻と七人の子弟まで路頭に迷うのではないか、こころ優しい筆者は憂いますね。

くだらない男の話を置いといて、本題の佳話のこと。

img_8955.jpg



今が旬のソラマメをもらいました。くれた友人は、さらに新しい食べ方を教えてくれました。よくある食べ方は塩ゆでしたものをビールのつまみ、というスタイルです。友人の伝授してくれましたのは、サヤつきのままガス台のグリルで焼くだけ。これを皿に盛って、アツアツをアツっアツっと言いながら剥いて、ちょこっと塩をつけてソラマメの粒を口に放り込む。うまいですね。美味しいですね。晩春の宵のビールの友、楽しみです。


いま一つはよく通うプール近くの三叉路の電柱にあった写真のような「高齢者感応式信号」の表示。いつのころから設置されているのか気がつかなかなった。足が遅い高齢者が横断歩道を渡り切るために、この表示をプッシュすれば青信号の時間は長くなる仕組みです。いわゆるヨチヨチ歩き状態や杖つき歩きの高齢者も標準より10秒くらい長くなるらしいので、一回の青信号の間にしっかり向こうの歩道へ渡れるようです。

P1020724.jpg


我らニッポンは、ながく産業優先、スピード優先、おクルマ様のお通りとばかりのクルマ優先社会。歩くヤツは陸橋を作ってやるから、そっちを渡れ、という思想でしたが、ようやくこのような心優しい歩行者優先、しかも高齢者に配慮した交通施策が行われているのですね。遅ればせに気づいて、ちょっと感動した信号機でした。

強者の論理一点張りの橋下なんかも、この「高齢者感応式信号」の精神の爪の垢でものむといいかもしれない。

先に「週刊文春」は橋下が妻女妊娠中にキタのホステスに客室乗務員の格好をさせてのコスプレ不倫を暴きましたが、今週号では飛田新地のフーゾク業者の接待で、神戸・福原のフーゾクでコスプレを喜んだという記事を伝えています。一回6万円の高級フーゾク店で、二回戦を楽しんだとの証言を採録しています。飛田フーゾク業者の顧問弁護士だった、あの橋下にして、この「慰安婦発言あり」。

この男、どうしようもないね。
哲学者、適菜收さんは、橋下の問題点は山ほどあるけど、一番の問題は下品なところですと早くからツイッターで喝破してましたね。さっさと市長なんかやめて、フーゾク通いでもやればいいとも突き放しています。
こんな男を選んだ大阪府民、大阪市民もこんどこそ見切りなはれや。

                             (写真、上から3枚はGoogle引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる