堺 残暑の陣(完)

20130930k0000m010095000p_size5.jpg

地方選にしては異例の関心を集めた堺市長選の結果は、上の写真の橋下の表情が物語っています。

橋下嫌い(注1)の筆者には歓迎すべき結果となりました。これで、とにもかくにも橋下維新が進める「大阪都構想」はひとまず頓挫、設計のやり直しを迫られるとともに、橋下の政治力が著しく後退しました。維新の会発祥の地元で提唱者が総力戦で負けたのですから、日本維新の会の国政政党としての影響力も大きく減退したとの印象を強めました。

堺市長選は現職と維新が推すチンパンジー(注2)との一騎打ちでした。投票率はなんと50.69%と言う高率になりました。平成に入って過去6回の市長選では前回の43.93%を除いて、ずっと30数%台でしたから、いかに堺市民の関心が高かったか、わかります。

このような高率になった場合は、要するにふだん選挙なんかに無関心な、いわゆる無党派、浮動票とみられる層が投票所に足を運んだことを意味しています。この無党派層こそ、これまで維新を支えた「ふわっとした民意」だったわけですから、その「ふわっとした民意」でさえ、こんどは橋下維新になびくことがなかったといえます。

単に大阪都構想の賛否を問うということばかりでなく、橋下の政治手法、言動振る舞いにある正体が見破られてきた証左でしょう。

開票結果を見ますと、堺市の7つある区のうち6区で現職が制し、わずかにチンパンジーの地元とされる南区だけが現職を上回っています。南区はいわゆる泉北ニュータウンにあたります。ここは中世いらい誇り高い自治都市、
堺の歴史的な伝統とは無縁の開発地です。いわば堺の新住民であるニュータウン族は現職に不満を表明しています。

二期目を迎える現職は、この異質の市民感情が生まれている背景をよく分析する必要があるでしょう。現職は堺独自の振興策を図って、貿易国際ミナトとして栄えた堺を取り戻すよう努力して有権者の信託に答えてもらいたいものです。

さて、開票翌日のツイッターに映画監督でジャーナリストの想田和弘さんが、こんな「つぶやき」を囁いています。これに尽きますねえ。

「維新が凋落し始めたことはいいんだけど、そもそもあんな百害あって一利無しのマガイモノを有り難がってここまで大きく育ててしまった日本社会に深刻な不安を感じるわけで。現にいまは別のマガイモノが国政で「絶好調」だし。社会の免疫力が物凄く落ちてるんだよな。」


(注1)橋下を嫌うのは、茶髪のタレント弁護士の人気を足場にした類まれな大衆迎合のデマゴーグ(扇動者)だということにあります。彼の政治活動の本質は彼自身の権力、名誉欲を満たす私利私欲のためと思われます。

政治家の資質には、良識ある人間性が望まれますが、彼が首長になった過去5年来、一度も住民目線で住民のための行政が執り行われていません。不倫騒動といい、“売春”組合や商工ローン取立ての顧問弁護士の職歴といい、他人やマスコミを誹謗する際の常軌を逸した罵詈雑言、騙し、詭弁の乱発など品性にもとる人物です。

もともと歴史認識においても排外主義、安全保障においても核兵器を保有し、戦争がやれる国をめざすウルトラ国家主義の立場です。平和憲法、民主主義と基本的人権を守るには非常に危険なエセ指導者とおもわれ、とうてい相容れられない人物です。

(注2)8月15付けの本ブログ「堺 残暑の陣」にチンパンジーの所以をご覧ください。結局、今回の維新擁立候補はチンパンジーにも劣っていたわけです。

(写真はGoogle引用)

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

tajifu

Author:tajifu

ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる